ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

シーズン11シングルレート環境で流行したポケモン10選まとめ

      2015/09/11

シーズン11シングルレート環境で流行したポケモン10選

シーズン11も間もなく終了です。
シーズン11は、夏季休暇と一致するため レートへの参加人数も増え環境がまた一段と変化しました。
今回は、シーズン11の序盤と終盤を比較すると増えたなぁと感じるポケモンを10選選びました。

スカーフガブリアス

oras_ガブリアス
▶︎育成論
技:げきりん / じしん / ストーンエッジ / どくづき
努力値:いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
性格:攻撃:252 / 防御:4 / 素早:252
持ち物:こだわりスカーフ
特性:鮫肌
(詳細は、こだわりスカーフガブリアス
化身ボルトロスが増加したことにより、ストーンエッジ搭載のスカーフガブリアスが増えました
ガブリアスミラー、積みポケモンに強いことから 追い風です。

具体的にどれくらい増えたかというと、
シーズン10では、襷(33%) > こだわりスカーフ(25%)だったのが
シーズン11では、こだわりスカーフ(29%) > 襷(28%)になりました。
エッジの採用率も増えており、ボルトロスを意識したガブリアスが増えました。

▶︎参考〜ストーンエッジのダメージ量を見てみる
(無振りボルトロス)109%~128.5%
(HP252振りボルトロス)90.3%~106.4% 乱数1発 (43.8%)
(防御特化ボルトロス)60.2%~72%

個体数のHDボルトロスなら、乱数です。
球持ち以外のボルトロスのめざ氷はガブリアスは耐えることができるため、基本有利対面です。
また、ガブリアスミラーにも強い点も特記すべき点です。

スカーフミラー以外では、スカガブはガブリアス対策に有利です。
特に襷持ちの場合でも、特性「さめはだ」の効果で相手が先に倒れるため 最後の1VS1ではこちらの勝利です。

とつげきチョッキADマンムー

マンムー
▶︎育成論
技:つららばり / こおりのつぶて / じしん / じわれ
努力値:HP:44 /攻撃:204 /防御:4 /特防:252 /素早:4
性格:いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
持ち物:突撃チョッキ
特性:あついしぼう
(詳細は、受けループも唸るその強さ。じわれ搭載とつげきチョッキマンムー育成論【流行】

環境のトップメタである、ガブリアス+ボルトロスの構築が増えまくったことでマンムーの評価が非常に上がりました。
シーズン11の後半あたりに、PGLの12位にランクインしてからすっかり定位置になりました。

そんなマンムーで一番熱い持ち物は、突撃チョッキ。
メガガルーラなどのポケモンを意識した、耐久ポケモンに対して 地割れをお見舞いします。
特防も結構硬く、こだわり眼鏡持ちサザンドラのきあいだまも耐えることができるくらい硬くなる。

HD悪巧みボルトロス

化身ボルトロス
▶︎育成論
技:10万ボルト/気合玉/電磁波/悪巧み
努力値:HP:252 / 防御:4 / 特防:252
性格:おだやか
持ち物:オボンのみ
特性:いたずらごころ
(詳細は、悪巧み搭載 穏やか耐久ボルトロス(化身)育成論【流行】

メガガルーラ、ガブリアスを止めるために増えた、耐久ポケモン(スイクン・クレセリア・サンダー)などに対して後出しで投げて「悪巧み」で積む特性悪戯心+「電磁波」で積み構築を止める

という2つの強力な戦術に対して有効ということで、爆速で個体数を伸ばしています。
一方、電磁波無効の物理アタッカー(霊獣ランドロス・ガブリアス・マンムー)にはあっさり突破されるためしっかりケアしてあげたい。

HDファイアロー

ファイアロー
▶︎育成論
技:おにび / はねやすめ / ちょうはつ / ブレイブバード
努力値:HP:252 / 攻撃:4 / 特防:252
性格:しんちょう(特防↑ 特攻↓)
持ち物:ラムのみ
特性:はやてのつばさ
(詳細は、特防特化で耐久ポケモンをメタるラム持ちファイアロー育成論【流行】

回復技持ちの耐久ポケモン(サンダー・クレセリア)、運げポケモン(化身ボルトロス、素催眠ゲンガー)などのポケモンに有利なHDアローです。
鬼火、挑発、羽休めで相手のPTをかき乱します。
特防特化することのメリットは絶妙な耐久性能で、

補正なしC4振りスイクンの熱湯が42.1%~49.7%
補正なしC252振りメガライボルトの10マンボルトが77.8%~91.8%
補正なしC4振りサンダーの10マンボルトが61.6%~72.4%

と、はねやすめの回復に収まる範囲に収まるのです。

蝶舞ウルガモス

ウルガモス
▶︎育成論
技:むしのさざめき / ちょうのまい / だいもんじ / めざめるパワー(氷)
努力値:特攻:252/ 特防:4 /素早:252
性格:ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
持ち物:ラムのみ
特性:ほのおのからだ
(詳細は、めざ氷搭載 ウルガモス育成論
ジャローダ+オニゴーリ構築、マンムー+メガボーマンダ構築、電磁波展開(ボルトロス、サンダー)などの構築に対して1体でなんとかなる性能が評価されています。
運げが流行し、ラム持ちが欲しいなと思う時に採用しやすいポケモンとして、ウルガモスが注目を集めています。

PTに合わせて、さざめき→ギガドレイン めざ氷→めざ岩、地面 に変えます。
一積み大文字で、等倍なら大抵高乱数で倒せます。

ゴツメ素眠りスイクン

スイクン
▶︎育成論
技:ねっとう/れいとうビーム/どくどく/ねむる
努力値:HP:252 / 防御:252 / 特防:4
性格:ずぶとい
持ち物:ゴツゴツメット
特性:プレッシャー

耐久ポケモン対策に、「どくどく」が普及しまくった中で誕生した怪物が ゴツメ素眠りスイクンです。
眠るは、HP管理のためだけに使用します。

耐久ポケモンに対しては、どくどく+ねむる で負担をかけ、物理アタッカーに対しては ゴツゴツメット+ねむるで負担をかけます。
素眠りは、交換や積みのチャンスを与えてしまうとマイナス評価のイメージが強いですが、一度使うと価値観が変わる強さがあります。

グロウパンチ+すてみタックル メガガルーラ

メガガルーラ
▶︎育成論
技:すてみタックル/ねこだまし/ふいうち/グロウパンチ
努力値:H209(228) A184(180) B130(76) D121(4) S123(20)
性格:いじっぱり
持ち物:メガストーン
特性:肝っ玉→親子愛
(参考:ハイブリッドガルーラ)

最近は、この型のガルーラしか見なくなったといっても過言でもない位増えました。
努力値は有名なHP209メガガルーラの配分になっています。

HP調整は、後出しで出てくるゴツメクレセリアに勝つためのグロウ捨て身を意識してHP203以上が主流です。
「グロウパンチ」で抜き性能を高め、一貫性のある「すてみタックル」でクレセリア・カバルドン・スイクンなどのメジャーな物理受けが吹き飛ぶ。
少ないHPでも、「ふいうち」で相手に負担をかける 対面性能の高さが売りです。
こいつの存在のせいで、オボンをもたせた耐久ポケモンも増えました

メガシンカでSを確保するための「ねこだまし」持ちが最近の主流。
メガガルーラミラーでは、S調整がキモになるため HPに多く振るメガガルーラはメガガルーラ対面では交代することが多いです。

また、採用率は全体の15%程度ですがジワジワ増えているのがれいとうビーム持ちの両刀メガガルーラです。
接触ダメージを期待して出てくるガブリアス・霊獣ランドロスを意識した個体です。

バトンバシャーモ

バシャーモ
バトンタッチはシーズン11では20%程度まで上昇しました。
バトンバシャーモにも、弱点保険バトン型とバトンタッチは添えるだけ型の2種類います。

▶︎弱点保険バトン型
技:ビルドアップ/まもる/バトンタッチ/ほえる
努力値:HP:252 /防御:148 /素早さ:108
性格:腕白
持ち物:弱点保険

ビルドアップで、攻撃・防御を上げて 弱点保険の発動を狙います。
守る1回で、最速ガブリアス抜き。
一緒に採用されることのポケモンは、アシストパワー持ち(ピクシー・エーフィ)、メガガルーラ。

▶︎バトンタッチは添えるだけ型
技:とびひざげり/フレアドライブ/まもる/バトンタッチ/
努力値:攻撃:252/特防:4/素早:252
性格:陽気
持ち物:命の珠

交代のかわりに、バトンタッチを選択する型。
相手の交代を見てから行動できるため、有利対面を維持しやすい。
メガガルーラ軸のPTに強いため、採用率がうなぎのぼり。

ピクシー

ピクシー
▶︎育成論
技:アシストパワー/ちいさくなる/めいそう/ねむる
努力値:HP:244/防御:228/素早:36
性格:図太い
持ち物:アッキのみ
特性:天然

シングル厨のつどいの決勝戦が、ピクシーVSピクシーということで話題にもなりました。
シーズン11の上位の構築にピクシーがよく入っていたこと、ボルトガブガルというよくいる構築に強い積み構築に強いことから個体数を伸ばしています。

バトンビルドバシャーモからの、小さくなる+めいそう+アシストパワーが非常に強力です。
硬いし、避けるし、火力もある化け物です。

こいつのせいで、吠える持ちが増えた。

スカーフゲッコウガ

oras_ゲッコウガ
▶︎育成論
技:なみのり/冷凍ビーム/悪の波動/とんぼがえり
努力値:攻撃:12 / 特攻:252 / 素早:244
性格:むじゃき(素早↑ 特防↓)
持ち物:こだわりスカーフ
特性:変幻自在
(詳細:スカーフゲッコウガ
こだわりスカーフ持ちのガブリアス、霊獣ランドロス、一舞最速メガボーマンダを上から殴れるという鬼の素早さを持つのがスカーフゲッコウガ。
スカーフの採用率は5%程度ですが、今後個体数が増えるのでは?と感じてるポケモンの1匹です。

主に入る構築は、積み構築です。
スカーフガブリアスなどのポケモンを誘いやすいため、補完枠として採用率が増えています。

 - 流行ポケモン , ,

  関連記事

oras_ゲッコウガ
起点ポケモンを駆逐するためのラム持ちゲッコウガ育成論【流行】

ラム持ちゲッコウガ 育成論 概要 化身ボルトロス、欠伸カバルドン、はたまた、気合 …

レンカイ
九尾杯のKP上位を意識したスカーフワルビアル育成論

はじめに 先日行われた某大会にて、KP上位パーティがあまりに被りすぎていることを …

ウルガモス
ウルガモスに「気合の襷」を採用するプレイヤーが増えた3つの理由【流行】

ウルガモスに「気合の襷」を採用するプレイヤーが増えた3つの理由【流行】 一昔前の …

スクリーンショット 2015-09-19 14.04.37
シーズン11レート2000超えの構築から選んだ期待のポケモン9選

シーズン11レート2000超えの構築から選んだ期待のポケモン10選 シーズン11 …

oras_メガゲンガー
たたりめ・おにびが増えるかも メガゲンガー・ゲンガーの流行【シーズン7・ORAS】

メガゲンガー・ゲンガー 傾向 ①特殊アタッカー(CSベース)としてのメガゲンガー …

霊獣ランドロス
ステロ展開専用:大爆発ランドロス(霊獣)育成論【流行】

不利対面に強い、大爆発ランドロス(霊獣)育成論 霊獣ランドロスに「大爆発」の採用 …

ポケモンoras
新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編

新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編 導入 WCSも終わり、現 …

oras_ゲッコウガ
スカーフゲッコウガ育成論:スカーフガブリアス・積みポケキラー【流行】

スカーフゲッコウガ 育成論 概要 シーズン11で個体数が増えている こだわりスカ …

oras_ナットレイ
【ORAS】メガバシャーモ・サンダー・ナットレイ構築【バシャサンダーナット】

バシャサンダーナット構築 運用方法 ①サンダー・ナットレイで相手をけずる ②メガ …

化身ボルトロス
悪巧み搭載 穏やか耐久ボルトロス(化身)育成論【流行】

悪巧み搭載 穏やかボルトロス(化身)育成論 概要 シーズン10のレート上位陣のパ …