ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

起点ポケモンを駆逐するためのラム持ちゲッコウガ育成論【流行】

      2015/07/19

ラム持ちゲッコウガ 育成論 概要

oras_ゲッコウガ
化身ボルトロス、欠伸カバルドン、はたまた、気合の襷ナットレイなど様々な起点作りのポケモンが増え続けています。
そんな中、採用率が上がっているアイテムがあります。
それは、ラムのみです。
ガブリアス、バシャーモ、ギルガルドなどのアタッカーが状態異常をチャンスに変えるために採用を増やしています。
その中でも、ゲッコウガは 電磁波撒きでもっとも多い 化身ボルトロスをカモにできるとレート界隈では噂になっています
あらゆる状態異常をラムで向こうにしつつ、耐久ポケモンを確2で倒せる火力の持ちゲッコウガは耐久キラーという二つ名を与えても良いのではないでしょうか?

ちなみに、ゲッコウガのラムのみの採用率も増加傾向でして
▶︎シーズン8
0.9%
▶︎シーズン9
2.6%
▶︎シーズン10
5.1%

とシーズンを追うごとに、増加傾向です。
増加の理由は単純明快で、電磁波撒きが増えたからです。
命の球をもたせて火力アップさせるゲッコウガに慣れているプレイヤーは、アタッカーとして採用する場合火力不足に感じるかもしれません。
一方、耐久ポケモンに強い補完枠として採用すると考えると非常に頼もしいポケモンに早変わり。
初手に出てくる ガブリアス・カバルドン・クレセリア・ボルトロスなどの起点作りのポケモンを相手に器用に動くことができます。ゲッコウガが電磁波を打たれても、無傷で耐久ポケモンを突破できるのがとても心強いですね。

特徴

▶︎種族値

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ゲッコウガ 72 95 67 103 71 122

種族値的には、特攻・素早が非常に高い数字を誇ります。
火力アップアイテムを持たせれば、物理でも戦えますが、ラムの場合は火力不足を感じる。
よって、特殊一本に絞ります

▶︎タイプ(水・悪)
特性:へんげんじざい が発動する前のタイプ相性は以下の通りです。
技を発動後は、変幻自在が適応されます。

ばつぐん(4倍) —
ばつぐん(2倍) むし/でんき/かくとう/くさ/フェアリー
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/こおり/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4) —
こうかなし エスパー

特性

へんげんじざい
※出した技と同じタイプに変化する。

れいとうビーム /

▶︎れいとうビーム
無振りボルトロス:102.5%~122%
HP252振りボルトロス:84.9%~101% 乱数1発 (12.5%)
特防特化ボルトロス:59.1%~70.9%

HP252振りサンダー:73%~86.2%

無振りガブリアス:166.1%~196.7%

特防特化カバルドン:53.9%~65.1%

※ダントツで使用率の高い技。
無振りボルトロスなら、確1ですが耐久振りの場合は確2です。
HP252振りボルトロスなら、かげうちで突破できる。

▶︎あくのはどう
HP252振りクレセリア:42.2%~50.2%

HP252振りメガゲンガー:73%~87.4%

※対クレセリア、ゲンガー戦を意識して採用します。

▶︎かげうち
HP252振りボルトロス:16.1%~19.3%
防御特化ボルトロス:11.2%~13.4%

HP252振りメガゲンガー:32.3%~39.5%

無振りキノガッサ: 20%~24.4%

一発目の攻撃で仕留め損なった、メガゲンガー、ボルトロスをブチ殺す。
HDボルトは無理なので、冷凍ビームを2発打ちましょう。

キノガッサのマッハパンチを避けつつ、冷凍ビームというロマンも。キノコの胞子はラムで無効です。

▶︎ハイドロポンプ
HP252振りヒードラン:76.7%~91.9%

HP252振りバンギラス:52.1%~61.8%

特防特化カバルドン:66.9%~79%

ヒードラン、バンギラスをブチ殺す。
クレセリアとよく一緒にいるヒードラン、電磁波で起点を作るバンギラスを許さない。

性格

むじゃき(素早↑ 特防↓)

もちもの

ラムのみ

努力値

攻撃:4 / 特攻:252 / 素早:252
実数値:147-116-87-155-81-191

素早さ実数値191は、最速120族抜き抜きです。
素早さは、最速120族(メガボーマンダ、ジュカインなど)意識です。
起点ポケモン→積みポケモン(メガボーマンダなど)を意識して最速安定です。

なお、めざ炎を採用する場合は 素早さ実数値は190になります。

起点ポケモンとの対面を想定

VS 化身ボルトロス

化身ボルトロス
特防特化ボルトロス以外なら、れいとうビーム+かげうちで突破できます。

ゲッコウガの方が素早さが上のこともあり、対面では初手電磁波率が非常に高く ラムのみゲッコウガのカモです。
特防特化でも、れいとうビーム2発で突破できるため問題ありませんが、電磁波を2回食らうので麻痺になってしまいます。

VS ジャローダ

ジャローダ
HP252振りジャローダに対して、れいとうビームが75.8%~90.1%のダメージ量。
ジャローダの方が素早さが遅いこともあり、初手電磁波率が非常に高いです。
ジャローダもカモです。

VS クレセリア

oras_クレセリア
あくのはどう2発+かげうちで確定で倒せます。
あくのはどうは、20%の確率で相手をひるませることができるので 2回のうち1回 怯む確率は36%あります。

一緒に採用されやすいヒードランも、ハイドロポンプがあれば一緒に倒せます

欠伸ループ系

カバルドン
あくびで眠らないため、3連続で攻撃できます。
あくび系で多いポケモンは、カバルドン・ラグラージ・ニャオニクス・ユクシーなどは ハイドロポンプ、あくのはどうを同時採用することで全て見れます。

VS ガブリアス

oras_ガブリアス
ゲッコウガの襷を警戒して、岩石封じをしてくれると非常に美味しくいただけます。
スカーフ持ちのガブリアスは振りなので、対面したら襷型でないと勝てないですし運がなかったと諦めましょう。

VS 特防特化クレッフィ

クレッフィ
特防特化クレッフィに対して、ハイドロポンプは39%~46.3%のダメージ量です。
身代わりを破壊する火力はありますが、電磁波+いばるの運ゲに付き合う必要があります。
めざ炎を採用する場合は、41.4%~51.2% 乱数2発 (2.7%)になるため 仮想敵に入ります。
最近は、電磁波+ステロで起点を作る気合の襷ナットレイも増えているので、めざ炎も十分ありです。

VS メガフシギバナ

メガフシギバナ
メガフシギバナを仮想敵に入れる場合、神通力を採用する必要があります。
メガフシギバナの採用自体が下火なので、神通力の採用価値は低いです。

運用方法

相手の選出の段階で、状態異常で起点を作るポケモンの匂いを察知したら選出しましょう。
具体的には、クレセリア、ボルトロス、クレッフィ、ニャオニクス、カバルドンなどです。

こいつらにピッときたら、基本先発で投げて負担をかけていきましょう。
また、ゲッコウガの攻撃範囲は非常に広いため 状態異常系を撒く系のポケモン全般に強いです。

採用されるパーティーは、’最近 積み構築に負ける’と感じるすべてのパーティーです。
相手の起点作りのポケモンをうまく潰せる+ゲッコウガが多くの積みエースより素早さが早いため、起点ポケ+エース両方に負荷をかけれます。

一方、ネックは火力不足。壁張りポケモンの起点になりやすい。さらに、珠持ちと異なりカイリューやサンダーが確定にならないため 逆に倒されてしまうことも。
※無振りカイリュー(マルスケ込み)への冷凍B:80.7%~95.1%
※HP252振りサンダーへの冷凍B:73%~86.2%

 - 流行ポケモン, 育成論 ,

  関連記事

ファイアロー
型の多様化で対策が難しい ファイアローの流行【ORAS・シーズン7】

ファイアローの傾向 ①ファイアロー 型の多様化 ファイアローのイメージとして、鉢 …

ニンフィア
スタン構築に入るこだわりメガネニンフィア育成論【ダブルバトル・ORAS】

ニンフィア育成論概要 6世代から初登場したイーブイズの一匹であるニンフィア。 フ …

キノガッサ
【ORAS】ゲッコウガ??マッハパンチでワンパン余裕なキノガッサ育成論

キノガッサ 育成論 概要 特性 テクニシャン ※威力60以下の技の威力が1.5倍 …

ブラッキー
いやしのすずで状態異常に強い! どくどく撒きブラッキー育成論【ORAS】

どくどく撒きブラッキー 育成論 概要 ちょっと柔らかい、クレセリアといったイメー …

キングドラ
雨パ構築論と高耐久キングドラの調整【ダブルバトル】

雨構築を使う理由とは 全国ダブルではなりをひそめた雨構築ですが、メガリザードンが …

oras_ゲッコウガ
命の球持ち 特殊アタッカーゲッコウガ育成論【ORAS】

ゲッコウガ 育成論 概要 特性 へんげんじざい ※自分のタイプが技と同じタイプに …

マリルリ
対バンドリマンダ性能を高めた鉢巻ABマリルリ育成論

鉢巻マリルリ育成論 こんにちはもんディーです。今回はABベースで対物理性能を高め …

メガリザードンX
もんディー先生が教える:羽休め搭載 竜舞リザX育成論【ORAS】

羽休め搭載 竜舞リザX育成論 こんにちはもんディーです。今回は羽休めを搭載した竜 …

ドーブル
キングシールドで物理は何も怖くない・・。バトンタッチドーブル育成論【ORAS】

ドーブル 育成論 概要 あらゆるパーティで能力上昇→バトンタッチをしようと思うと …

ブルンゲル
物理受けブルンゲル :鬼火+祟り目でクレセガルーラ対策【ORAS】

ブルンゲル 育成論 概要 メガボーマンダ・ガブリアスなどの高火力持ちのポケモンを …