ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

ファイアローをメタるめざ岩搭載 襷ジャローダ育成論

      2015/08/10

めざ岩搭載襷ジャローダ育成論

ジャローダ
こんにちはもんディーです。今回はジャローダについて考察したいと思います。

ジャローダについて

通常リフストは撃つと特攻が2段階下がりますがジャローダは隠れ特性の天邪鬼により能力変化が逆転しリフストを撃つたびにCがどんどん上がっていく化け物となります。

隠れ特性が解禁された当初はその攻撃性能を活かすため珠や襷持ちのアタッカーが主流でしたがシーズンを追うごとにゴツメが増加し、いまでは4割がゴツメ持ちで採用率は1位です。
ゴツメジャローダはHSに努力値を割きリフレクターを先制で張ることでガルーラを受け倒せるというのが強みです。

私自身もゴツメ持ちが強いと聞いて使ってみました。

しかし、環境は移り変わるもので特殊ガルーラに返り討ちにあったり、ジャローダ=ゴツメのイメージが定着してしまったようでガルーラ対面で交換される場面が多く上手く機能しませんでした。
そこで受けに来たポケモンを返り討ちにするためにアタッカーにした型を使いました。
有利対面を作りリフストを撃ち受けに来たポケモンをサブウェポンで突破していくのが基本的な流れです。

ジャローダの型

持ち物 気合の襷
性格 臆病(S↑A↓)
特性 天邪鬼
個体値 V-0-U-V-U-U (めざ岩)
努力値 C252 D8 S248
技構成 リーフストーム/目覚めるパワー岩/竜の波動/蛇睨み

襷で1耐えできるので耐久に振らずCSぶっぱしダウンロード対策に余りをDに振ります。

個体値の都合上最速にできないので最速メガルカリオと同速になっていますがそもそも有効打がないのでそこまで問題はないでしょう。Sに補正をかけることで最速化身ボルトを抜けるようになります。

ダメ計

リーフストーム

無振りガブ 49.1%〜57.9% 乱2(96.5%)
H4ガルーラ 51.3%〜61.3% 確2
H252クレセ 27.7%〜33% 確4
メジャーなポケモンへの与ダメです。おおまかな火力の目安として下さい。

なぜ襷なのか?

後出ししてきたアローを狩るためです。
ジャローダに対してアローを後出ししてくる人は多いです。
最近増加したラム持ちHDアローは蛇睨みを1回なら無効にできるためよく後出しされます。

HD特化したアローでもリフスト+C2↑めざ岩で確定で倒すことができます。無振りブレバは確定耐えしますがアタッカーのアローに後出しされた場合も対処できるよう襷を持たせます。
とんぼ返りをされた場面アローが準速だとこちらの方が速いのでめざ岩で倒すことができます。
また、1回は行動できるのでSの上がった積みアタッカーや速いポケモンに麻痺をいれるストッパーとしても使えます。

珠だと1度攻撃すると道具が割れアタッカーだとバレてしまいサブウェポンを警戒されるので奇襲性能に欠けてしまいます。

なぜめざ岩なのか?

ファイアロー
めざパはサブウェポンに乏しいジャローダにリフストと合わせて範囲を広げるために採用されます。

リフストを1/4倍で受けられるポケモンは必ず4倍弱点を持つためそれを突けるめざパが採用されます。

ジャローダに採用されるめざパは主に炎、地、岩があり、それぞれ役割対象が異なります。炎ならナットやハッサムその他の鋼タイプ、地面ならドランやその他鋼タイプに打点を持てるようになります。鋼への打点がなくなりますが今回はめざ岩を採用します。

めざ岩を採用することで受けに来たファイアロー、対面したウルガモスやCS化身ボルトロスに勝てるようになります。
アローやガモスは舞われると厄介なのでそれを処理できるのは大きいです。ナットやドランに弱くなりますがその2体なら積み技はないので比較的容易に後出しから処理できます。

PGLの使用率をみてもナットやドランよりアローの方が明らかに数が多いのでめざ岩が活きる場面も多いです。実際めざ炎個体も使ってみたのですが撃つ機会は少なかったです。
また岩技はジャローダの弱点である炎、氷、飛、虫、毒のうち毒以外の4タイプに弱点を突くことができるので一致弱点を突きにくるポケモンを返り討ちにできます。
体感ですがめざパ採用してるジャローダはめざ炎ばかりでめざ岩は読まれにくいです。

ダメ計

C2↑めざ岩

H252ウルガモス 乱1(81.3%)
HD特化アロー 乱1(62.5%)
H4ボルト 74.8%〜89% 確2

リフスト

H252ウルガモス 9.8%〜11.4%
HD特化アロー 9.1%〜11.3%
H4ボルト 29.6%〜35.4%

リフスト+C2↑めざ岩でH252ガモス、HD特化アロー、H4ボルトを確定で倒すことができます。

竜の波動について

サザンドラ
範囲拡大のために採用します。
また、草技以外で命中率が100で威力が1番高く安定した打点になります。

ジャローダは攻撃技に乏しくリフスト、めざパ、竜波くらいしか有用な特殊技を覚えません。
主に竜波はマンダ、カイリュー、サザンに撃ちます。ガブにはリフストの方が入ります。

特殊はガモスで物理はマンダで起点にしていくような構築に強くなります。マンダは蛇睨みを嫌い、カイリューはラム持ちでもマルスケを潰すのを嫌ってジャローダを受けにくることは少ないですが死に出しや対面からなら居座ることは多いので返り討ちにできます。

ダメ計

C2↑竜の波動

H4カイリュー 81.4%〜97% 確2
H4メガボーマンダ 乱1(18.8%)
無振りサザンドラ 乱1(31.3%)

リーフストーム

H4カイリュー 11.3%〜13.7%
H4メガボーマンダ 12.2%〜14.6%
無振りサザンドラ 21.5%〜30.5%

リフスト+C2↑竜波でH4メガマンダ、無振りサザンは確定でH4カイリューはマルスケ考慮で2割程度の低乱数で倒すことができます。

蛇睨みについて

上記の3つの攻撃技は攻撃範囲を広くするために確定です。

残りは蛇睨みを採用することでタスキと合わせて高速アタッカーのストッパーとして使えます。

私が実際に使ったのは蛇睨みだけなのでなんとも言えませんがパーティによってはミラーコートや挑発にしてもいいかもしれません。

終わりに

天邪鬼アタッカーは以前カラマネロを使ったことがありますがSや火力や技範囲を含めるとジャローダの方が明らかに強かったです。
アタッカーのジャローダ是非使ってみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事は、もんディーさんに書いて頂きました。
この記事を気に入った人は、フォローするといいかも?

 - 育成論 ,

  関連記事

バシャーモ
いのちのたまバシャーモ育成論:霊獣ランドも、メガガルも、バレルも上から瞬殺【ダブルバトル】

育成論概要 特性かそくを持つおかげで常に相手のよりも先に攻撃を仕掛けることの出来 …

メガガルーラ
意地っ張りメガガルーラ:汎用アタッカー育成論【ORAS】

メガガルーラ 育成論 概要 ORASの環境を考慮した最も汎用性の高いメガガルーラ …

スイクン
ねむカゴ瞑想スイクン育成論レート使用率四天王に強いぞ!【ORAS】

スイクン 育成論 概要 特性 プレッシャー 技 ねっとう / れいとうビーム / …

メガラティアス
【ORAS】メガラティアス テンプレ育成論【おくびょう・CSベース】

メガラティアス 育成論 概要 技 サイコキネシス/なみのり/りゅうせいぐん/10 …

スイクン
こごえるかぜスイクン育成論:S操作が環境にマッチする【流行】

こごえるかぜスイクン 育成論 概要 高い物理耐久を誇るスイクンは、ゴツゴツメット …

メガスピアー
とどめばり→ミサイルばりのW針コンボでロマン溢れるメガスピアー育成論

メガスピアーはロマンの塊 『一番ロマン虫ポケモンは?』とポケモンのむしとりしょう …

ミロカロス
特性かちきで相手の霊獣ランドロスを狩るミロカロス【ダブルバトル】

特性かちき ミロカロス育成論概要 現環境のダブルバトルにおいて猛威を振るっている …

oras_メガミミロップ
ねこだましメガミミロップ育成論【ORAS】

育成論の概要 持ち物 対応メガストーン 特性 きもったま 性格 ようき(特攻:↓ …

ローブシン
とつげきチョッキローブシン育成論:威嚇が入っても霊獣ランドをワンパン【ダブルバトル】

とつげきチョッキローブシン育成論概要 6世代になってからフェアリータイプのポケモ …

ウルガモス
めざ氷搭載 ウルガモス育成論【ギルガルドを起点に ORAS】

ウルガモス 育成論 概要 特性 ほのおのからだ ※直接攻撃を受けると、30%の確 …