オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

流行ポケモン 育成論

つるぎのまいメガバシャーモ育成論:霊獣ランドロス・スイクンを吹き飛ばす火力【流行】

更新日:

メガバシャーモ 育成論 概要

メガバシャーモ
メガバシャーモで最近増えている型は、壁・ステロで有利対面をつくったのち、つるぎのまいで全抜きを狙うメガバシャです。
具体的にどれくらい伸びているのを'つるぎのまい'の採用率を見てみると、
▶︎シーズン7
12%
▶︎シーズン8
16.8%
▶︎シーズン9
24.1%
▶︎シーズン10
28.8%

と環境を追うごとに伸びています。
この際に起こった環境の変化は、'メガバシャーモ'の苦手なポケモンの変化です。
マリルリ・クレセリア・ギャラドスの減少し、霊獣ランドロス・スイクンが環境に増えました
つるぎのまいを搭載することで、メガバシャーモは本来苦手な霊獣ランドロス・スイクンを突破できるようになりました。
マリルリ・クレセリア・ギャラドスが減ることで、積みの機会が増えたことも環境の後押しをしています。

従来のメガバシャーモといえば、バシャサンダーナットのイメージがありますが、つるぎのまい搭載のメガバシャーモの特徴として、

▶︎ジャローダ、ライコウなどのポケモンを起点に採用
▶︎ファイアロー対策にスイクン・水ロトムを採用

が挙げられます。
積みサイクルに組み込まれることが多いため、壁の起点役(ライコウ・ジャローダ)を採用します。
また、ファイアローを相手できるように スイクン・水ロトムが好まれます。

それでは、育成論の詳細に移ります。

特性

かそく
▶︎毎ターン、『すばやさ』ランクが1段階ずつ上がる。
ゲッコウガ、ジャローダなどの高速アタッカーに強くなれる。

とびひざげり / フレアドライブ / つるぎのまい / まもる
▶︎とびひざげり
威力:130  命中:90のタイプ一致技。
火力指数:45435
ばかぢからの方は、攻撃・防御が1段階ダウンするため居座りに向かない。
能力低下により交代を余儀なくされる場面が散見されるため、とびひざげりで確定。

▶︎フレアドライブのタイプ一致技。
威力:120 命中:100
火力指数:41940
つるぎのまい+フレアドライブでも防御特化クレセリアは倒せません。
ダメージ量は74%~87.2%

※火力指数目安:陽気ガブリアスの逆鱗:32760
▶︎つるぎのまい
1回積むことでダメージが2倍になる。
▶︎まもる
加速を安全に行うために採用されます。
上から殴ることが大切なメガバシャーモにとってなくてはならない技。

性格

いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)

もちもの

メガストーン

努力値

攻撃:252 / 防御:6 / 素早:252
▶︎攻撃
エースであり、火力に妥協ができないので全振り
▶︎素早さ
素早さを下げてHPに割くことで勝てる場面も出てきますが、こだわりスカーフ持ち・メガバシャーモミラーを考慮するとS全振りが安定に考えます。

従来の型との違い・優位点

従来は、ばかぢから/フレアドライブ/はたきおとすorかみなりパンチ/まもる という型が多かったです。
しかし、現環境はバシャーモの雷パンチを打つ対象マリルリ、ギャラドスの数がだいぶ減り、叩き落すを打ってサイクルを回すよりも 上から殴る方が有利な環境に推移しています。
そういった、従来はサイクル重視の型が人気でしたが、起点を作り一気に勝ちに持っていく積み型に人気が集まりつつあります。
積みを重視した、グロパンメガガルーラ、りゅうのまいメガボーマンダ、つるぎのまいニトチャメガリザードンXが植えていることから 積みが勝利な決め手な環境です。

有利な相手

▶︎ノーマル
ポリゴン2・メガガルーラ
▶︎高速アタッカー
メガゲンガー・ジャローダ・ゲッコウガ
▶︎鋼
ナットレイ、ヒードラン
▶︎耐久ポケモン
水ロトム、スイクン、霊獣ランドロスなどの数値受け系の耐久ポケ

ギャラドス・マリルリなどタイプ相性が悪いポケモンの処理が難しいです。
一方、数値受けのポケモンは'つるぎのまい'で強引に突破します。

相性のよいポケモン

▶︎スイクン
スイクン
マンムー、ファイアロー、カバルドンを処理します。
ゴツメによる削りとタイプ相性が、メガバシャーモと相性がよいです。
ガブリアス・メガボーマンダなどの流行りのポケモンも処理できる点も評価点が高いです。

▶︎カバルドン
カバルドン
ステルスロック+天候'砂'による削りが非常に優秀です。
メガバシャーモと一緒に採用するときは、HDベースがオススメです。
防御面が脆くなりメガバシャーモ・メガガルーラ・ファイアローに弱くなりますが、削りが目的なので気にしなくてよいです。
それよりも、HDベースにすることで ギルガルド・ゲンガーなどに繰り出し負荷をかけることを重視しパーティー全体で対応できるポケモンを増やします。

▶︎ライコウ
ライコウ
高種族値の壁張り要因です。
メガバシャーモが苦手なファイアロー・ギャラドスなどに強いため補完が優れます。

呼びやすい苦手なポケモン

▶︎化身ボルトロス
化身ボルトロス
メガバシャーモの足を殺すことができるため、ほぼ選出されます。
'電磁波'を殺せるポケモンを入れたい

▶︎ファイアロー
ファイアロー
特性による、飛行技を先制でうてる、メガバシャーモ絶対殺すマン。

▶︎スカーフガブリアス
oras_ガブリアス
加速1回上昇の段階でも、メガバシャーモを抜けるため積極的に出てくる。

火力

とびひざげり

※つるぎのまい時は、2倍のダメージ量
防御特化スイクン 44.9%~53.6% 乱数2発 (35.2%)
ステロをまいていれば、つるぎのまい状態で確1

HP252振りメガガルーラ 135.8%~159.4%

防御特化輝石ポリゴン2 76%~90.6%

フレアドライブ

※つるぎのまい時は、2倍のダメージ量

HP252振り霊獣ランドロス (威嚇込み)48.9%~58.1% 乱数2発 (96.9%)

HP252振りギルガルド 111.3%~132.9%

防御特化クレセリア 37%~44%

参考
PGL ORASリーグ

-流行ポケモン, 育成論
-,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.