Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
新規勢「過去ROM数の差が、レートの差」古参「無駄な厳選時間返せよ..」他:週刊ポケモン第11号 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

週刊ポケモン

新規勢「過去ROM数の差が、レートの差」古参「無駄な厳選時間返せよ..」他:週刊ポケモン第11号

更新日:

新規勢「過去ROMの差が、レート格差」,古参「無駄な厳選時間返せよ..」

過去産解禁に伴ない、レートを震わせたアイツらが帰ってきました。

シングルでは、零度スイクンが60%
ダブルでは、噴火ヒードランが40%

と非常に高い採用率です。
過去作のポケモンが環境をガラッと変えてしまったことから、

新規勢「過去ROMの個数の差が、レートの差」

古参「無駄な厳選時間返せよ..」

といった声が聞こえてきます。
レート1500帯では過去作のポケモンを見ないものの、レート1700帯になると過去作のポケモンが主軸に入っていることが多いですね。

今週の週間ポケモンは、S11とS12での環境の変化に焦点を当てていきます。

PGLから振り返る、シーズン12の環境

シーズン12:シングル編

スクリーンショット 2015-09-19 14.04.37
▶︎メガガルーラが王者、ガブリアスは3位に陥落

シングル環境のBIG4に変化がありました。

S11:ガブリアス、ゲンガー、メガガルーラ、ファイアロー

S12:メガガルーラ、スイクン、ガブリアス、(メガ)ゲンガー

に変化しました。
登場以降常にトップメタで、ポケモンの主人公とも言われたガブリアスですが シーズン12ではメガガルーラに立場を明け渡しました。

メガガルーラはグロパンで攻撃をあげつつ、攻撃の通りの良いノーマル技で 耐久ポケモンすら突破できない火力でPTを崩壊させるスタイルがすっかり定着しました。

また、一番株をあげたポケモンは「スイクン」です。
一撃必殺技である絶対零度を覚えたスイクンは、有利対面であらゆるポケモンに負荷をかけることができます。
弱点の少ない「水」、高い耐久数値、突撃チョッキ・ねむカゴなどの耐久をあげるアイテムを持たせて、試行回数を稼ぐ恐ろしいポケモンです。
スイクンに相対的に弱い、ファイアローは自然と個体数を減らしつつあります。

零度スイクン「くくく、ファイアローは四天王最弱よ・・・」

S12:ダブルバトル編

スクリーンショット 2015-09-19 14.49.03
▶︎ダブルバトルのBIG4に変化はあまりなし

ダブルバトルは、大きな変化はありません。
噴火ヒードランが解禁され、ヒードランの順位が上昇しました。
一方、PGLランキングからしれっと消えたポケモンが話題になっています。

それは、メガリザードンYです。
特性:ひでりで苦手な水からの打点を押さえつつ、熱風の全体攻撃で相手に負荷をかけるのが強みなポケモン。
しかし、メガ枠を消費するのがちょっとな・・・・・

と感じるプレイヤーがたくさんしました。

そんな中、特攻種族値130から繰り出される最大威力150命中100の範囲技を覚えた 噴火ヒードランが解禁され

メガリザY? それ、ヒードランの劣化じゃね?

となり、ひっそりと息をひきとりました。

シーズン11の環境を振りかえろ!


▶︎ORASリーグの人口は以下のとおり
シングルS11人口:118,981(S10:108,879)
ダブルS11人口:48,496(S10:45,834)

S10と比較すると増加傾向にあるものの、全盛期と比較すると 半分程度になってしまいました。

参考
ポケモンスプレッドシート:[シーズン11]レート帯別人口

シーズン11で流行したポケモン

シーズン11では、耐久ポケモンを意識した D振りのポケモンが増えました。
有名なところだと、

HDアロー
悪巧み搭載 穏やか耐久ボルトロス
じわれ搭載とつげきチョッキマンムー

などなどです。
新規に育成するポケモンを選ぶ際は、環境の変化に適合しているポケモンを使うことで勝率が高くなるでしょう。
また、シーズン12で解禁された要注意なポケモンもまとめていますのでご参考にどうぞ

シングル:過去作解禁!!シーズン12環境を破壊するポケモン13選まとめ

ダブル:ダブルレート過去作解禁で流行りそうなポケモンまとめ

シングルバトル注目の構築5選

S11で結果を出した構築の中で、面白いと感じたPTを5つ紹介します。
おすすめ①▶︎最終14位 2209 クチートと野獣

ショコラティさんは、S10で最終レート1位を達成されたプレイヤーです。
そんな強者が注目したのが、「ヒヒダルマ」。
ヒヒダルマ@命の珠 陽気
実数値:181-192-76-×-78-158
技構成:フレアドライブ/岩雪崩/地震/アンコール

という型のポケモンをPTに入れ 最終14位 2209 を達成されました。

ネットでは、

ヒヒダルマあの顔でアンコールとかできるのか……
アンコール持ちのヒヒダルマは、知能のあるゴリラ

とネタにされることが多いですが、イメージが覆るといいですね

おすすめ②▶︎鬼火コントロール

ヤミラミ+ファイアロー+ピクシーで相手を詰ませる構築です。
それぞれの役割は、

ファイアロー:ブレバ/鬼火/身代わり/羽休め@残飯
→鬼火撒き

ヤミラミ:イカサマ/不意打ち/鬼火/再生@メガ石
→アロー泣かせのステロ対策のマジックミラー持ち、両受け。

ピクシー:ムンフォ/癒しの鈴/瞑想/月の光@抜け殻
→メガゲンガーに意識の抜け殻持ち。

ヤミラミ+ファイアロー+ピクシー以外のポケモンに、クレセリア・メガガルーラ・マンムーの採用理由も明確な面白い構築です。

おすすめ③▶︎S11 2100突破PT 「バレルバンギ軸」

ダブルバトルでは見かけることの多い「モロバレル」ですが、シングルではマイナーな部類ではないでしょうか?
そのモロバレルの強みは、「下から催眠を入れられる」点です。
詳細は、S11 2100突破PT 「バレルバンギ軸」をどうぞ。

モロバレルの構成は、
技:キノコのほうし ギガドレイン イカサマ クリアスモッグ@ゴツゴツメット
になっており、技一つ一つが考えられたポケモンです。

おすすめ④▶︎【ポケモンORAS】シーズン11使用構築(最高レート2129)【クチトドンサマヨール】

サマヨールは'メガガルーラに圧倒的に強い'のですが、相性補完になるポケモンを見つけうまく運用するのが難しいのがネック。
しかし、そんな悩みもさようならかもしれません。

基本選出はクチート、トリトドン、サマヨールでガブガルゲンみたいなPTに対する勝率はかなり高いみたいので、完全コピーしたくなるPTですね。

おすすめ⑤▶︎【シングル】レートのプロ向け構築【レート2100】


霊獣ランドロス、化身ボルトロス、ゲッコウガ、カイリキー、メガガルーラ、メガゲンガーという

数値受けできるポケモンが1匹も存在しない、PT構築です。
有名な ボルトランドコントロールと思いきや、似ても似つかぬ構築です。

ランドロス霊獣:鉢巻だいばくはつ
ゲッコウガ@ゴツメ
メガゲンガー:たたりめ こごえるかぜ おにび みちづれ

と非常に変わったPTです。

ポケモンORAS 日本ゲーム大賞で「優秀賞」

2014年には、ポケットモンスター X・Yが優秀賞を受賞しましたが、2015年度もORASも優秀賞を受賞しました。
選考方法は、受賞作品の選考に際しては、一般投票を実施。 次項の選考基準に基き、「日本ゲーム大賞選考委員会」による審査会を行う。ため、人気タイトルが受賞しやすいです。

他には、妖怪ウォッチ・スマブラなどが受賞しました!

参考
日本ゲーム大賞: 受賞作品「年間作品部門」

ポケ勢向け:女性が嫌いな男性の行動TOP3

-週刊ポケモン
-, ,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.