ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

初手TOD対策〜オニゴーリで勝利するために〜

      2015/07/28

始めに

レンカイです。
先日、ツイッター上で『初手TOD』に関する話題が散見されました。

初手TODとはオニゴーリを始めとする能力上昇する害悪入りの構築に仕掛けていき、十分な能力上昇をさせる前にTODに持ち込んでしまおうという戦術です。

現環境、ほとんどのオニゴーリは麻痺撒き要員(ボルトロス、ジャローダ)を捨て、死に出しからの登場となります。
そのためオニゴーリ側は常に頭数での不利を強いられることになるので、この初手TODは有効だと言えるでしょう。
(オススメ記事:元オニゴリスト レンカイが教える:特性:ムラっけの極意)

そんな初手TODですが、この記事ではオニゴーリの視点から立ち回りを考えていこうと思います。
オニゴーリを使いたいと考えている方には、きっちり初手TODへの対抗手段を知っておいていただきたいです。

オニゴーリがお嫌いな方も、オニゴリスト側の思考を知っていただくことで、更なる対策を考えるヒントになるかもしれません。

初手TOD対策の例

早速TOD対策を載せていきたいところですが、その前に。
オニゴーリを使う以上、初手TODされるのは当然と考えてください。
決して相手を批判してはいけません。
批判するぐらいなら以下の対策を施しましょう。オニゴリストとしての約束です!

スクリーンショット 2015-07-26 0.04.19

さて、私が提唱するTOD対策はふたつあります。

対策案その1。『後攻とんボルによる起点作り』

相手を麻痺させるのではなく、下からとんボルを打ち込むことでオニゴーリの無償光臨を狙います。
こうすることで頭数を3匹残したまま積み始めることができるので、初手TODに対してある程度強くなれるでしょう。

ちなみにムラっけという特性は、とんボルで場に出たターンから発動します。次に守るを使うとすれば、最低でも2回も試行回数が稼げますね。もし能力の引きが悪ければ、もう一度とんボル役に引っ込めて同じことを繰り返します。

この手法の短所としては、クッション役が消耗してしまうので、相手を1匹も落とせないとやはりTOD負けしてしまう点が挙げられます。
相手のパーティを見て、オニゴーリで相手を倒せそうになければ、いっそオニゴーリを出さないほうが良さそうです。

対策案その2。『初手オニゴーリ』

頭数を減らしてはいけない。クッション役を消耗させてもいけない。

だったら初手オニゴーリで運ゲしてやろう、という発想です。
ネタだろうと思われるかもしれませんが、TOD環境においては十二分に有力な選択肢だと私は確信しています。

最悪、ムラっけの引きが悪かった場合でも、裏のとんボル役に引っ込めることで対策案その1『後攻とんボルによる起点作り』に移行することもできるでしょう。

この手法の短所は明白で、オニゴーリより早そうな高火力ポケモンがいたら不可能な戦法であり、そもそも起点を作っていないため安定感も皆無です。

これらふたつの対策に共通するのは、麻痺に頼らないこと。そして頭数を3匹から減らさないこと。

ジャロゴーリ、ボルトゴーリは結果を出している有力な構築ですが、やはり先発の起点役を捨ててしまう考えでは初手TODに対抗することは難しいでしょう。

逆に私の提唱するふたつの対策が使えるよう、後攻とんボルを中核としたパーティ構築にすることで、TODに屈しない楽しいオニゴリズム・ライフを送ることができます。

もう気付かれているかと思いますが……TOD対策のためには、パーティの構想そのものから考える必要があります。

先発で麻痺撒きに特化するのではなく、後攻とんボルで戦えるように。

もちろんTODを度外視するならば、ジャロゴーリやボルトゴーリを使ったほうが強いと私は考えます。
麻痺させたほうが絶対安全にまもみができますからね。

ただレートに潜るならTODは決して無視できません。
初手TODに困っているなら、構築段階から見直してみてはいかがでしょうか。

最後に

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!

『TOD対策だけでパーティ自体を変えるぐらいなら、レートでオニゴーリを使う意味って無いんじゃないですか?』

はい。手軽に勝ちたいだけなら、他の構築がいくらでもあります。

今オニゴーリを使っている方は、ただオニゴーリのことを愛しているからパーティから外せないんじゃないかなって思います。個人的な意見ですが。

余談ですが私は彼が好きすぎて、無意識にこんな画像を作ってました。

スクリーンショット 2015-07-26 0.04.31

何やってんだろう……。

レンカイさんの記事一覧はこちら

この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

 - 強ポケ対策 , , ,

  関連記事

oras_メガボーマンダ
メガボーマンダ対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

メガボーマンダ特徴 アホみたいな火力がでる+特性:威嚇によりガブリアスよりも物理 …

メガサーナイト
メガサーナイト対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

メガサーナイト特徴 型分布の流行 メガサーナイトは全体の65%程度です。 パーテ …

ピクシー
ピクシー対策できる5つのオススメの方法とポケモン【ORAS】

ピクシー 特徴 役割 ・ちいさくなる積みアタッカー →ちいさくなる+めいそうから …

マリルリ
マリルリ対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

マリルリ 特徴 役割・構築などの流行 ・メガゲンポリ2+マリルリ構築 メガゲンガ …

メガメタグロス
メガメタグロス対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

メガメタグロス特徴 対策は容易で、一般的な物理アタッカーと同じ処理方法で大丈夫。 …

クレッフィ
クレッフィ対策にオススメのポケモンと方法【ORAS】

クレッフィ特徴 役割・構築などの流行 ・特性:いたずらごころが強力。 →いばる+ …

oras_ポリゴン2
ポリゴン2 対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

ポリゴン2 特徴 しんかのきせきを持たせた物理受けが多いです。 特性:トレース+ …

メガハッサム
メガハッサム対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

メガハッサム 特徴 4倍弱点の炎で殴れば倒せると言えばそれまでですが、メガハッサ …

メガリザードンX
メガリザードンX対策にオススメの9つの方法とポケモン【ORAS】

メガリザードンX 特徴 リザードン全体の中で、Xが40% Yが60%と少し数では …

メガヤミラミ
メガヤミラミ対策にオススメの方法とポケモン【ORAS】

メガヤミラミ特徴 メガヤミラミの使用感をしりたい場合は、メガヤミラミの前では害悪 …