Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
構築のスタイル:トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ【マンキーでもわかるポケモン講座】 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

マンキーでもわかるポケモン講座

構築のスタイル:トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ【マンキーでもわかるポケモン講座】

更新日:

構築のスタイル:トップダウンアプローチとボトムアップアプローチ

構築のスタイルには、トップダウンボトムアップの2種類に大きく分かれます。

トップダウン:全体的な視点から、環境の動きに合わせて構築を作ります。
ボトムアップ:個別のポケモンに注目して、1体を軸に構築を作ります。

それでは、それぞれ詳細に見ていきましょう。

トップダウンアプローチ

トップダウンアプローチは、全体的な観点から、環境の次の動きを予想するやり方です。
最初に環境上うまく働くポケモン(多くはPGL上位のポケモン)を選出し、その時点では個々の調整にはこだわりません。

トップダウンアプローチで重要になることは、対策するポケモンをピックアップすることです。
6体の選出ですべての構築に対象するのは不可能なので、ざっくりと決めてしまいます。

・PGL上位12位(メガガルーラ、ガブリアス、ファイアローetc)
・受けループ
・エルフドラン構築

などなど 環境で気になる構築、ポケモンをピックアップし その対策はしっかりできているかという観点でパーティーを作成します。

この時の指標になるのが、PGL上位12位、オフ会での構築などです。

PGL12位は、使用率の多いポケモンを把握することができます。
オフ会での優勝した構築は、新規の高い育成論・構築で結果を残した場合 オンライン対戦で爆発的に流行ることが多いです。

そういった、大きな流れから、段階的に個々の調整に持っていくのがトップダウンアプローチです。
理想を言えば、パーティーの試作を作成し 実戦投入をしながら微調整を図ります。

しかし、現実な時間を取れない場合は、情報収集を行い頭のシュミレーターを回すことで構築を決定していきます。
情報量が多いほうが、理想的なパーティーを組むことが出来、長期的に勝てることができるでしょう。

ボトムアップアプローチ

ボトムアップアプローチは個別のポケモンの強さの分析から始める、ミクロの視点です。
そのポケモンしか出せない、戦略・構築などをいかに見つけるかが大切になります。

基本的には、どんなに環境が変わっても不変の強さを持つような戦略が好まれます。
ボトムアップアプローチでは、軸となるポケモンの役割対象を問題にします。
また補完となるポケモン、勝ち筋をいくつ用意するか等が話題になる場合が多いです。

1つ1つのポケモンに目をやり、理想的な組み合わせを執拗に探す必要があります。
時には、見向きもされなかったマイナーなポケモンに脚光が当たることもあります。
そういった未開拓なポケモンは対策が薄いため、大きく勝率を上げることも可能でしょう。

1つ1つのポケモンに目を向けるボトムアップアプローチは、視野が狭くなる一方、同じポケモンで対戦数をこなすのでトップダウン・アプローチよりも環境の変化にも気づきやすいメリットもあります。
環境の変化を感じた時は、補完枠で誤魔化すことを行い、時にはコンセプトを変えてしまうこともあるでしょう。

前回は、本当に勝てるためには、勝ち筋(ストーリー)が重要だという話をしました。
トップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチともに、どちらでも強い構築は作れるものの、勝てるパーティーには勝ち筋が不可欠です。

前回記事→
勝てるパーティーの組み方〜思考・マインド編【マンキーでもわかるポケモン講座】

-マンキーでもわかるポケモン講座
-

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.