ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

臆病!最速!サメハダー育成論【全抜きエースのお膳立て】

   

始めに

サメハダー今回は悪統一で使い始めたサメハダーの育成論ですが、ガチパでも安定して活躍できるだろうと考え執筆に踏み切りました。

主に先発、または2手目に出し、エースが全抜きできるよう場を整えるのが目的です。

構成

持ち物:きあいのタスキ
 性格:おくびょう←重要
努力値:C252 D4 S252
実数値:145-x-60-161-61-143
技構成:なみのり/れいとうビーム/みちづれ/いかりのまえば
主な役割:全抜きエースのお膳立て(超速アタッカーの潰し、または耐久ポケモンの削り)

紙耐久のサメハダーで耐久調整はウマミが無いので、CS極振りとなります。
技の威力が高い特殊型を選択しました。ガブリアスのさめはだ対策でもあります。
攻撃技は無難に水/氷の範囲を選択、1匹倒したあとにもう一仕事できるみちづれを搭載しています。

性格は『おくびょう』。素早さを重視します。
加速があるため素早さより火力に補正をかけたほうが良いと思われがちであり、実際PGLのデータでもいじっぱり・ひかえめが目立ちます。

しかし素早さ補正が無ければサメハダーの役割のひとつである『超速アタッカーの潰し』に支障が出てしまいます。
具体的には加速バシャーモ、蝶舞ウルガモス、スカーフガブリアスなど。

役割① 速攻アタッカーの潰し

vsバシャーモ

バシャーモ
バシャーモはメガなら準速かS調整、非メガなら最速か準速です。
先発サメハダー・バシャーモの対面のとき、サメハダーが準速では抜かれて攻撃される可能性があります。
これが最速サメハダーであれば、最速近くまで振ったメガバシャーモでない限り問題なく抜いてなみのりで突破できます。
(最速メガバシャーモはいないものとして考えています)

vsウルガモス

ウルガモス
ちょうのまいを1回積んだ準速ウルガモスに準速サメハダーを死に出しすると、加速しても抜けずに2回攻撃されて負けてしまいます。
臆病サメハダーなら波乗りしつつ加速して、先に2回攻撃して突破できますね。
(最速ウルガモスはいないものとして考えています)

vsガブリアス

ガブリアス
サメハダーが相手を1撃で倒したとします。このとき加速でSが1段階上がります。
ここで相手が準速スカーフガブリアスを死に出ししてきたとき、準速1加速サメハダーでは上から殴られてしまいます。
最速なら、1加速で準速スカーフガブリアスを抜き、れいとうビームで突破できます。
また、準速鉢巻ガブリアスには対面から抜くこともできます。
(最速スカーフなら、タスキに頼って冷凍ビームとなります)

例に挙げた3匹はあくまでも一例です。
最速サメハダーで抜けて準速サメハダーでは抜けない範囲は、いわゆる激戦区です。
環境を構成するポケモンも多く存在する範囲ですので、過剰にSに割くぐらいがちょうどいいと思います。

役割② 耐久ポケモンの削り

全抜きエースを保有するパーティに置いて厄介なのは、エースの上を取る速攻アタッカーだけではありません。
エースが1撃で突破できない耐久ポケモンも、障害のひとつとなるでしょう。
そこで『いかりのまえば』を用いて対面した受けポケモンを削っていきます。

特に回復技がねむるしかないスイクンなどには効果絶大です。
高速回復持ちにもとりあえずいかりのまえばで削って、回復のタイミングで交代して有利対面を目指します。

いかりのまえばという技はPGLでの採用率はなんとランク外ですが、サメハダーの重要ウェポンと言っても過言ではありません。
耐久ポケモンの削りはもちろん、元々確定2発を取れる相手にもとりあえず打つことで、相手がもし交代したときでも半分削ることができます。居座られても半分入るので、次の攻撃で突破できます。

『とりあえず前歯安定』。この一貫性は病み付きになること間違いナシ!

いかりのまえばを習得するポケモンといえばクロバット、オンバーンなどが挙げられますが、加速によるスカーフアタッカー潰しもこなせることを考えると、私としてはサメハダーもアリだと思います。

問題は接触技であること、命中90であることが挙げられます。
またタスキ前提ですので、他の前歯持ちのようにレッドカードとのコンボができない点もあります。

ダメージ計算

与ダメージ

ウルガモス メガバシャーモ

▶︎なみのり
D4振りメガバシャーモ→150〜176ダメージ(96.7%〜113.5%%) 75%の高乱数1発
H4振りウルガモス→120〜144ダメージ(74.5%〜89.4%) 確定2発

ガブリアス ジャローダ

▶︎れいとうビーム
無振りガブリアス→192〜228ダメージ(104.9%〜124.5%) 確定1発
H252振りジャローダ→88〜104ダメージ(48.3%〜57.1%) 90.6%の高乱数1発

弱点が突ける相手でH振りまでであれば、だいたい2発で倒すことができます。

被ダメージ

スイクン メガガルーラ

無振りスイクンのねっとう→41〜48ダメージ(28.2%〜33.1%) 確定4発
A補正252振りメガガルーラのねこだまし合計→106〜127ダメージ(73.1%〜87.6%) 確定2発

サメハダーといえば紙耐久ですので、参考になりそうな計算をしてみました。
スイクンのねっとう(半減)程度なら、火傷で計算が狂いますが数発は受けられます。
等倍ならメガガルーラのねこだまし以上の攻撃を受けると厳しいです。

脆いものの、必要最低限の耐久は確保しています。

最後に

本文内でも触れましたが、『おくびょう』『いかりのまえば』共にPGLのデータ上ではほぼ存在しないことになっています。
ただどなたも使っていないだけで、実戦でとても役に立つ構成です個人的にサメハダーの結論はこれと言っても差し支えありません。

全抜きエースが相手を突破しきれなくて困っている方、もしよければサメハダーによるお膳立てを試してみませんか?

レンカイさんの記事一覧はこちら

この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

 - 育成論 , ,

  関連記事

メガサーナイト
キノガッサを意識した:ひかえめメガサーナイト育成論【ORAS】

メガサーナイト 育成論 概要 特性:フェアリースキン+C165から繰り出されるア …

ラムパルド
最高火力出せます:鉢巻ラムパルド育成論【ロマン溢れるポケモン講座】

ロマン鉢巻ラムパルド 育成論 概要 ロマンとは、理性の対義語で 神秘性を追求した …

oras_ホールド
イカサマ+きあいのタスキホルード育成論【ORAS】

ホールド 特徴 ノーマル・地面タイプのホルードは、ギルガルドキラーとして名高いで …

oras_ギルガルド
弱点保険で倍返しギルガルド育成論・調整【ダブルバトル】

弱点保険で倍返しギルガルド育成論・調整 6世代に初めて登場したギルガルド。はがね …

化身ボルトロス
おくびょう化身ボルトロスで、電磁波+いばるの育成論【ORAS】

化身ボルトロス育成論 概要 いばる+電磁波で起点をつくるボルトロスの紹介です。 …

oras_ゲッコウガ
スカーフゲッコウガ育成論:スカーフガブリアス・積みポケキラー【流行】

スカーフゲッコウガ 育成論 概要 シーズン11で個体数が増えている こだわりスカ …

マリルリ
【ORAS】オボンマリルリ テンプレ育成論【シングルレート】

マリルリ 育成論 概要 技 はらだいこ / アクアジェット / じゃれつく / …

ハリテヤマ
炎技を受けきる!突撃チョッキ厚い脂肪ハリテヤマ育成論・調整【ダブルバトル】

突撃チョッキ厚い脂肪ハリテヤマ育成論概要 ダブルバトルではメガリザードンY+ヒー …

メガガルーラ
意地っ張りメガガルーラ:汎用アタッカー育成論【ORAS】

メガガルーラ 育成論 概要 ORASの環境を考慮した最も汎用性の高いメガガルーラ …

ニンフィア
眼鏡ニンフィア育成論〜物理受けをぶっ飛ばせ!【ORAS】

ニンフィア 育成論 概要 特性 フェアリースキン ※ノーマルタイプのわざがフェア …