Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
レンカイによるタイプ統一戦:悪vsゴースト!そしてファンアートありがとう! - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

ポケハック

レンカイによるタイプ統一戦:悪vsゴースト!そしてファンアートありがとう!

更新日:

悪vsゴースト! そしてファンアートありがとう!

はじめに

タイプ統一において、弱点・耐性の相性がすべてではない。
これまでの記事を読んでくださった方々、そこから一緒にタイプ統一を始めてくださった方々なら痛いぐらいに分かると思うのですが、苦手なタイプへの対処法というのは十二分に存在するといえます(一部のタイプ除く)

今回の二段戦では、3試合ほどさせていただきました。
相手タイプはそれぞれエスパー・鋼・ゴースト

+2ポイントからのスタートだったので、最初のエスパーに勝てば昇段、その後の試合も無くなるはずだったのですが・・・・・・。

エルレイド「インファいっきまー!」
サーナイト「ハイボだと思ったか? ククク、残念。みちづれだ」

・・・・・・。

次の鋼統一戦で勝利を収め、+2ポイントの状態で最後のゴースト統一との試合を迎えることができました。

これに勝てば晴れて昇段です!

負けるわけには行きませんよねっ。
なんたってゴーストタイプですよ?
一致弱点が突ける相手に、遅れを取るわけないじゃありませんか!

一致弱点が突ける相手に・・・うぅっ( ´;ω;`)

選出時の考察

参加時の手続きのお話は、今回からは飛ばしていこうと思います。

対戦相手は、ゴースト統一の『あすたー』さん
私とほぼ同時期にタイプ統一段位戦を始め、二段まで一気に駆け上がって来た方です。

こちらのパーティ
ヤミラミ/スカタンク/ワルビアル/バルジーナ/サザンドラ/バンギラス

あすたーさんのパーティ
パンプジン/ヤミラミ/ヨノワール/ギルガルド/ゲンガー/ゴルーグ

悪vsゴーストなどのように、圧倒的にタイプ相性の差が出ている場合に考えるのはふたつ。
①有利側(悪)から不利側(ゴースト)へのメイン攻撃手段
②不利側(ゴースト)で使える、①に勝てる軸

まず①ですが、悪からはスカーフワルビアル・竜舞メガバンギラスで上から一致悪技を叩き込みまくることです。
ゴースト統一ではまともに受け出しできる子が少なく、確実に多大な損害を与えることができるでしょう。

次に②です。
上から殴られるのを防ぐために、トリックルーム展開が最初に考えられます。
トリルアタッカーは、格闘技が使えるゴルーグ・ギルガルドでしょう。

さて、お互いの戦術としてはこんなところです。
私としては①を通すため、②を防がなければなりません。
そのため先発は『ちょうはつ』を持つバルジーナでトリル展開を防ぎたいところです。
・・・しかしながら、こちらのパーティには相手のヤミラミに後出しできるポケモンがいません。
相手の先発がヤミラミだった場合に備え、こちらの先発もヤミラミです。

ヤミラミは鬼火・瞑想・再生+@が基本で、ラストはバークアウトかマジカルシャインになります。
ミラーに強いのは相手のCを下げられるバークアウト搭載型ですが、あすたーさんは、悪統一に刺さるマジカルシャインを持ってくるでしょう。
そう考えるなら、ヤミラミミラーでは私が勝ちます

さて、こちらの先発をヤミラミにしたことにより、相手のトリルを防ぐことができなくなりました。
そうなるとトリル中の時間稼ぎが必要になるため、耐久の高いバルジーナを選出。先述のように挑発を持っているので、先発に出さずともある程度トリルを牽制できます。
また、ゴースト統一はみちづれや鬼火といった補助技も多彩ですので、挑発があるに越したことはありません。

最後の1匹ですが、ここで①を考えます。
上から一致悪で殴る。これが最大の勝ち筋です。
ですから、最後はスカーフワルビアルもしくはメガバンギラスのどちらか。

結論から言えば、私はバンギラスを選びました。なぜなら身代わりを持っているからです。
どういうことか?
詳しくは、試合内容のほうで説明させていただこうと思います。

こちらの選出は、ヤミラミ/バルジーナ/バンギラス。
2メガ選出です(笑)

余談ですが、ヤミラミとバンギラスの同時選出はよくやります。
ヤミラミで物理を流し、特殊をメガバンギラスの起点にするパターン。
相手がメガヤミラミの対策を切ってきたとき、メガをバンギラスではなくヤミラミに使うパターン。
状況に合わせて戦術をガラリと変えられるため、2メガ選出は決して悪くないと言えるでしょう

試合内容

こちらの先発はヤミラミです。相手の先発がヤミラミだった場合を想定していたのですが・・・。
相手はヨノワール。トリル役と思われます

ヨノワールの特性はおみとおしで、こちらのヤミラミナイトが見透かされてしまいました。
その情報ディスアドを逆手に取り、メガシンカせず鬼火を打ちます。相手はメガシンカを警戒し、鬼火を打てないはずなので、シンカするだけ無駄という判断です。
もしメガシンカして特殊アタッカーを後出しされてしまえば、瞑想が先手で使えなくなりますからね。

相手は鬼火を嫌ったらしく、ヤミラミを受け出ししてきます。
メガシンカ前なので火傷が通るのは大きいですが、おそらくマジカルシャイン持ち=ヤミラミミラーでは私に勝てないので、実はここでの火傷は実戦にはまったく響かなかったりしますね・・・・・・。

こちらもメガシンカして鬼火をシャットアウトし、メガヤミラミ同士のミラー戦がしばらく続きます。
ある程度こちらがダメージを負ったところで、あすたーさんはヤミラミを引っ込めました。

上から殴れるギルガルドが繰り出され、『アイアンヘッドかな?』と思っていたら・・・・・・。
このポケモンが持つ最大火力の技、『もろはのずつき』が飛んできました。
そんなん覚えるの!? と驚きながらも、おまけに急所に当たってしまい、残念ながらこちらのヤミラミはダウン。ギルガルドの持ち物は、いのちのたまでした。

少々想定外の展開ではあります。
せっかくメガシンカまで使ったヤミラミが倒されてしまうのは、非常に大きな損害です。
負けの文字も見えてきます。

……いいえ、そんなことはありません。

僭越ながら、レーティングバトルのトップに君臨するために必要な思考をここに書き記そうと思います。
自分の勝ち筋を押し通す力、相手の勝ち筋を対策することももちろんですが、何より大切なのは、不慮の事故への対処をあらかじめ考えられるかどうか。

ヤミラミが急所で倒れた・・・・・・? それぐらい、計算済みですとも。

私はバンギラスを死に出しします。
選出時の考察で説明していなかったバンギラスの選出理由は、以下の通り。

『もし序盤でヤミラミミラーが発生し、お互いメガシンカせざるを得なくなった場合、ミラーマッチで勝利を収めたとしてもギルガルドに上から殴られてしまいます。
加えて相手のメガヤミラミの鬼火を身代わりで起点にできる点でも、ワルビアルより優先して選出すべきだと考えました』

そして相手の状況を確認します。
場には、ブレードフォルムを晒したギルガルド。
裏にはメガシンカして先制鬼火ができなくなったヤミラミと、一致かみくだくが通るヨノワール。
さらに現在、トリックルームは発動していません。
つまりこちらのバンギラスが好きなだけ暴れられる環境が整っているのです。

まずは地震を選択。相手はヤミラミで受けに来たので、身代わりで鬼火を防ぎます。
そのままヤミラミは火傷と砂で落ち、次に出てくるのはヨノワール。
ナモを盾にトリックルームを展開されますが、状況は大きく勝利に近づきました。

トリックルーム残り4ターン
バンギラスの身代わりは残った状態ですし、身代わりを選択します。
ヨノワール側がみちづれしてきても、かわらわりしてきても、これが安定行動でしょう。
しかしヨノワールの行動は、トリックルーム下でも後攻で打てる『きあいパンチ』でした。
これによりこちらの身代わりが剥がされてしまいます。

トリックルーム残り3ターン
少々予定外なことが発生し、バンギラスの身代わりで時間を稼ぐことはできなくなりました。
もしヨノワールが鬼火やかわらわりを持っていた場合、バンギラスで居座るのはまずいですね。
こちらは3匹目、バルジーナを出し、ヨノワールの気合パンチを受けました。
『悪統一の盾』と称されるだけあって、不一致気合パンチでは3分の1程度も受けません。
ゴツメでちょっと削り、次のゴツメ圏内となります。

トリックルーム残り2ターン
このターン込みで2ターン凌げば、バンギラスで勝ちです。
そしてヨノワールではバルジーナを突破不能、ギルガルドを後出しして諸刃ですと、ちょうど2ターン掛かりますね。
ただ油断できないのは、ヨノワールがトリル最終ターンにみちづれし、再度トリルを貼ってくることです。
それを防ぐために、こちらは『挑発』。
実戦では、ヨノワールの気合パンチを受けてバルジーナが黄色ゲージに、ヨノワールがゴツメで倒れ、ギルガルドが死に出しされます。

トリックルーム最終ターン
諸刃の反動、珠ダメージ、ゴツメによってバンギラスの地震圏内に入れれば、キングシールドの読み合いもなく勝ちです・・・・・・。
が、想像以上に諸刃の反動が大きく、なんとギルガルドとバルジーナが共倒れ!
お互い爆笑してしまいました(笑)

最後に

対戦していただいた皆様、ここまでご覧くださった皆様、本当にありがとうございました!
二段戦の中でも、特に白熱した試合だったのではないでしょうか。
この試合で私は+3ポイントとなり、なんとか三段に昇段することができました!

ところで、この記事のタイトルが気に掛かった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そうです、なんと私宛にファンアートが届いたのです!!

卯月さんからのイラスト

どやぁ・・・・・・。

書いてくださったのは、イラストレーターの卯月神無さん!
本当にありがとうございます、家宝にします!
ツイッター:

彼(彼女?)のイラスト、見れば見るほど味が出るというか、独特な世界観にハマってしまいます(笑)
ぜひ卯月さんのイラストを楽しんでほしいです〜!

ファンアートだけでなく、昇段したときもたくさんの方が祝福リプライを送ってくださいました。
タイプ統一してる人もしてない人も関係なく、いろんな人に応援していただいて私は幸せです。

応援するだけじゃなくて、みんなもタイプ統一段位戦を楽しんでくださいね(笑)

レンカイさんの記事一覧はこちら

この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

-ポケハック
-, ,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.