ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

いのちのたまバシャーモ育成論:霊獣ランドも、メガガルも、バレルも上から瞬殺【ダブルバトル】

      2015/07/01

育成論概要

バシャーモ
特性かそくを持つおかげで常に相手のよりも先に攻撃を仕掛けることの出来るバシャーモ。
今回はいのちのたまを持たせることで霊獣ランドロスやメガガルーラ、モロバレルといったようなメジャーなポケモンを一撃で倒せる調整を考えました。

特性

かそく

オーバーヒート/ばかぢから/めざめるパワー氷/まもる

性格

むじゃき

持ち物

いのちのたま

努力値

攻撃:28/防御:4/特攻:228/素早さ:248
実数値:155-144-91-159-81-144(S個体値:30)

運用方法

バシャーモは特性かそくのおかげで相手よりも先に攻撃することが出来るため、受け出しで出てきたポケモンに対しても抜群技を撃つことが出来る場面が多いです。

この受け出しを成立させない性質から基本的にはウインディやエンテイなどの防御的なのポケモンとは違い、非常に攻撃的な炎タイプポケモンとして使われます。
前述したとおり、メジャーなポケモンよりも早く、倒すことができるこの高圧的な火力がこのポケモンの大きな強みでしょう。

しかし、耐久値が非常に低いため、ダメージの与えづらい高耐久水タイプのポケモンなどのポケモンが苦手です。
大抵の攻撃で確定1発、2発で倒されしまうので他のポケモン以上に隣のポケモンと上手く補完を取ることが大切になるポケモンともいえるでしょう。

また、特性かそくによる素早さ上昇も強みであるポケモンなのですが、逆にでんじはやトリックルームを苦手とするポケモンであるといえます。

技の採用理由

技構成はオーバーヒート/ばかぢから/めざめるパワー氷/まもるとなっています。

まず最初に耐久値が低く、特性かそくを生かす必要があるバシャーモにとっては1ターンを稼ぐことのできる技であるまもるは切ることの出来ない技でしょう。

今回はいのちのたまを持たせたバシャーモであるため、出来る限りメジャーなポケモンの弱点を突き、倒すことの出来る技構成にしました。

オーバーヒートは命中不安定技ではありますが、特防に多く配分したモロバレルを一撃で倒すことの出来るその火力の高さから採用されました。
オーバーヒートを使った後、特殊攻撃のランクが2段階下がってしまいますが基本的に炎技が半減されることは少なく、スタンダード構築における炎技を受ける役割は基本的にヒードランであることが多いため、技が発動せずそのデメリットを受けることはありません。

またバシャーモはその耐久値から短命であるので場に長く居座ることが少なく、ランクダウンによる火力不足は起こりづらいと考えられます。

めざめるパワー氷は特に霊獣ランドロスを意識して採用された技です。
バシャーモは特性かそくで素早さランクが一段階上がると環境に多く存在しているスカーフ意地っ張り霊獣ランドロスを抜くことができます。
その強さを生かすためにめざめるパワー氷を採用することでスカーフ意地っ張り霊獣ランドロスを加速発動後に上から倒すことを可能にしました。

格闘技の選択

バシャーモを使う上で悩まされるのは格闘技の選択です。
ばかぢから以外の格闘技の選択肢としてはけたぐり/とびひざげりなどがあります。

けたぐりは攻撃をする相手のポケモンの体重にダメージ依存する技なのでフォルムチェンジしたロトムなどに対してダメージを与えることが難しく、メガガルーラに対するダメージ量が足りなかったため採用に至りませんでした。

とびひざげりは命中率が90%であり、まもるを使われた場合や技が外れてしまった時に反動ダメージを受けてしまう点から採用されませんでした。
火力という点では他の技よりも高いですが、重要なポケモンに対してのダメージ量としてはオーバーキルになってしまいます。

ばかぢからは命中率が100%である程度の火力を出すことの出来る技ですが、技を使用した後に攻撃と防御のランクが一段階下がるデメリットを持つ技です。
しかし、このバシャーモの技構成としては物理技がばかぢからのみであり、耐久値が元々低いバシャーモにとってランクダウンはあまり痛手にならず、他の格闘技と比べても安定して火力を出すことができるため、ばかぢからが採用されました。

火力

オーバーヒート

モロバレル
H252D196生意気モロバレル
ダメージ: 221〜265
割合: 100%〜119.9%

H252ギルガルド
ダメージ: 179〜213
割合: 107.1%〜127.5%

H252ボルトロス化身
ダメージ: 152〜179
割合: 81.7%〜96.2%

H252ニンフィア
ダメージ: 101〜121
割合: 50%〜59.9%

ばかぢから

メガガルーラ
H252メガガルーラ
ダメージ: 213〜252
割合: 100.4%〜118.8%

H252ヒードラン
ダメージ: 203〜242
割合: 102.5%〜122.2%

H252ロトム水
ダメージ: 99〜118
割合: 63%〜75.1%

めざめるパワー氷

霊獣ランドロス
H4霊獣ランドロス
ダメージ: 187〜224
割合: 113.3%〜135.7%

H4メガボーマンダ
ダメージ: 177〜208
割合: 103.5%〜121.6%

D4ガブリアス
ダメージ: 177〜213
割合: 96.7%〜116.3%(高乱数1発)

耐久

物理耐久

キリキザン
A252意地霊獣ランドロスのいわなだれ
ダメージ: 51〜60
割合: 32.9%〜38.7%(低乱数3発)

A252意地霊獣ランドロスのばかぢから
ダメージ: 107〜127
割合: 69%〜81.9%

A252意地キリキザンの球アイアンヘッド
ダメージ: 62〜74
割合: 40%〜47.7%

特殊耐久

水ロトム
C252控えめロトム火の10まんボルト
ダメージ: 109〜129
割合: 70.3%〜83.2%

C252控えめギルガルドのシャドーボール
ダメージ: 115〜136
割合: 74.1%〜87.7%

C252メガリザードンYのめざめるパワー地面
ダメージ: 130〜154
割合: 83.8%〜99.3%

採用される構築

バシャーモは非常に攻撃的なポケモンではありますが耐久が低いため受け出しが出来ないため、サイクルを回すようなスタンダードな構築に入りづらく、対面した相手に対して攻撃を仕掛け続ける構築との相性がいいです。

言い換えれば、隣のポケモンとの相性を特に意識した構築と相性がいいといえます。
バシャーモが苦手とする高耐久水や飛行タイプに対して強いボルトロスやサンダーなどの電気タイプなどとの相性は非常に良いです。
また、バシャーモに対していかくを入れてくる相手に対しても強いキリキザンも相性がいいといえます。
バシャーモは低耐久であるため相手の反撃を食らわずに倒しきる立ち回りがこのポケモンを使う上で重要になるでしょう。

この記事は、地紋さんに書いて頂きました。
記事の記事のアイディア(書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

地紋さんの記事はこちらのリンク先でまとめました


 - ダブルバトル, 育成論 ,

  関連記事

水ロトム
メガリザYのソラビを耐え調整耐久重視の水ロトム育成論【ダブルバトル】

メガリザYのソラビを耐え調整したおにびを撒く耐久重視のロトム水 ロトム水は特性ふ …

ペロリーム
ドレインパンチ取得!腹太鼓ペロリームの育成論【ORAS】

ペロリーム 育成論 概要 ホイップポケモンのペロリームはケーキみたいでかわいいポ …

oras_ガブリアス
りゅうせいぐん搭載 メテオガブリアス育成論【ORAS】

メテオガブリアスとは? メテオガブリアスとは、流星群を搭載したガブリアスです。 …

クリムガン
KPTOP12を意識した起点作りクリムガン育成論【ORAS】

クリムガン 育成論 概要 今回は試験的に、KPトップ12のポケモンたちにどう戦う …

oras_ゲッコウガ
起点ポケモンを駆逐するためのラム持ちゲッコウガ育成論【流行】

ラム持ちゲッコウガ 育成論 概要 化身ボルトロス、欠伸カバルドン、はたまた、気合 …

oras_ポリゴン2
物理受け イカサマポリゴン2 育成論【ORAS】

ポリゴン2  育成論概要 持ち物 しんかのきせき 特性 トレース 性格 ずぶとい …

水ロトム
サイクル戦の要!  ボルチェン水ロトム育成論【ひかえめ・オボンのみ】

水ロトム 育成論 概要 ガブリアス・メガボーマンダに対面で、鬼火を入れることを意 …

パンプジン
こうごうせい取得 物理受けパンプジン(特大)育成論【ORAS】

物理受けパンプジン 育成論概要 持ち物 たべのこし 特性 おみとおし 性格 わん …

バンギラス
高い火力で相手を倒しきる:バンドリマンダ構築【ダブルバトル】

運用方法 相手よりも先に攻撃し、その高い火力で相手を倒しきるというコンセプトの構 …

スイクン
ねむカゴ瞑想スイクン育成論レート使用率四天王に強いぞ!【ORAS】

スイクン 育成論 概要 特性 プレッシャー 技 ねっとう / れいとうビーム / …