ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

TNレンカイのタイプ統一段位戦! ~魔境・四段戦その1~

      2015/06/17

はじめに

レンカイです。
タイプ統一段位戦、四段戦への挑戦となります。

ところで、段位戦を開催するには、該当段位の人数がそこそこいなければなりません。
そのため時期によって○段戦は開催できない……ということがあります。

では現在開催できる最高の段位は何か?
そう、それが四段戦なのです。

四段戦はお祭りのように扱われていて、この日が近くなると下位の初段〜三段戦が頻繁に行われるようになり、新たなどんどん四段勢が輩出されてきます。

(一応、五段の人もいるにはいるのですが……。
エスパー統一のとよさんのみでしたので、さすがに五段戦は開催できませんね)

試合当日まで・余談戦

高段になるほど開催頻度が落ち、四段戦ともなると1〜2ヶ月に1回程度とのことです。
ある日突発に開催した場合、参加できなかった四段勢がかわいそうですね……。
そういった事態を防ぐために、四段戦ではあらかじめ、開催日程が告知されていました。

13日の21時から募集枠スタート、と段位戦HPのトップに書いてありました。

四段に来て間もない私ですが、頻度が低いなら確実に3連勝し、一気に五段に上がってしまいたいところです。

そこで最初に考えたことは、生活リズムの調整

人間の頭脳が活発化するのは、起床後2時間以上経たなければなりません
21時から募集枠スタートということは、21時30分から試合開始。
すると起床時刻は19時半より前が望ましいですね。
ただしあまり早すぎると、頭脳が疲れてベストが尽くせない可能性があります。
となると起床は19時半で決定。
……まぁ、私は必ず二度寝するので、18時に一旦起きて19時半まで睡眠します。

では睡眠開始時刻についてです。
人の頭脳を癒せるのは睡眠だけと言われますが、必要な睡眠時間は人によって異なります。
ロングスリーパー、ショートスリーパー、ロリーパーと言えば聞き覚えがあるかと思いますが、要は自分の適正睡眠時間を把握していければなりません。

加えてレム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルは90分ということもあり、睡眠時間は90の倍数であるとより寝覚めが良くなります。

私の場合、6時間寝て、さらに1時間半の睡眠がちょうどいいです。
よって就寝12時・起床18時(19時半)の生活リズムを目指すことにしましょう。

ただし、この時刻どおりに寝て起きてを繰り返すだけでは身体作りはできません。
なぜなら人間は、日光を参照して体内時計を調整しているからです。

『夕方に起きたら日が落ちていた』『昼に寝ようとしたら明るくて眠れない』などなど。
これを防ぐために、家のシャッターをすべて閉めてしまいます
また、起きたら電灯の明かりを浴び、軽い運動をしましょう。
さらに砂糖入りのコーヒーも飲みます。糖分は脳の栄養として重要で、カフェインも目を覚ます効果があります。

当然、ここまでしてしまうと私生活に甚大な影響を与えてしまうと思います。
しかし開催日程が事前に告知されているので、私はあらかじめ休暇を取ることで事なきを得ました。
TNレンカイは意識の高いポケ勢です()

※良い大人はマネしないでね。

各対戦相手の考察

四段戦はお祭りということで、戦ったすべての試合を紹介していこうと思います!

ただし、今回から実況が付いているので、立ち回りに関しては当記事では触れません。
動画で載せられなかった、試合開始前の考察のみを書いていくつもりです。

初戦・悪統一vs虫統一

タイプ統一の中で、実は虫統一が最も対戦経験が豊富です。
レーティングで数回のマッチング、やんやんさんとの対戦、三段戦でのふっきぃさん戦。
これらの経験から、ステルスロック+バルジーナのブレイブバードが非常に有効であることは証明されています。
また、ウルガモスのさざめきを耐えられるバンギラスも連れていきたいですね。

軸はワルビアルのステロ展開、バルジーナのブレイブバードとしますが、今回のバルジーナはスカーフ持ちとしました。

理由としては、最速鉢巻ではメガシンカ前のヘラクロスを抜けないこと、意外とくだけるよろいの発動機会が少なく、素早さが物足りないこと。

火力に関しては、ステルスロックを撒いていれば飛行抜群勢は突破できそうですね。
ただし、鉢巻を持たないことによりハッサムに完璧に受けられてしまいます。
そこでヘルガーをパーティに加え、選出抑制を掛けてみました。
もしヘルガー・ハッサム対面が発生すれば、間違いなく虫統一は崩れてしまうでしょう。誰も炎を受けられないですからね。
(スカーフハッサムなら話は変わりますが……)

また、さらに選出抑制を駆けるためにヤミラミも入れます。高耐久でバルジーナを受けようとする相手には、メガヤミラミが絶対的な力を誇りますからね。

最終的にこちらのパーティは、
ヤミラミ/ヘルガー/ワルビアル/バルジーナ/ゲッコウガ/バンギラス

ゲッコウガはめざ炎・いわなだれ・アクロバットを持つ両刀型でした。

対戦内容はこちら。

二戦目・悪統一vsフェアリー統一

フェアリーに対し、まるでドラゴンのついでのように狩られてしまう悪ですが、統一戦においてはさほど不利でもない、のかもしれません。

というのも、スカタンク・ドラピオンがよく刺さるから。
全体的に鈍足が多いだけでなく、フェアリー技はこの2匹には等倍、そして一致毒技で弱点を突くことができます。
毒の通らないクチート・クレッフィにはサブの炎・地面が通り、鋼技を覚えさせればメレシーの4倍弱点を突くことも可能です。
逆にスカタンク・ドラピオンの弱点は地面のみですが、フェアリータイプでそれを使えるのはグランブル(地面)のみ。
加えてロゼルワルビアルはクチートを後出しから狩ることもでき、なかなかのパフォーマンスを発揮します。

立ち回りとしては、先発ドラピオン・スカタンクのどちらかで相手のビアー枠を潰し、ゲッコウガのダストシュートに一貫性を持たせる。

私はこの戦い方を勝手に『毒の役割集中』と呼称しています。
ガルーラで物理受けを突破し、スカーフガブリアスで抜いていく役割集中。あれと考え方としては同じですね。

また、ゲッコウガの持ち物はスカーフを選択。
相手のスカーフトゲキッスを上から叩けるため、何もできずマジカルシャインで一掃される、またはエアスラッシュでひるまされる、という事故を防ぐためでした。

最終的にこちらのパーティは、
ドラピオン/スカタンク/ゲッコウガ/キリキザン/ブラッキー/バンギラス

ブラッキーはロゼル+バークアウトで、バンギラスの起点を作るためのポケモンでした。
バンギラスはりゅうのまい→アイアンヘッドorじしん。

対戦内容はこちら。

三戦目・悪統一vs電気統一

電気統一は、とにかく特殊アタッカーが多い。
ボルトロスさえ物理アタッカーとして使われるぐらいには、物理打点が足りていないとされています。
電気統一には当然ワルビアルを出していきますが、物理が少ないのなら威嚇の意味は薄いですよね。
そこで今回は、スカーフ自信過剰ワルビアルを選択。
電気統一は悪を半減できるポケモンがデデンネしかいないので、叩き落とすが一貫しますね。

さて、ワルビアルは特性により、積みエースとしての運用が可能です。
しかし叩き落とすで相手の強化アイテムを落としてしまえば、後続の起点作りにもなりますよね。

そこで考えたのが、積みサイクル

メガヤミラミを入れ、強化アイテムを失った相手の前で瞑想を積ませることにしました。
また、万が一相手のボルトロスが悪巧み型だった場合に備え、ストッパーとしてキリキザン(剣舞ふいうち型)も入れておきます。

最終的なパーティはこちら。
ヤミラミ/ブラッキー/ワルビアル/キリキザン/サザンドラ/バンギラス

サザンドラは眼鏡で、相手の耐久ポケモンに負担を掛けるのが目的でした。
キリキザンの苦手な耐久積みエースを抑制するためでもあります。

対戦内容はこちら。

最後に

意識の高いポケ勢とは……。
見事3連敗で降段してしまったレンカイさんです

ただ、ひとつだけ不幸中の幸いがあります。

四段戦の開催頻度は本当に低いので、もし負け越しで四段に残ってしまったら、しばらくの間は戦績を向上させることができなくなります。

しかし私は三段に落ちたことにより、今後はまた三段戦への参加が可能となりました。
ここでもう一度昇段すれば、四段の得点±0に復帰できるのです。

マイナスで四段に残ってしまった人は、なんと段位を取り消して初段からやり直す人もいるのだとか……。

そして最後にもうひとつ。
動画の投稿・記事の投稿が遅れたことに関してです。本当に申し訳ありません。

四段戦前までの4日間ほどを使い、生活リズムの調整、各タイプの考察、新しい悪ポケの厳選など……。
これでもかというほどの準備を重ね、持てる力をすべて出して全戦全勝で昇段するつもりでいました。
しかしながら、結果はその逆。
3連敗してしまい……恥ずかしながら、精神的になかなか立ち直れないでいました

ただの連敗ならなんてことはないのですが、さすがにここまでしても勝てないとなると、自分の実力不足を痛感してしまいますね。

この先、段位戦の記事を書き続けられるのか?
私はタイプ統一の頂点に立ち、この環境に関するレポートをまとめることができるのか?

そんな不安に駆られてしまい、どうしても筆が進まずにいました。

申し訳ありません。へんな話になってしまいましたが、今ではすっかり立ち直り、次の三段戦に向けて行動しています。

今後とも応援してくださると嬉しいです。レンカイでした。

レンカイさんの記事一覧はこちら

この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

 - ポケハック ,

  関連記事

ヒードラン
ダブルレート過去作解禁で流行りそうなポケモンまとめ

ダブルレート過去作解禁で流行りそうなポケモンまとめ こんにちは、くさもちです。 …

oras_ガブリアス
最強を目指す人のためのガブリアス環境考察【ORAS】

ガブリアス ポケモン対戦での、主人公といわれるほど使用率の高いポケモンです。 シ …

クリムガン
メガガルーラを駆逐セヨ・・・。ゴツゴツメットと相性のいい育成論8選【ORAS】

ゴツゴツメットのおさらい 効果 接触技を当ててきた相手の最大HPの6分の1減らす …

化身ボルトロス
最強を目指す人のためのボルトロス(化身)環境考察【ORAS】

ボルトロス(化身)環境考察 特性:いたずらごころで先制技を優先度+1で打てるので …

メガフーディン
耐久ポケモン対策にオススメのポケモン・戦術まとめ

耐久ポケモン対策にオススメのポケモン・戦術まとめ 環境がインフレしていくにつれ、 …

oras_クレセリア
初心者向けオススメ耐久ポケモンまとめ10選

初心者向けオススメ耐久ポケモンまとめ ORASの環境で活躍しやすい、数値受け・優 …

b6a300466b46ab80e3398a86a1da433e
トッププレイヤー紹介 /レート3桁編

トッププレイヤー紹介 /レート3桁編 レート3桁とは、レート1000未満を指しま …

WCS
ポケモン対戦がe-Sports化したら、友達が減るかもしれない件

ポケモンがe-Sports化したら、友達が減るかもしれない件 e-Sportsと …

スイクン
ポケモン対戦で少しでも勝利に近づくため為の5つの方法

少しでも勝利に近づくため為の5つの方法 こんにちはもんディーです。今回は対戦少し …

ファイアロー
最強を目指す人のためのファイアロー環境考察【ORAS】

最強を目指す人のためのファイアロー環境考察 特性:はやてのつばさは、飛行タイプの …