オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

ダブルバトル 育成論

メガリザYのソラビを耐え調整耐久重視の水ロトム育成論【ダブルバトル】

更新日:

メガリザYのソラビを耐え調整したおにびを撒く耐久重視のロトム水

水ロトム
ロトム水は特性ふゆうをもっており、また水・電気タイプという特有のタイプを持っています。
種族値においては他の水タイプや電気タイプなどには劣ってしまいがちですが、その耐性は弱点がマイナーなタイプの草タイプのみで非常に優秀です。

他の同じタイプのポケモンが覚えないおにびなども使うことができ、素早さもそれなりにあるため、こだわりスカーフを持たせて意地っ張りスカーフランドロスを抜く調整をしたり、その優秀な攻撃範囲を生かすためにこだわりメガネ持たせたり、様々な使い方をすることができる器用なポケモンだといえます。

今回はその優秀な耐性を生かすために耐久を重視して努力値を配分し、オボンのみをもたせることでメガガルーラの攻撃に対してもある程度強くなれるようにしました。

特性

ふゆう

10まんボルト/ハイドロポンプ/おにび/まもる

性格

おだやか

持ち物

オボンのみ

努力値

HP:252/防御:44/特攻:68/特防:132/素早さ:12
実数値:157-*-133-134-158-108
素早さは無振り86族+2調整。

運用方法

ロトムはその優秀な耐性生かして受け出しをしたり、相手の物理ポケモンに対しておにびを撒いたりする防御的なポケモンです。
一般的に攻撃の一貫性が生まれやすい水タイプの技と電気タイプの技も持っており、柔軟に立ち回ることが出来ます。

耐性は優秀ですが種族値が520と他のメジャーな電気タイプのポケモンと比べると低いため、メガガルーラなどから等倍の技を受けてしまうと予想以上に削られてしまう点は気をつけて立ち回らなければなりません。

火力が高いわけではないので役割としては相手を味方の攻撃で落とせる範囲に体力を削るか、物理主体のポケモンに対しておにびを使い、やけど状態にさせることで攻撃力を下げるかの2つになります。
ただし、霊獣ランドロス、ヒードランに対してはハイドロポンプで大きなダメージを与えることができるため、それらの相手には積極的に攻撃していくべきだと考えられます。

技の採用理由

技構成は10まんボルト/ハイドロポンプ/おにび/まもるとなっています。

10まんボルトはロトム水が覚える電気タイプの技の中では最も安定してダメージを与えることの出来る技です。

他に覚えることの出来る電気タイプの技の中ではほうでん/ボルトチェンジ/エレキネットなどがありますが単体として活躍をさせたいポケモンでもあるため、これらのトリッキーな技よりも安定した技を採用した方が役割を果たすことが出来ると考え、10まんボルトが採用されました。

ハイドロポンプロトム水が覚えることの出来る唯一の水タイプ技です。
命中率が80%と非常に低いですが攻撃技のタイプとしては非常に優秀であり、ロトム水を使う上では受けだしから優位を取ることのできる炎タイプのポケモンに対しては強くありたいのでこの技を採用しない選択肢はありませんでした。

おにびは5世代から6世代にかけて命中率が10%上がった技です。
しかし、それでも85%と低めの命中率ではありますが、やけど状態になったポケモンの物理攻撃の威力を1/2にすることが出来ます。
元々、耐性面において防御的であるロトム水とは非常に相性がいい技で多くの物理主体の技構成であるポケモンに対して有利を取れるため、今回の耐久を重視した型では採用しないべきではないでしょう。

まもるは他に採用したいと思える技が少なく、ロトム水に対する行動の制限を解くためにも必要であると考えられたため採用されました。
もし、構築にロトム水を採用する上で必要となる技があるならば、変えることも出来るかもしれませんが、基本的にはまもるを採用するのがベストだと考えられます。

火力

10まんボルト

H252スイクン
ダメージ: 102〜122
割合: 49.2%〜58.9%(高乱数2発)

H252メガリザードンY
ダメージ: 102〜122
割合: 55.1%〜65.9%

H4ファイアロー
ダメージ: 152〜182
割合: 98.7%〜118.1%(高乱数1発)

H4メガガルーラ
ダメージ: 58〜69
割合: 32%〜38.1%

H252ギルガルドのみがわり
ダメージ: 42〜49
割合: 102.4%〜119.5%

ハイドロポンプ

H4霊獣ランドロス
ダメージ: 168〜198
割合: 101.8%〜120%

H252ヒードラン
ダメージ: 134〜158
割合: 67.6%〜79.7%

H4エンテイ
ダメージ: 176〜210
割合: 92.1%〜109.9%(中乱数1発)

H252ロトム火
ダメージ: 134〜158
割合: 85.3%〜100.6%(低乱数1発)

耐久

物理耐久

A252意地メガクチートのじゃれつく
ダメージ: 132〜156
割合: 84%〜99.3%

A252意地メガガルーラのすてみタックル
合計ダメージ: 149〜176
合計割合: 94.8%〜112.0%(オボン込みで確定耐え)

A252意地霊獣ランドロスのいわなだれ
ダメージ: 34〜41
割合: 21.6%〜26.1%

特殊耐久

C252控えめメガリザードンYのソーラービーム
ダメージ: 134〜158
割合: 85.3%〜100.6%(最高乱数以外耐え)

C252控えめギルガルドのシャドーボール
ダメージ: 64〜76
割合: 40.7%〜48.4%

C252臆病ボルトロスの10まんボルト
ダメージ: 58〜69
割合: 36.9%〜43.9%

採用される構築

ロトム水はその耐性からヒードランや霊獣ランドロスなどが厳しい構築に採用されやすいです。
しかし、モロバレルに対して無力であるため、それらに強いポケモンが同じ構築ないに存在する必要があるでしょう。

またいかくのサポートも防御的なロトム水にとっては非常に相性がいいため、モロバレルを処理することの出来るメガボーマンダとは相性がいいとはいえるでしょう。
スタンダードの構築に採用された場合はヒードランやエンテイなど他のメンバーに炎タイプのポケモンのポケモンが採用される場合が多いと考えられます。

この記事は、地紋さんに書いて頂きました。
記事の記事のアイディア(書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

地紋さんの記事はこちらのリンク先でまとめました


-ダブルバトル, 育成論

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.