Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
ポケモンの差別化の視点【戦術】 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

ポケモン対戦の技術 戦術

ポケモンの差別化の視点【戦術】

更新日:

ポケモンの差別化の視点

能力値や技、特性といった面が他のポケモンに劣っているため、活躍し辛い不遇なポケモンたちがたくさんいます。
劣化○○といわれるポケモンも多いですが、①〜⑦が異なるだけで差別化としては十分です。

差別化は、いくつかを組み合わせることで強みが発揮されます。
ただ、差別化しても役割対象がいなければ、意味がないですが・・・。

①タイプ

タイプは、ポケモン毎の相性を決定する要因です。
ポケモン毎に決められたパラメーターであり、攻撃範囲の広い・弱点の少ない複合タイプは、それだけで採用価値のあるものです。

②役割

役割とは、ポケモンに与えられたの働きや役目を指します。
アタッカー、サポート、受け、ジャマー(妨害)など様々な役割がポケモンに与えられます。

③ステータス

種族値とは各ポケモンの種族ごとに設定された数値で、HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの要素からなります。
合計が、ステータスが600を超えるポケモンは600族といわれ 非常につよいポケモンが多い。
もちろん数値が高ければ良いわけでなく、パラメータのバランスが大切。

努力値振り・性格補正をすることで、ステータスに個性を出すことも可能。

④役割対象

役割対象とは、読んで字のごとく そのポケモンの敵(有利な相手)を指します。
同タイプでも覚える技が異なれば、役割対象が変わります。

⑤特性

特性とは、ポケモンの種族毎に設定されたものです。
同タイプのポケモンと差別化するために、必須になります。

ポケモン固有のため、差別化点として意識することが少ないかもしれません。

⑥技

数100にも及び技を覚えても、使える技は4つだけです。
その組み合わせで、他のポケモンと差別化することが可能です。

同じタイプのポケモンが覚えない強力な技を覚えるだけで差別化たり得ます。

⑦持ち物

同じポケモンを同士を差別化する際、もっとも手軽に差別化できるのが持ち物です。

同じ技構成、努力値振りの多いガブリアスですが 持ち物が変わるだけで別物のポケモンに感じます。

-ポケモン対戦の技術, 戦術

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.