ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

新環境をどう勝っていくマーク解禁ダブル環境考察 後編

      2015/10/25

新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編からの続きです。

前回の記事ではChalk構築を中心とする環境に変化をもたらすであろうポケモン、まけんきボルトロスとしんそくエンテイについてまとめていました。今回は具体的にどのような環境の変化がもたらされるのか、そして全国ダブルのポケモンで活躍するであろうポケモンについても紹介していこうと思います。

環境にもたらされる変化とは

789e004a47dcf490ca8206963196376a
私は前回、まけんきボルトロスが増えることによってChalk中心の環境に変化がもたらされることを言及しましたが具体的にどのような変化がもたらされるのかについて考察していきたいと思います。

スタンダード構成の変化

モロバレル
まけんきボルトロスが使えるようになった環境ではスタンダードな構成にも変化がもたらされることだろうと思います。構築の内容メンツとして変化するであろうと考えられるのはモロバレルなのではないでしょうか。

まけんきボルトロスはひこうタイプ技であり、このゆびとまれいかりのこなといったサポート技を無視し、大きなアドバンテージを取ることの出来るフリーフォールという技が使えます。
これはメガガルーラなどの攻撃がいかりのこなで吸われずに隣のポケモンに対して攻撃できる、もしくは隣のポケモンに使うことで無償でモロバレルを攻撃することの出来る状況を作り出すことが出来ます。

これにより全国ダブルである程度の数がいたガルーラマリルリモロバレルという並びなどが解禁ダブルでは弱体化するであろう原因にもなりえます
また、フリーフォールを使ったターンにトリックルームなどされたとしても降りてくるターンを稼ぐことができるため、トリックルームのメタとしても優秀な技です。

XYの時の一般的なレーティングのスタンダードはモロバレルではなく、メガガルーラニンフィア化身ボルトロス霊獣ランドロスクレセリアヒードランの6匹でした。

これはモロバレルが環境にあまりいなかったということからニンフィアが動きやすかっただけだとも捉えることが出来ますが、ボルトロスやクレセリアがスピードコントロールを行う際にダメージレースで優位に立つことができるポケモンであるということからも採用率が高かったのではないかと考えられます。

スタンダード構築の内容変化

化身ボルトロス
まけんきボルトロスの存在はスタンダード構築の内容にも変化をもたらすと考えています。
現状メガガルーラは素早さが遅く、耐久を高くしたものが非常に多いですが、最速メガガルーラとまけんきボルトロスの並びに簡単に倒されてしまうことや最近起こりつつあるズルズキンやポリゴン2の増加などあおりを受けてトリックルームの型であるスタンダード構築は少なくなっていくのではないかと考えています。

また、まけんきボルトロスが増えることによって霊獣ランドロスの持ち物にも変化がもたらされると考えています。
霊獣ランドロスはWCSの影響からとつげきチョッキを持ったものが増えつつありますが、まけんきボルトロスに上から攻撃されることやれいとうパンチメガガルーラに対して強く出ることができないといった弱点があります。こだわりスカーフを持たせることでまけんきボルトロスが出てきたとしてもいわなだれを打つことができ、メガガルーラのふいうちなどの先制技と合わせて倒したり、ひるみによる事故を狙うことも出来るのです。

今後、トリックルームメタが進むことによっておいかぜなどといったスカーフ霊獣ランドロスのいわなだれによる事故を避けることのできるスピードコントロールが増えるのではないかと考えています。

XY時代ではおいかぜ構築が主流で1度の事故が命取りになってしまうレーティングバトルのことを考えると納得がいきます。
また、おいかぜはトリックルームと違って優先度がマイナスではないため、技を使うタイミングにある程度の自由が利くのです。

環境の変化の中でどのようなポケモンが活躍するのか

スイクン

スイクン
スイクンはその耐久の高さとれいとうビームを使えることから霊獣ランドロス前で比較的安全においかぜを使うことの出来るポケモンです。

みずタイプであることから環境的にも攻撃が一貫しやすく、おいかぜをした後にそのまま攻撃に移ることの出来る点は評価すべき対象でしょう。ねっとうによる3割のやけどは追加効果として非常に優秀です。

また、バークアウトを使うことができるため、相手がトリックルーム中心の構築であったとしてもその攻撃力を削ぎ、トリックルームのターンを稼ぐことが出来るでしょう。化身ボルトロスのハチマキワイルドボルトも耐えることができることから振り対面からであってもアドバンテージを取りに行くことができる強さも兼ね備えています。

ゴチルゼル

ゴチルゼル
ゴチルゼルは特有な特性かげふみを持っており、トリックルームメタに強いトリル使いでもあります。

また、セットアップを中心とした構築に対してめっぽう強く、トリックルームクレセリアなど有利な対面を維持することができることからプレイングの面においてもその強さを発揮することができます
今後の環境下で活躍をすることが期待されるでしょう。
しかし、ゴチルゼルはエスパータイプでありながら種族値が低いため、打たれ弱く、またクレセリアと違って霊獣ランドロスと並べた時にじしんが撃ちづらい状況が発生しやすいです。そのことから元々苦手であったかげふみがきかないゴーストタイプであるギルガルドに対してさらに弱くなってしまう弱点も存在しています。

メガボーマンダ

oras_メガボーマンダ
メガボーマンダはメガシンカのポケモンの中では安定しないポケモンではありましたが、今回まけんきボルトロスの解禁により、化身ボルトロスよりも早く動くことの出来る特性いかく持ちのポケモンであるといった点で優秀であると考えられます。

天敵であるクレセリアやいたずらごころ化身ボルトロスの存在もありますが、クレセリアに関してはボーマンダ構築の取り巻きで補うことができることであり、いたずらごころボルトロスが環境の変化が進むにつれて少なくなる可能性が高いといったことからもこのポケモンにとって非常に良い環境の変化になることでしょう。

終わりに

この記事においては今後の環境予測を中心として解禁ダブルについて考察してきました。
なかなかメタゲームを予測した上で構築を組むというのは難しくやりづらいことではありますが、間違いなく言えることは周りのプレイヤーと同じ構築を使っていても勝つことは難しいということです。

この意見は現環境におけるChalkといったような構築に対して否定的であると捉えられるかもしれませんが、そのChalkに関してもメンツが同じであるだけで内容の差異によって大きく変わってくるタイプ構築であるということは理解しなければなりません

しかしながら、実際には多くのプレイヤーが様々な構築を使うことで環境に新たな変化がもたらされます。
それは海外の公式大会であったり、日本のオフ会で成績を残した構築であったり、大きな大会から学び取るべきことは非常に多いです。
その環境の変わり目をしっかりと感じることができ、それに対するアイディアを常に考え続けることがメタゲームを制するための唯一無二の方法でしょう。

オススメ記事:地紋から見た、WCS上位の構築から見る現環境

この記事は、地紋さんに書いて頂きました。
記事の記事のアイディア(書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

地紋さんの記事はこちらのリンク先でまとめました


 - ダブルバトル, 地紋さんに学ぶ講座 ,

  関連記事

CP6GpOIU8AEdy1p
WCS旅行記:対戦以外の魅力的なところ

はじめに 世界中のポケモントッププレイヤーが集まるPokemon World C …

キノガッサ
催眠と混乱をばら撒くレパルダスキノガッサ構築【ダブルバトル】

催眠と混乱をばら撒くレパルダスキノガッサ 運用方法 レパルダスがいることによって …

スクリーンショット 2015-10-06 22.23.53
PGLのデータから読み解くダブルバトル【シーズン12】

PGLのデータから読み解くダブルバトル【シーズン12】 こんにちは、くさもちです …

キングドラ
雨パ構築論と高耐久キングドラの調整【ダブルバトル】

雨構築を使う理由とは 全国ダブルではなりをひそめた雨構築ですが、メガリザードンが …

ニョロトノ
雨の天候を維持するメガガルーラに強いゴツゴツメットニョロトノ育成論【ダブルバトル】

育成論概要 全国ダブルバトルでは特性あめふらしを持っている唯一のポケモンであるニ …

ヒードラン
思考停止で勝つ!噴火ヒードラントリパ【ダブルバトル】

思考停止で勝つ!噴火ヒードラントリパ こんにちは、くさもちです。 今回は、噴火ヒ …

autumn-regionals-875
海外公式大会の環境とは?【ダブルバトル】

海外ダブル環境の変化 海外では既にWCS2016の世界大会に向けて既に多くの公式 …

Bu7cpApCIAEd2hY
WCS旅行記 準備編:ポケモンプレイヤーのための6つの便利な持ち物

初めに:WCS旅行記 準備編 Pokemon World Championshi …

メガクチート
準伝なしで組めるダブルパーティ:メガクチート+ポリゴン2編

準伝なしで組めるダブルパーティ:ニョロトノ+ルンパッパ こんにちは、くさもちです …

ポケモンoras
新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編

新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編 導入 WCSも終わり、現 …