オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

週刊ポケモン

ポケモンの価値はKPで決まる〜レート帯・グロリア・九尾杯を見てみよう、他:週刊ポケモン12号

投稿日:

ポケモンの価値はKPで決まる〜レート帯・グロリア・九尾杯を見てみよう

週刊ポケモン対戦
今週は、KPに焦点を当てます。
KPとはかぶりポイント(略してKP)、使用率の高いポケモンの目安です。
ポケモンの性能が高いほど、使用率も上がるため KPはポケモンにとって一種のステータス。

一方で、いくらポケモンの性能が高くでも 扱うトレーナーの技能がダメなら意味がありませんが・・・・。

バトルロードグロリアが大盛り上がり

バトルロードグロリアとは、ダブルバトルの日本一を決める 非公式では最大規模の大会です。

バトルロードグロリア2015の本戦が、9月22日に行われました。
優勝されたしーちきんさんおめでとうございます!

さっそく、バトルロードグロリアのKPを見ていきましょう。

バトルロードグロリアのきになるKPは??

ここで、気になるKPだけを抜粋してみると・・・・
なんということでしょう。
相変わらず、CHALK(ダブルバトルのスタンダード構築において強力な5匹の並びであるCresselia, Heatran, Amoonguss, Landorus-T, Kangaskhanの頭文字をとってCHALK)が相変わらず使用率が高いです。
(参考:世界プレイヤー地紋から見た、WCS上位の構築から見る現環境)

<グロリアKP>
スクリーンショット 2015-09-26 11.42.37
霊獣ランドロス・メガガルーラ・ヒードラン・化身ボルトロス・モロバレル・クレセリアの使用率はやはり使用率が高く、すぐ下にいる「ギルガルド」の使用率29%と比較するとかなりの格差がありますね。

そんな大盛り上がりの グロリアでとあるプレイヤーが話題になりました。
その名も、ふう さんです!

'ふう'さん が いろいろ凄い!

大会の対戦以外でも盛り上げてくてる イケメンなプレイヤーですね。

レート帯でKPが違うのが面白い!

PGLでは、公式のKPがあるものの、レート帯別でみることは見れないとため、PGL上位のポケモンだからといって レート帯上位で多いとは限りません。

参考①<レート2000帯>


b599f5f7

▶︎KPが高い、ガルガブボルトとは?
メガガルーラ+ボルトロス:攻撃の主軸。メガガルーラのノーマルタイプという一貫性が強み。グロウパンチを搭載することで後出しでやってきたクレセリアすらも突破できる崩し性能が魅力。ボルトは、ガルーラの苦手なゲンガーバシャスイクンに投げる。

ガブリアス:攻撃範囲の広いエース。メガガルーラが耐久ポケモンを倒したあと 暴れる。スカーフ持ちが増えた。
(参考:グロウパンチ持ちメガガルーラが調整ミスと言われる5つの理由

▶︎ゴツメ枠は、クレセリアの1強
ゴツメ枠には、スイクン・ジャローダなどの人気が下火な印象をうけますね。

▶︎キノガッサの増加
キノコの胞子+タネマシンガンで、オニゴーリ・スイクン・カバルドンなどの害悪・起点作り系のポケモンを強引に突破できる 襷キノガッサが増えました。

参考②<1450~1600帯>


▶︎KP一位は、「ファイアロー」
レート上位帯と異なり、KP1位は「ファイアロー」です。
レート2000以上では、バシャーモ以下の使用率とめちゃくちゃ多い印象は受けないの真逆な印象をうけます。

レート1500帯を抜けるには、「ファイアロー」の対策が鍵になりそうですね。

▶︎クレセリア・ボルトロス・ランドロスが意外と少ないのは、厳選難易度?
1450~1600帯のKPをみていると、厳選難易度の高い 準伝説の使用率が低め。
気軽に対戦を楽しもうというプレイヤーが多いのだと思われますね。

シャワーズ・ランターン・デデンネなどレートで見かけることの少ないポケモンが被っているのも印象的です。

▶︎メガゲンガー > メガガルーラ・ガブリアス
レート上位で人気のガルガブを抑えて、1位は 「メガゲンガー」。
ガルガブは、クレセリア・ボルトロスが一緒に採用して本領発揮という面があります。
単体性能だったら、メガゲンガーの方が扱いやすいため人気があるのだと思われます。

参考③(九尾杯チャレンジャーズリーグ-2015年9月


九尾杯は、シングル対戦のオンライン大会だと最も知名度の高い、大会です。
(九尾杯の詳細は、キツネの社

そのKPを15位まで見てみましょう。
レート2000とレート1450~1600帯を足して、2で割ったようなKPですね。
KP上位には、対面構築の完成系といわれる「ガルガブゲンボルトスイクンバシャ」がならびます。
オフラインの大会では、非常によくみかける並びであることから、ORASにおける結論パともいわれます。

▶︎まとめ
KPを通して、レート帯毎などの環境の違いをみてました。
レートが上がらないな、大会で勝てないなという人は 現在使用している構築が環境と合っていないかも・・・?

-週刊ポケモン
-, ,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.