ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

シーズン13カロスマーク限定シングルレートで流行する ポケモン9選

   

シーズン13カロスマーク限定シングルレートで流行する ポケモン9選

11月17日(火)メンテナンス終了後より、シーズン13がスタートします。
シーズン13のルールの大きな変更点は、過去産が禁止になる点です。
シーズン11と同じ、カロスマーク付きのポケモンしか参加できなくなりました(シングル・ダブル・トリプル・ローテーションバトルが適用されます)

また、スペシャルバトルはメガストーン禁止のダブルバトルになっています。
(情報元:11月17日(火)メンテナンス終了後より、レーティングバトル≪シーズン13≫がスタート!)

スイクンシーズン12で流行したポケモンは 零度スイクンですね。
「神速」「絶対零度」でタイマン性能が強化されたために、スイクンの採用率が大幅に上昇しました。
また、シーズン12以降も過去産解禁環境だと読んだ人は、投げガルーラなどの過去産乱数に時間をかけた人も多いのではないでしょうか。
(参考:過去作解禁!!シーズン12環境を破壊するポケモン13選まとめ
今回は、シーズン11で流行していたポケモンや零度スイクンがいなくなることで息を吹き返すポケモンに焦点を当て、流行しそうなポケモンを紹介します。

①カバルドン

カバルドンゴツメ枠としての採用がスイクンに奪われた上、零度スイクンに弱いためシーズンを通して採用率が伸び悩みました。
環境で、ゴツメ持ちに強い 秘密の力 メガガルーラの概要対策としてゴツメカバルドンの採用率の上昇が見込まれます。
ひみつのちから持ちメガガルーラの「岩雪崩」を半減できるタイプ相性+高耐久力で、メガガルーラの攻撃を華麗に受け流します。
カバルドンは起点作りとしても人気のポケモンですので、

カバルドン メガリザードンY メガリザードンX

カバリザ構築などの採用率も伸びるかもしれません。

おすすめ記事:ゴツメカバルドンが物理受けとしての評価が上昇中

②・③ピクシー+バトンバシャーモ

ピクシー バシャーモ

シーズン11で流行したポケモンにバトンバシャ+ピクシーの組み合わせがあります。
バシャーモでビルドアップ+特性:加速で能力上昇し後、ピクシーにバトンタッチ。
ピクシーは、「小さくなる+瞑想」で能力を上げた後 アシストパワーで無双します。
アシストパワーは『のうりょく』ランクが1つ上がる度に威力が20上がるため、とてつもない火力がでます。

④受けループ

ラッキー グライオン メガヤドラン

スイクンの絶対零度の脅威が減り、受けループが少し動きやすくなりました。
そのため、ラキグライヤドランを中心とした受け回す構築が増えそうです。

⑤ファイアロー

ファイアローシーズン12はボルトロス・スイクンが重たく、採用率が低下気味でした。一方S13で零度スイクンがいなくなると、ボルトロスの採用率も低下することが見込まれます。
そうなると、ファイアローが動きやすくなるため使用率も上昇しそうです。
メガバシャーモまた、採用率が増えそうなメガバシャーモにも強い枠として需要が増えそうですね。
サンダー・クレセリアなどとの対面にも強いHDアローの採用も伸びそうですね

⑥物理ギルガルド

ギルガルド熱湯をメインウェポンで戦うスイクンだけになることで、抜きエースとしてギルガルドが活躍しくなるでしょう。
ラム剣舞ギルガルドは、スイクンの熱湯にも強く シーズン13で中心になる物理受けにも強いため重宝されそうです。

ポリゴン2 クレセリア スイクン

⑦ねむねごニンフィア

ニンフィア瞑想で相手を積ませる、ねむねごニンフィアの採用率も大幅に増えるでしょう。
ねむねごニンフィアは、素早さの遅いポケモンに強く 零度スイクン禁止されてから増えるであろうポケモン達に強くなります。

また、増えるあろう受けループにも強いポケモンです。
おすすめ記事:アッキのみ持ちねむねご両受けニンフィア育成論
零度スイクンがいなくなることで、下記の対面で積む系のポケモンも採用が増えそうです。

メガヤミラミ ウルガモス フワライド

⑧鬼火バシャーモ

バシャーモシーズン12 スペシャルルール(カロスマーク産のみ)で、増えたポケモンに鬼火バシャーモがいます。
バシャーモの守る読みでやってくる、威嚇持ちや物理受けのポケモンに「鬼火」を入れ機能停止に追い込みます。

参考:シーズン11レート2000超えの構築から選んだ期待のポケモン9選

⑨ゴツゴツメット霊獣ランドロス

霊獣ランドロスシーズン12で大幅に増えたポケモンに、ゴツゴツメット持ちランドロスがいます。特にS12のスペシャルルールだと、スカーフ30% ゴツメ28.3% とほとんど同率の採用率です。
特性:威嚇+ゴツゴツメットによる、物理受け性能が高く ガブリアスの逆鱗・メガガルーラの猫騙しにぶつけてやります。
「岩石封じ」「毒毒」などのサポート技も豊富なパーティの潤滑油。
霊獣ランドロスの努力値振りも、耐久ベースが多くなってきている印象を受けますね。

シーズン11で流行したポケモンは、シーズン11シングルレート環境で流行したポケモン10選まとめ でまとめています。
カロスマーク限定の環境の復習にどうぞ!

 - S13, 流行ポケモン , , , ,

  関連記事

バシャーモ
S12レート2000超え構築から選んだ期待のポケモン9選【シングル】

S12レート2000超え構築から選んだ期待のポケモン9選 シーズン12は、過去産 …

ドサイドン
突撃チョッキドサイドン育成論:ガブバシャボルトに見飽きた人向け【流行】

とつげきチョッキドサイドン育成論 概要 ガブリアス、バシャーモに強いことに加え …

霊獣ランドロス
ステロ展開専用:大爆発ランドロス(霊獣)育成論【流行】

不利対面に強い、大爆発ランドロス(霊獣)育成論 霊獣ランドロスに「大爆発」の採用 …

oras_メガボーマンダ
みがわり+はねやすめ搭載で安定感抜群:メガボーマンダ育成論【流行】

メガボーマンダ 育成論 概要 PGLランキング12位に舞い戻ってきた、メガボーマ …

oras_ゲッコウガ
スカーフゲッコウガ育成論:スカーフガブリアス・積みポケキラー【流行】

スカーフゲッコウガ 育成論 概要 シーズン11で個体数が増えている こだわりスカ …

ファイアロー
型の多様化で対策が難しい ファイアローの流行【ORAS・シーズン7】

ファイアローの傾向 ①ファイアロー 型の多様化 ファイアローのイメージとして、鉢 …

oras_ゲッコウガ
起点ポケモンを駆逐するためのラム持ちゲッコウガ育成論【流行】

ラム持ちゲッコウガ 育成論 概要 化身ボルトロス、欠伸カバルドン、はたまた、気合 …

oras_メガゲンガー
たたりめ・おにびが増えるかも メガゲンガー・ゲンガーの流行【シーズン7・ORAS】

メガゲンガー・ゲンガー 傾向 ①特殊アタッカー(CSベース)としてのメガゲンガー …

バシャーモ
ラムバシャーモ育成論:電磁波展開を許さない【流行】

ジャローダ、化身ボルトロス有利なラムバシャーモ育成論【流行】概要 ボルトロスの電 …

マンムー
受けループも唸るその強さ。じわれ搭載とつげきチョッキマンムー育成論【流行】

じわれ搭載チョッキマンムー育成論 概要 化身ボルトロスが環境に増えすぎて、頭を悩 …