ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

挑発持ち毒守ヒードラン育成論:ねむねごスイクン対策【流行】

      2015/08/28

挑発持ち毒守ヒードラン育成論 概要

ヒードラン
耐久ポケモンに対して、マグマストームを打ち込み 相手をロック。
そのあと、挑発を挟みつつ 「どくどく」+「まもる」で相手を突破できる 頼もしいヒードランを紹介。

この型の良いところは、後出しに投げられる「スイクン」「ラッキー」などの高耐久ポケモンに強いところ。
「どくどく」+「まもる」を「ねむる」で対応することで防ごうとするプレイヤーも多いですが、挑発持ちのヒードランなら怖くもありません。

役割としては、特殊流しになります。

せっかく、ヒードランで猛毒状態にしたのに 眠るで回復された上に
瞑想で起点にされ、お手上げになった

という経験がある人におすすめなポケモンです。

ヒードランの運用方法

ヒードランの技構成は、どくどく / まもる / ちょうはつ / マグマストームで確定とします。
動きの基本は、有利対面からのマグマストームをぶっ放す。
例外は小さくなるが読める、ラッキー・ピクシーなどには初手から「挑発」を撃ちます。

マグマストームのあとは、「どくどく」・「まもる」でHPを削ります。
眠るをしてきそうだと感じたタイミングで、「ちょうはつ」を撃ち相手を積ませます。

特殊受けとしてどれくらい仕事ができるか見るために、特殊耐久をダメージ計算を通して見てみます。
(性格:おだやかで、特防補正。努力値振りは、HP:212 / 防御:4 / 特攻:4 / 特防:76 / 素早:212 のHSベースのヒードランで計算)

★★C4振りスイクン 熱湯
35.2%~43.5%
→どくどく+まもるで十分処理できるダメージ量です。

★★特攻特化水ロトム ハイドロポンプ
74.6%~88%
→一致抜群は耐えられない。

★★C4振りクレセリア サイコキネシス
8.2%~10.3%
→半減だとほとんどダメージが通らない。

★★無振りボルトロス(悪巧み搭耐久ボルトロス(化身)想定)の気合玉
46.6%~54.9%
(悪巧み1積み)91.1%~107.7%
無理wwwwwwwwwwwww

対面不利なポケモン

▶︎上から挑発を撃ってくるポケモン
HDアロー、ボルトロス(化身)などは対面だと厳しいです。
共にちょうはつを撃ってくるため、ヒードランの有効打がなくなります・・・。
HDアローを処理するには「大地のちから」が必要。
ボルトロス(化身)は気合玉の採用が増えている点がネック。

もしこの2体を意識するなら、性格:ひかえめにして火力の底上げが必要です。

▶︎ヒードランミラー
相手のヒードランに対して、有効な手がありません。

▶︎物理アタッカー全般
ヒードラン単体では機能しません。
後続に、相性補完に優れる クレセリア、エルフーン、ブリガロンが控えさせることでサイクル戦にもちこみやすくなるため ヒードランの強みが出やすくなります。

特徴

▶︎種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ヒードラン 91 90 106 130 106 77

合計種族値600族。
バランスの良い種族値が特徴。
素早さは激戦区のラインに立っているので、仮想敵をしっかり定めて振りたい。
目安としては、以下をあげます。

素早さの調整ライン

※以下は性格補正なしを想定しています。

103(44振り):準速ラッキー、S4振りギャラドス抜き
107(76振り):S4振り85族(クレセリア、スイクン、ヘラクロスなど)
113(124振り):準速60族(ギルガルドなど)、最速50族(マリルリ、ラッキーなど)抜き
124(212振り):最速60族(ギルガルドなど) 準速メガバンギラス 抜き
129(252振り):準速

特性

もらいび
▶︎炎を受けると炎技の威力が1.5倍になる。
ファイアローとの対面が安定し、鬼火読みでも後出しできる。

どくどく / まもる / ちょうはつ / マグマストーム
▶︎マグマストームのデメリット
命中率75、最大PP8と少ないため TODに持ち込まれるとしんどいです。
S振りのまもる+みがわりをしてくる「ギルガルド」「ライコウ」などに起点にされることも。

性格

おだやか
▶︎役割対象である、耐久ポケモンへの役割遂行が安定するために特防に補正をかける。
ちょうはつ・どくどく・まもると居座りが前提のポケモンだからこそ耐久を大切にした。

もちもの

たべのこし

努力値

HP:212 / 防御:4 / 特攻:4 / 特防:76 / 素早:212
実数値:193-X-127-151-149-124

▶︎HP:16N+1
たべのこし回復量を意識
▶︎特防:余り
▶︎素早:最速60族(ギルガルドなど)抜き
毒守ギルガルドを意識

身代わり+まもる搭載のHSヒードランとの違いは?

今回のおだやかヒードランと似たようなポケモンは、身代わり・まもる・どくどくで戦うおくびょうヒードランでしょう。

耐久ポケモンの処理性能をみると、身代わり持ちのヒードランの方 詰ませる性能が高いです。
しかし、おだやかヒードランの特徴は’スイクン’への役割性能
ヒードランに対して、ねむる持ちのスイクンを後出しするプレイヤーは非常に多く 毒守型の弱点でもあります。
そこで、スイクンを絶対殺すマンになるべく誕生したのが穏やかヒードランです。
マグマストームでスイクンを対面固定し、挑発で補助技をさせる隙を与えません。

参考になる動画

ねむねご使いとして、巷に話題になっているランドセルさんの動画の1戦目にて、

スイクン(ランドセルさん) VS ヒードラン(相手)

の理想的な対面が。
スイクンがねむるを行おうとしますが、挑発により技が出せなくなります。

相性のいいポケモン

ヒードランは、サイクル戦に光るポケモンです。
サイクルを回すために必要なポケモンを列挙してみました。

①とんぼルチェンできるポケモン

ヒードランは有利対面からの展開が強みのポケモンです。
耐久ポケモンへの有利対面を作れる、「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」を覚えるポケモンがおすすめ

具体的には、メガライボルト、霊獣ランドロス、水ロトム、ボルトロス(化身)などが相性補完もいいので選ばれることが多い。

②ヒードランと相性補完に優れるポケモン

ヒードランのタイプ相性は、

ばつぐん(4倍) じめん
ばつぐん(2倍) みず/かくとう

いまひとつ(1/2) ノーマル/ひこう/エスパー/ドラゴン
いまひとつ(1/4) くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
こうかなし どく

となっています。
4倍弱点(地面)、2倍弱点(水・格闘)に耐性があるポケモンが好まれます。
よくヒードランと一緒に採用されるポケモンは、クレセリア・ブリガロン・エルフーン・霊獣ランドロス・ギャラドス・メガボーマンダ・ジャローダといったところ。

 - 流行ポケモン, 育成論 , , ,

  関連記事

カイリュー
火力は命より重い!カイリュー流行【シーズン7・ORAS】

カイリュー 流行 ・特性:マルチスケイルで不一致4倍弱点でも耐える耐久力 ・優先 …

化身ボルトロス
オボン持ち化身ボルトロスの構築が増えている 3つの理由

オボン持ち化身ボルトロスの構築が増えている 3つの理由 ボルトロス=命の球の時 …

メガメタグロス
【ダブル】みがわり搭載したメガメタグロス育成論〜もう、5世代の亡霊とは言わせない!

育成論概要 ORASになってメガシンカを得たメタグロスは非常に高い耐久値に加えて …

oras_メガゲンガー
祟り目メガゲンガー軸の構築の対策が容易でない 4つの理由【流行】

メガゲンガー軸の構築の対策が容易でない 4つの理由 S11後半から個体数を伸ばす …

カバルドン
ゴツゴツメットカバルドン育成論

カバルドン 育成論 概要 特性 すなおこし 技 じしん / がんせきふうじ / …

スイクン
もんディー先生に学ぶ。身代わり搭載 食べ残しスイクン育成論【ORAS】

身代わり搭載S振り食べ残しスイクン育成論 こんにちはもんディーです。 今回はHS …

レンカイ
レート1600〜1750帯で出会った面白いポケモン

はじめに サブロム・サブDSを購入し、ガチパでレートに潜り始めました。 まだ調整 …

メガヤミラミ
受けループ対策 メガヤミラミ育成論【ORAS】

メガヤミラミ 育成論 概要 マジックミラーのメガヤミラミは、害悪戦法に耐性があり …

スイクン
おいかぜで自分のペースを作るスイクン育成論【ダブル】

育成論概要 単みずタイプという優秀な耐性を持つスイクン。それに加えて耐久種族値も …

スイクン
ねむカゴ瞑想スイクン育成論レート使用率四天王に強いぞ!【ORAS】

スイクン 育成論 概要 特性 プレッシャー 技 ねっとう / れいとうビーム / …