ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

みがわり+はねやすめ搭載で安定感抜群:メガボーマンダ育成論【流行】

      2015/06/04

メガボーマンダ 育成論 概要

oras_メガボーマンダ
PGLランキング12位に舞い戻ってきた、メガボーマンダ。
一時期使用率が下がり、オワコン とまで言われました。

そんな中、あるわざの採用率が上がっています。
それは、

みがわり』です。
採用率の推移から、

シーズン7:9.7%
シーズン8:14.4%
シーズン9:22.4%
シーズン10:31.8%

と、右肩上がりで上昇中です。

もう一つ、採用率があがっている技があります。
それは、

『はねやすめ』です。
採用率の推移は、

シーズン7:10.2%
シーズン8:16.1%
シーズン9:24.9%
シーズン10:33.3%

と、みがわりと同じような推移で採用されます。

そう、みがわり+羽休めを採用したメガボーマンダの個体数が伸びているのです。
攻撃技+はねやすめ+みがわりを確定した、もう1枠は りゅうのまい or どくどく です。

りゅうのまいの場合、全抜きエースとして活躍します。
どくどくの場合、数値受けするポケモンをメタることができます。

どくどく採用型は、シーズン9から数が増えており シーズン10では17.7%になりました。(シーズン9ではランク外でした)。

特性

スカイスキン

みがわり / どくどく(orりゅうのまい) / おんがえし (orすてみタックル)/ はねやすめ

どくどくを採用することで、クレセリア・ポリゴン2などの耐久ポケモンをメタる。
一方、りゅうのまいを採用することで全抜きエースとして活躍できる。

性格

いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)

もちもの

メガストーン

努力値

HP:164 / 攻撃:108 / 素早:236
※HP:威嚇込みメガル捨て身2耐え
※攻撃:余り
※素早:最速ガブ抜き

みがわり+羽休めのメリット

みがわり+羽休め+りゅうのまいにより技の範囲が狭くなるのがデメリットですが、飛行技の一貫性は高いためデメリットを上回る使いやすさを誇ります。

ウォッシュロトム、サンダー、霊獣ボルトロスなどの浮いている電気タイプの突破するには、逆鱗が欲しくなる場面もありますが、ナットレイ・クレセリアを吹き飛ばせる’りゅうのまい’により夢が広がります。

①みがわりにより、状態異常に強くなる

・メガボーマンダの足を殺すための、麻痺
・メガボーマンダの火力を殺すための、鬼火

に強くなります。

②みがわりで、様子見ができる

特性:いかくにより、相手のアタッカーの火力を殺せた際 相手の ’居座る’ or ‘交代’を見極めるのが難しい場面が多いです。
そういった場面の安定な選択肢として、みがわりが選択できます。

また、はねやすめを搭載しているので、みがわり+はねやすめで様子見もできます。
はねやすめは、飛行が消え、岩が等倍 電気が半減 氷が二倍と耐性が変わる優秀な技ですね。

③みがわり+りゅうのまい

りゅうのまいの積む機会を増やすことができる、みがわりです。

りゅうのまいは、ASを上昇させてくれ 突破性能があがります。

デメリット

・エースの割に、攻撃範囲が狭い。
→飛行技一本なので、鋼・電気・岩に役割を持てません。

・メインウエポンの火力に不安
→りゅうのまいを前提にパーティを組む必要があるので、クレッフィなどの起点ポケモンと一緒に採用したい。

りゅうのまいの破壊力

VS 防御特化クレセリア

oras_クレセリア
▶︎恩返しダメージ計算
34.3%~40.9%
(1舞)51.9%~61.2%

りゅうのまいを1回できれば、防御特化クレセリアも確2です。

▶︎被ダメ 冷凍ビーム(C4振り想定)
62.8%~75.3%

VS 防御特化ナットレイ

oras_ナットレイ
▶︎恩返しダメージ計算
41.4%~48.6%
(1舞) 60.2%~71.8%

▶︎被ダメ:ジャイロボール(A4振り)
34.5%~40.8%
(威嚇込み)22.5%~27.2%

被ダメが少ないため、積極的に積みたい。
威嚇込みのときは、身代わりを壊される心配も少ないことから積極的にみがわりを貼りたい。

VS 防御特化スイクン

スイクン
▶︎恩返しダメージ計算:
39.1%~46.3%
(1舞)58.4%~69.5%

▶︎被ダメ:れいとうビーム(C4振り)
71.2%~85.8%

▶︎被ダメ:こごえるかぜ(C4振り)
46%~54.4%

1舞のおんがえしで、確定2です。
こごえるかぜ、リフレクター持ちが増えているので初手は、みがわり安定になります。

VS HP252振りメガガルーラ

メガガルーラ
▶︎恩返しダメージ計算:
58%~68.3%
(1舞)86.7%~102.3% 乱数1発 (18.8%)

▶︎すてみタックルダメージ計算:
67.9%~80.6%
(1舞)101.8%~120.2%

まとめ

・りゅうのまいを1回積めば、多くの耐久が確2圏内に入ります。
→通常の竜舞型より場持ちがよく2回以上舞える機会も増えるので、電磁波で起点・壁サポートすれば全抜きしやすい。

・はねやすめすることで、耐久ポケモンの氷技は回復量が上回る
→どくどくを採用することで、耐久ポケモン(クレセリア・ポリゴン2)に勝てる。
クレセリア程度のれいとうビームならはねやすめによる回復量の方が上なので、本来突破できない数値受けを崩せるのが強み。
クレセリア、ポリゴン2、サンダー、水ロトムをほいほいするですが、みがわりしてからでどくどくを入れれるため処理が安定します。

・恩返しでなく、すてみタックルを採用すれば メガガルーラ、ガブリアスなどもりゅうのまい1回で確1にできます。

 - 使用率の高いポケモン, 流行ポケモン, 育成論 ,

  関連記事

ニンフィア
アッキのみ持ちねむねご両受けニンフィア育成論

ねむネゴアッキニンフィア育成論 運用方法 特殊アタッカーは瞑想で、物理アタッカー …

キリキザン
珠はたきおとすでギルガルドキラー:負けん気キリキザン育成論

キリキザン 育成論 概要 特性 まけんき ※相手に能力を下げられた時、攻撃が2段 …

水ロトム
シーズン8の水ロトムは物理受けからアタッカーへの役割チェンジが流行【ORAS】

水ロトム 流行 全体感 水ロトムの採用は、シーズン8の末期にかけて減っていくと思 …

oras_クレセリア
相手を詰ませるゴツゴツメット持ちめいそうクレセリア育成論【ダブル・ORAS】

育成論概要 非常に高い耐久値を生かして様々なサポートをこなすことが出来るクレセリ …

メガガルーラ
ガルーラミラーを制する、けたぐり搭載メガガルーラ育成論【ダブルバトル】

ダブルバトル:けたぐり搭載メガガルーラ 育成論概要 多くのルールで頂点に君臨 …

マンムー
受けループも唸るその強さ。じわれ搭載とつげきチョッキマンムー育成論【流行】

じわれ搭載チョッキマンムー育成論 概要 化身ボルトロスが環境に増えすぎて、頭を悩 …

oras_ギルガルド
めざ氷 風船ギルガルド 育成論【ORAS】

ORASの開始時点の使用率1位は、ギルガルド 2014年11月26日現在、環境の …

oras_ガブリアス
最強を目指す人のためのガブリアス環境考察【ORAS】

ガブリアス ポケモン対戦での、主人公といわれるほど使用率の高いポケモンです。 シ …

メガライボルト
メガライボルト+霊獣ランドロス構築【流行】

メガライボルト+霊獣ランドロス構築 メガライボルトの構築といえば、ギャラドス+ …

oras_ギルガルド
Q.この火力のギルガルドは弱点保険ですか? A.NO、流行のたべのこし毒守型です♪【ORAS 育成論】

ギルガルド 育成論 概要 弱点保険 特攻特化ギルガルド+毒守最速ギルガルドのハイ …