ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

零度スイクン:対策必須級の強さな6つの理由【流行】

   

零度スイクン:対策必須級の強さな6つの理由

過去作解禁により、シングル勢にとって一番の衝撃は 零度スイクンの解禁でしょう。

「ポケモンORAS」レーティングバトルで過去作ポケモンが解禁に → みんな大好き「零度スイクン」がさっそくトレンド入りということで、みんなガクブルで動揺が隠せませんでした。
零度スイクンとは、性格[のんき(防御↑ 素早↓)]固定で、特別な技「神速」「絶対零度」を覚えています。
この2つにより、役割範囲がぐ〜〜〜〜〜〜〜んと増え、対面性能が高くなります。
そんな零度スイクンですが、対策必須である理由を振り返り、有名な型・対策・入る構築についてまとめてみました。

理由①:使用率が高く、レート環境破壊中

スクリーンショット 2015-09-19 14.04.37
シーズン12に入り 個体数を ぐぐぐぐぐぐぐーーーーーーーーん(S11:9位S12:2位と7段階上昇)と増やしました。
シーズン11では、ねっとう/れいとうビーム/どくどく/ねむる @ゴツゴツメット という技構成の ゴツメスイクンがテンプレでした。
「どくどく」で低火力高耐久ポケモンに負荷、炎ポケモンに後出し「熱湯」で負担をかける、ゴツメ+「眠る」でメガガルーラを削る役割がありました。

一方、零度スイクン解禁後 スイクンの持ち物に大きく変化がありました。
ちなみに、S12での「絶対零度」60%の採用率である点から、零度スイクンの持ち物を推定してみます。

▶︎ゴツゴツメット
S11:56%
S12:42%
→以下の持ち物の割合から、23%/60%程度が零度スイクンです。

▶︎カゴのみ
S11:33%
S12:14%
→零度と相性が悪い持ち物なので、零度は0%と推測。

▶︎とつげきチョッキ
S11:0.5%
S12:22%
→零度と相性がいい、零度スイクンの22%/60%はチョッキ

▶︎オボンのみ
S11:1.6%
S12:13%
→零度と相性がいい、零度スイクンの13%/60%

▶︎その他(たべのこし、ソクノ、スカーフ等)
S11:10%
S12:9%
→ほとんどが食べ残し型が占めます。
零度スイクンは、2%程度と推測します。
2%/60%

PGLの持ち物から察するに、
零度スイクンの38%がゴツメ、37%がチョッキ、22%がオボン、3%がその他といったところでしょうか。
XY環境では、とつげきチョッキが一番多かったので 現環境が「メガガルーラ」はトップメタであることが伺えます。

また、零度スイクンと対面した ポケモンは「ゴツメ」or「とつげきチョッキ」の判断ができないため 対面してるプレイヤーは難しい選択肢になります。
例えば、相手の選出画面に「クレセリア」が見え そちらが「ゴツゴツメット」と思い込み メガガルーラでグロウパンチを打ったらスイクンが「ゴツメ」持ちだった場合は目も開けられません。
なぜなら、「神速」入りのスイクンの場合 相打ちになるからです。

理由②:高い耐久+3割の甘え(零度)で突破が困難

最も対面性能が高いと言われる、とつげきチョッキスイクンの硬さを見てみましょう。
HP252振りを前提とした際の耐久力は以下の通り。

S11の環境では、化身ボルトロスの10万でスイクンを突破するのが一般的でしたが 2耐えされるくらい高い耐久を持っています。
また、スイクンは「ミラーコート」を覚えることができるため 返り討ちにされることも。

▶︎防御
B12 特化バンギラスのエッジ×2+砂ダメ×2耐え
B52 特化ガブリアスの逆鱗2耐え
B76 特化カイリューの逆鱗2耐え
B108 A252ガブリアス逆鱗×2+鮫肌耐え
B164 特化鉢巻きファイアローのブレバ2耐え
B204 A252メガガルーラの恩返し2耐え
B220 特化ガブリアス逆鱗×2+鮫肌耐え

▶︎特防
D44 C252珠ラティオスの草結び2耐え
D52 C252ボルトロスの10万ボルト2耐え
D60 C0メガフシギバナのギガドレイン3耐え
D108 C252メガリザYのソーラービーム2耐え
D116 C252メガライボルトの10万ボルト2耐え
D148 C252眼鏡ラティオスの流星群2耐え

(参考:素晴らしい育成論:【撃ち合い重視】チョッキ零度スイクン

零度スイクンを使う人は、Dが高すぎるので「ミラーコート」は要らないという人も多い。
そんな人が積極的に使うのが、交代読みで一貫性を作れる「絶対零度」。
地面タイプの地割れと異なり、無効化されるタイプがなく 30%の確率で敵を倒せます。

30%=運ゲと捉える人もいますが、対面での殴り合いでは絶対勝てない相手でも 30%の確率で勝ち筋を作れると考えると非常に強い技です。

理由③:型の多様さ=強みだから

ざっくりと、零度スイクンの強さをみました。

次に、主要な育成論は2つみてみましょう。
ORAS環境では、「ゴツゴツメット」「とつげきチョッキ」が一般的です。

1.ゴツゴツメット型神速スイクン

化身ボルトロス・メガライボルトなどの威嚇持ちと一緒に入っていることが多い。
メガガルーラとの対面なら同士討ち、威嚇が入った状態なら対面で勝てます。

数値受けとしての性能はクレセリアに劣るものの、熱湯による誤魔化が非常に強く 火傷を引けば起点に変えれる。
HP管理の上手いトレーナーの「眠る」は鬼。

技:眠る/神速/絶対零度/熱湯
努力値:HP:252 防御:204 特攻:52
持ち物:ゴツゴツメット
※防御:補正なしA252振りガブリアス 逆鱗:42%~49.7% 2耐え

2.とつげきチョッキスイクン

チョッキ型ではメガガルーラには打ち負けるため、ガブリアス・鉢巻ファイアローに焦点を当てます。
HDアローに対しては、熱湯が45.4%~55.1%乱数2発 (45.3%)のため 回復と攻撃がトントン。

HDアローの攻撃は、ブレイブバード20.2%~23.6% 確5のため 零度連打の方が安定します。
また、 特化ガブリアスの逆鱗2耐えあるため、最近多いスカーフガブリアスも余裕で処理できます。

技:熱湯 / 冷凍ビーム / 絶対零度 / 神速
努力値:HP:252 / 攻撃:4 / 防御:140 / 特攻:92 / 特防:20
持ち物:とつげきチョッキ
(参考:【撃ち合い重視】チョッキ零度スイクン

理由④:完全な対策は難しく、後出しが難しいポケモン

「ゴツメ」型「とつげきチョッキ」側で対処が異なるため完全な対策は難しいポケモンです。

また、「絶対零度」の存在から 後出しは難しいポケモンですね。 そんな零度スイクンに有効な対策を数点ピックアップ。

身代わりで熱湯を耐えるポケモン

ライコウ
身代わり搭載スイクン、竜舞ギャラドス、瞑想ライコウ、ラッキーなどは、スイクンの熱湯で身代わりを壊されません。
そのため、絶対零度を打ちにくくさせ 積み技の起点にします。
スイクンの技スペ的に、「吠える」は入らないため 積みの起点に変えやすいです。

高火力で弱点をつく

メガヘラクロス
零度スイクンは素早さに下方補正があるため、火力のあるポケモンで攻撃すれば落としやすいです。
その最たるものは、メガヘラクロス・メガリザードンXです。

相手が防御特化スイクンと仮定しても、

攻撃特化メガリザXの剣舞+逆鱗:93.2%~110.1%(乱数1発 (62.5%))
攻撃特化メガヘラクロスのタネマシンガン:27%~31.8%(1発当たり)

と余裕で突破できます。
特にメガリザードンXはスイクンを起点に変えれる性能が評価され、個体数を伸ばしています。

特性:頑丈ポケモン

ジバコイル
特性:頑丈で「絶対零度」を無効にしつつ、弱点をつけるジバコイル・どくどく+羽休めで負担をかけるHDエアームドが有効です。
ジバコイルは、「ミラーコート」+「神速」におびえつつ、エアームドは「ねっとう」「眠る」に畏怖を抱きながら戦います。

襷持ち

ウルガモス
ウルガモス・キノガッサは、スイクンに有利なポケモンです。
ウルガモスは、蝶舞→ギガドレイン
キノガッサは、キノコの胞子→タネマシンガンで負担をかけます。

理由⑤:対面構築の流行がスイクン使用率向上を後押し

メガガルーラ
対面構築の結論とも言われる、ガルガブボルトスイクン(※)。
この4体の並びは、見かける機会が増えました。
その中で、過去作解禁により 「スイクン」が強化されてしまったために この4体の並びに強さに磨きがかかりました。

覚えておこうガルガブボルトスイクン(※)

対面性能の高いポケモンの並び。
役割は以下のとおり。

メガガルーラ+ボルトロス:攻撃の主軸。メガガルーラのノーマルタイプという一貫性が強み。グロウパンチを搭載することで後出しでやってきたクレセリアすらも突破できる崩し性能が魅力。ボルトは、ガルーラの苦手なゲンガーバシャスイクンに投げる。

ガブリアス:攻撃範囲の広いエース。メガガルーラが耐久ポケモンを倒したあと 暴れる。スカーフ持ちが増えた。

スイクン:熱湯による誤魔化し、ミラーコートで電気メタ、高い耐久性能が魅力。「絶対零度」「神速」解禁で突破できる範囲が増えた。

理由⑥:シーズン11で流行した害悪型にも強い

スクリーンショット 2015-09-05 11.49.43
ボルトピクシーミラーがシングル厨の決勝戦だったことが記憶に新しいです。
最近は、バシャピクシーなどでちいさくなるの強さを感じる機会が増えました。

しかしそれらに強いのが零度スイクン。
一撃技は命中率が固定のため、ピクシーは的です。

 - S12, シーズン, 流行ポケモン , , ,

  関連記事

スイクン
こごえるかぜスイクン育成論:S操作が環境にマッチする【流行】

こごえるかぜスイクン 育成論 概要 高い物理耐久を誇るスイクンは、ゴツゴツメット …

スイクン
過去作解禁!!シーズン12環境を破壊するポケモン13選まとめ

過去作解禁!!シーズン12環境を破壊するポケモン13選まとめ 過去作解禁が決まり …

マンムー
受けループも唸るその強さ。じわれ搭載とつげきチョッキマンムー育成論【流行】

じわれ搭載チョッキマンムー育成論 概要 化身ボルトロスが環境に増えすぎて、頭を悩 …

化身ボルトロス
シーズン11シングルレート環境で流行したポケモン10選まとめ

シーズン11シングルレート環境で流行したポケモン10選 シーズン11も間もなく終 …

メガバシャーモ
つるぎのまいメガバシャーモ育成論:霊獣ランドロス・スイクンを吹き飛ばす火力【流行】

メガバシャーモ 育成論 概要 メガバシャーモで最近増えている型は、壁・ステロで有 …

化身ボルトロス
オボン持ち化身ボルトロスの構築が増えている 3つの理由

オボン持ち化身ボルトロスの構築が増えている 3つの理由 ボルトロス=命の球の時 …

oras_ゲッコウガ
スカーフゲッコウガ育成論:スカーフガブリアス・積みポケキラー【流行】

スカーフゲッコウガ 育成論 概要 シーズン11で個体数が増えている こだわりスカ …

ギャラドス
こおりのキバは見直し必須?ギャラドスとメガギャラドスの流行【シーズン7】

ギャラドス 流行 全体感 使用率は、電気ポケモンの増加により低下ぎみです。 同じ …

化身ボルトロス
悪巧み搭載 穏やか耐久ボルトロス(化身)育成論【流行】

悪巧み搭載 穏やかボルトロス(化身)育成論 概要 シーズン10のレート上位陣のパ …

ピクシー
シーズン13カロスマーク限定シングルレートで流行する ポケモン9選

シーズン13カロスマーク限定シングルレートで流行する ポケモン9選 11月17日 …