ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

エルフーン+メガゲンガーのアンコールかなしばりコンボ【ダブルバトル】

      2015/05/17

エルフーン+メガゲンガーのアンコールかなしばりコンボ

運用方法

エルフーンのいたずらごころから繰り出されるアンコールとゲンガーのかなしばりを組み合わせ相手の技を縛り、さらにメガゲンガーの特性であるかげふみで交代できないようにすることでわるあがきを強制的に出させるコンボです。

強さ

様々な相手に対応できる

このコンボはフレフワンを除いてほとんどのポケモンに対して有効です。

そのため、基本的に軸ををずらすことなく立ち回ることが出来ます。
メガゲンガーの素の素早さも早く、S操作技を1ターン目に撃たれたとしてもエルフーンのアンコールで置物にできます。

またこの構築の強さは技を縛るという点にだけにあるのではなく後発のポケモンの起点を作ることの出来るという点です。

もしメガゲンガーが技を縛れなかったもう一匹のポケモンに倒されたとしても相手の一匹は交代かわるあがきしかできず、もう一匹はエルフーンのアンコールで技を縛ることが可能であるからです。

組み合わせ方が多い

このコンボはエルフーンが使われていますがコンボとして最低限必要な要素がアンコールとまもるのみであるため、残り2枠の技を何にするかによって他のギミックや様々なパターンと組み合わせることが出来ます。

今回はおいかぜとふくろだたきを入れることでテラキオンなどとのせいぎのこころ+ふくろだたきのコンボとおいかぜからの高火力で制圧する展開が可能になる技構成としました。

その他にもうそなきを入れることで攻撃的な構築にすることも出来ると思います。

弱さ

不意のこだわりスカーフ持ちに弱い

コンボの性質上、相手が攻撃を撃ってからでないとアンコール+かなしばりを撃つことは出来ません。

そのため、メガゲンガーよりも早いポケモンからはかなしばりを撃つ前に攻撃をもらってしまい、不利な展開を強いられてしまいます。

スカーフ以外の素で素早さが早いポケモンはメガフーディンを除いてメガゲンガーを確定1発で倒すことが出来ないのでどちらかのポケモンをコンボで縛り、起点を作ることが出来ます
しかし、こだわりスカーフを持った霊獣ランドロスなどのメガゲンガーよりも先に攻撃をすることができ、確定1発で倒せるポケモンは苦手としており、後発にそれらに対して後だしできるポケモンが必要になってきます。

挑発、ファストガードに無力

この弱点はエルフーンの技にちょうはつを入れることで解消されますが、他の勝ちパターンを作ることが難しくなります。
特に化身ボルトロスなどのいたずらごころ持ちのポケモンが苦手なポケモンとして挙げられます。
もし、ちょうはつを採用していたとしても相手のボルトロスがアタッカーであった場合に不利になってしまいます。

ファストガードについてもエルフーンのアンコールが封じられてしまうため、コンボを決めることは出来ません。
また1ターンを無駄にしてしまうため、ファストガードをされたターンにアンコールを撃っていた場合は不利な展開になってしまいます。

そのため、基本的にそれらのいたづらごころ持ちやファストガード持ちに対してはアンコール+かなしばりのコンボ以外で勝ちに行くことが必要になってくるのではないかと考えられます。

エルフーン+メガゲンガー構築 育成論詳細

エルフーン

エルフ−ン
このコンボには欠かせないポケモンです。アンコールを使えるポケモンで他に有名なのはレパルダスですが、耐久面や他の勝ちパターンが必要であることを考えるとエルフーンの方が優秀である場面が多いです。
また、ファイアローと対面した場合でも一度動けるようにきあいのたすきを採用しています。

性格

おくびょう

持ち物

きあいのたすき

努力値

HP:252/防御:4/素早さ:252

※耐久値に振り分けても確定数があまり変動しないため、せいぎのこころコンボと同族のことを考えてHPと素早さに振り切りました。

アンコール/おいかぜ/ふくろだたき/まもる
※おいかぜとアンコールは構築によって変更可能です。構築にあった技選択をしましょう。

耐久

補正無しA252メガガルーラのれいとうパンチ
ダメージ: 142〜170
割合: 57.4%〜101.7%(高乱数で耐え)

補正有りA252霊獣ランドロスのとんぼがえり
ダメージ: 54〜64
割合: 32.3%〜38.3%

補正無しC252ボルトロスのめざめるパワー氷
ダメージ: 84〜100
割合: 50.2%〜59.8%

メガゲンガー

oras_メガゲンガー
このコンボには欠かせないポケモン。耐久値の振るか火力に振るかで構築の方向性が変わりますが、今回はエルフーンにうそなきを採用していないということもあり、耐久を厚くした配分にしました。

性格

おくびょう

持ち物

ゲンガーナイト

努力値

HP:236/防御:4/特攻:4/特防:12/素早さ:252

シャドーボール/おにび/かなしばり/まもる
※おにびの枠は火力に振ったメガゲンガーの場合はヘドロばくだんの方が優秀です。

耐久

補正有りA252ファイアローの球ブレイブバード
ダメージ: 129〜152
割合: 78.1%〜92.1%

補正無しC252ゲンガーのシャドーボール
ダメージ: 140〜168
割合: 84.8%〜101.8%(最高乱数以外耐え)

補正無しC252ヒードランの球だいちのちから
ダメージ: 138〜164
割合: 83.6%〜99.3%

補完

1ターン目に交代で出てくるスカーフ霊獣ランドロスが苦手なので、おいかぜから素早さを上げて全体技高火力で攻撃するクレセリアや霊獣ランドロスが補完として優秀です。

また、おいかぜを2つ目の大きな勝ちパターンとするならば、メガリザードンYを採用することも出来ます。
メガゲンガーとの同時選出は出来ませんが、2つの大きな勝ち筋を選出の段階で選ぶことが出来るのは強いのではないでしょうか。

このコンボとの相性を考えてテラキオンやマリルリが採用される場合が多いです。
テラキオンは前述した通り、エルフーンとのふくろだたきのコンボとしても優秀でメガゲンガーに飛んで来るあく技を半減で受けられる点も重要です。
マリルリもアンコールかなしばりのコンボで出来た起点を1ターンで大きなアドバンテージに変えられる点が非常にこのコンボとの相性が良く、強い組み合わせだと考えられます。

 - ダブルバトル

  関連記事

oras_クレセリア
ダブルバトルで 守るが必須と言われる理由【ポケモンORAS】

ダブルバトルで 守るが必須と言われる理由 こんにちは、くさもちです。 今回はダブ …

メガラグラージ
受け出しを許さない雨構築に入りメガラグラージ育成論【ダブルバトル】

メガラグラージ育成論概要 ORASになってからメガシンカを獲得したラグラージ。 …

oras_クレセリア
相手を詰ませるゴツゴツメット持ちめいそうクレセリア育成論【ダブル・ORAS】

育成論概要 非常に高い耐久値を生かして様々なサポートをこなすことが出来るクレセリ …

ズルズキン
マイナーポケモンを活かすためのサポート枠ズルズキン育成論【ダブルバトル】

育成論概要 ダブルバトルにおいて非常な要素であるいかくという特性。 しかしながら …

ポケモンoras
新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編

新環境をどう勝っていく?マーク解禁ダブル環境考察 前編 導入 WCSも終わり、現 …

メガメタグロス
【ダブル】みがわり搭載したメガメタグロス育成論〜もう、5世代の亡霊とは言わせない!

育成論概要 ORASになってメガシンカを得たメタグロスは非常に高い耐久値に加えて …

Nugget Bridge
海外で開催される賞金付きポケモン大会の事情

海外で開催される賞金付きポケモン大会の事情 導入 近年、ポケモンをe-sport …

oras_クレセリア
ダブルパーティを組むうえで欲しい要素

ダブルパーティを組むうえで欲しい要素 こんちには、くさもちです。 過去の記事では …

ヒードラン
耐久を意識した残飯みがわりヒードラン育成論【ダブル・ORAS】

残飯みがわりヒードラン育成論概要 6世代から新たに追加されたフェアリータイプ。そ …

ハリテヤマ
炎技を受けきる!突撃チョッキ厚い脂肪ハリテヤマ育成論・調整【ダブルバトル】

突撃チョッキ厚い脂肪ハリテヤマ育成論概要 ダブルバトルではメガリザードンY+ヒー …