ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

味方の耐久を上げてサポートするフレンドガードピッピ育成論【ダブルバトル】

   

育成論概要

ピッピ
特性フレンドガードは味方が受ける攻撃を3/4に減らす特性です。
しかし、その特性を持つポケモンの多くは種族値が非常に低いため、扱いづらいポケモンが多いですがピッピは進化前のポケモンなのでしんかのきせきを持つことでとても硬い耐久を得ることが出来ます。

ピッピは積み技を使う上で非常に重要になるこのゆびとまれを使うことができ、また多くの優秀な補助技を使うことができるため、味方をサポートする上ではこれ以上にないほど優秀なポケモンです。

しかし、アイテムはしんかのきせきで固定されてしまうためちょうはつに弱かったり、攻撃面においては種族値の低さが露呈してしまうところなどが他のこのゆびとまれ持ちよりも劣っているため、上手く味方のポケモンでカバーする必要性があると考えられます。

特性

フレンドガード

こごえるかぜ/てだすけ/このゆびとまれ/まもる

性格

ずぶとい

持ち物

しんかのきせき

努力値

HP:188/防御:252/特攻:4/特防:60/素早さ:4

運用方法

ピッピは味方のポケモンを守るように動かすポケモンです。

フェアリータイプであるため、耐性も強いためこのゆびとまれを使用することで多くの攻撃を引き寄せることが出来ます。また、ピッピの体力が残り少なく、まもらなければいけない場面でも隣のポケモンの耐久を特性フレンドガードによって上げるといったサポートすることが可能です。

攻撃性能がほぼ皆無に等しいのでピッピを大切に扱う立ち回りではなく出来る限り隣のポケモンを守り、倒されることでその性質の強さを発揮できるのではないかと考えられます。

技の採用理由

技構成はこごえるかぜ/てだすけ/このゆびとまれ/まもるとなっています。

相手のきあいのタスキ潰しやちょうはつを受けた際のことも考えると攻撃技は必要だと考えられます。

今回はS操作も行うことができるこごえるかぜを採用しました。

他の攻撃技の候補としてはムーンフォースがありますが、ズルズキンやサザンドラを確定1発で倒せないことやこのゆびとまれで攻撃を引き寄せた方が良いという判断から採用されませんでした。

てだすけは味方の攻撃をサポートする技でそのターン味方のポケモンに攻撃が通ってしまいます。しかし、特性フレンドガードがあるためそのダメージを軽減することができ、てだすけとの相性が非常に良いことからこの技が採用されました。

このゆびとまれは前述したとおり、味方をサポートする上でとても優秀な技なのでピッピの技構成で採用しない場面はほとんどないでしょう。
まもるにおいてもねこだましをいなしたり、隣のポケモンに特性フレンドガードの効果を1ターンでも多く、かけられるようにするために必要だと考えられます。

他の補助技の候補としてはつきのひかり/ちいさくなる/おさきにどうぞ/じゅうりょくなどの多くの技がありますが、今回は一般的なピッピを想定しているため、メジャーな技構成を紹介しています。

火力

こごえるかぜ

H4メガボーマンダ
ダメージ: 44〜56
割合: 25.7%〜32.7%

H4霊獣ランドロス
ダメージ: 52〜64
割合: 31.5%〜38.7%

H4サザンドラ
ダメージ: 22〜28
割合: 13%〜16.6%

耐久

物理耐久

補正無しA252メガメタグロスのアイアンヘッド
ダメージ: 140〜168
割合: 82.8%〜99.4%

補正有りA252キリキザンの球アイアンヘッド
ダメージ: 140〜166
割合: 82.8%〜98.2%

補正無しA252キリキザンの1段階UPアイアンヘッド
ダメージ: 146〜174
割合: 86.3%〜102.9%(高乱数で耐え)

補正無しA252メガガルーラの1段階Downすてみタックル
合計ダメージ: 73〜82
合計割合: 43.1%〜50.8%(高乱数で2発耐え)

特殊耐久

補正有りC252メガリザードンYのねっぷう
ダメージ: 93〜109
割合: 55%〜64.4%

補正有りC252ニンフィアのハイパーボイス
ダメージ: 63〜75
割合: 37.2%〜44.3%

補正有りC252ギルガルドのラスターカノン
ダメージ: 146〜174
割合: 86.3%〜102.9%(高乱数で耐え)

補正無しC252化身ボルトロスの10まんボルト
ダメージ: 66〜78
割合: 39%〜46.1%

採用される構築

ピッピは高耐久を持っているポケモンの耐久をさらに強化して優位に立つか、もしくは強力な積み技を持っているポケモンをサポートするかの2択だと考えられます。

前者の場合、メガガルーラなどの高種族値のスタンダードに入れるだけでも活躍することができますが、ピッピの攻撃性能が皆無であるため、選出の段階で2匹サポート型のポケモンを選出してしまうと相手を倒しきれないという場面が出てきてしまうことには注意する必要性があると思います。

後者の場合はピッピに出来る限り相手の攻撃を受けてもらい、フレンドガードで相手の全体技のダメージを軽減してもらう役割として採用するのがベストであると考えられます。特に高種族値でありながら、積み技であるりゅうのまいを覚えることができるメガボーマンダやメガギャラドスなどと相性が非常に良いといえるでしょう。

この記事は、地紋さんに書いて頂きました。
記事の記事のアイディア(書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

地紋さんの記事はこちらのリンク先でまとめました


 - ダブルバトル , ,

  関連記事

ローブシン
とつげきチョッキローブシン育成論:威嚇が入っても霊獣ランドをワンパン【ダブルバトル】

とつげきチョッキローブシン育成論概要 6世代になってからフェアリータイプのポケモ …

メガガルーラ
ダブルバトル:ポケモン強さランキング

ダブルバトル:ポケモン強さランキング こんにちは、くさもちです。 今回はダブルバ …

ヒードラン
耐久を意識した残飯みがわりヒードラン育成論【ダブル・ORAS】

残飯みがわりヒードラン育成論概要 6世代から新たに追加されたフェアリータイプ。そ …

マリルリ
ダブル環境に何故マリルリが増えたのか?マリルリ考察育成論

ダブル環境に何故マリルリが増えたのか? マリルリ考察育成論 フェアリータイプとみ …

ハリテヤマ
炎技を受けきる!突撃チョッキ厚い脂肪ハリテヤマ育成論・調整【ダブルバトル】

突撃チョッキ厚い脂肪ハリテヤマ育成論概要 ダブルバトルではメガリザードンY+ヒー …

ニンフィア
スタン構築に入るこだわりメガネニンフィア育成論【ダブルバトル・ORAS】

ニンフィア育成論概要 6世代から初登場したイーブイズの一匹であるニンフィア。 フ …

メガクチート
準伝なしで組めるダブルパーティ:メガクチート+ポリゴン2編

準伝なしで組めるダブルパーティ:ニョロトノ+ルンパッパ こんにちは、くさもちです …

バンギラス
高い火力で相手を倒しきる:バンドリマンダ構築【ダブルバトル】

運用方法 相手よりも先に攻撃し、その高い火力で相手を倒しきるというコンセプトの構 …

水ロトム
メガリザYのソラビを耐え調整耐久重視の水ロトム育成論【ダブルバトル】

メガリザYのソラビを耐え調整したおにびを撒く耐久重視のロトム水 ロトム水は特性ふ …

エルフ−ン
エルフーン+メガゲンガーのアンコールかなしばりコンボ【ダブルバトル】

エルフーン+メガゲンガーのアンコールかなしばりコンボ 運用方法 エルフーンのいた …