Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
クレッフィを勝利に変える 磁力ジバコイル育成論(ピッキングジバコ)【個性研究所】 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

個性研究所 目指せ害悪マスター

クレッフィを勝利に変える 磁力ジバコイル育成論(ピッキングジバコ)【個性研究所】

更新日:

ジバコイル育成論 概要

ジバコイル
①電気・鋼タイプなので電磁波・毒々で状態異常にならない
②特性じりょくで鋼タイプを交代できない状態にできる

という、個性を活かし、鋼(クレッフィ・エアームド等)にTODを仕掛けます。
TODの仕掛けとしては、バリアーでイカサマ対策をしつつ チャージビーム・いびきでHPを削り、ねむるでHPの差で勝ちをつくります。
TODの仕組みについては、TOD(タイムオーバーデス)考察:受けルーパー・害悪使い『TOD無くせ増田ァ!』で詳しく書いてあります。
端的にまとめると、時間切れの勝利条件であるHPの多いほうが勝利するを狙うということです。

火力のでるアナライズ、汎用性のある頑丈が使いやすいので、個体数が多いですが
ジバコイルのタイプ・個性のある特性:磁力を活かすためには、ピッキングジバコイルが良いです
考案者はこちら→【対鍵特化】ピッキングジバコ育成論【補足考察】

使用率は、全体の5%程度と少ないですが 相手の選出に クレッフィ・エアームドがいた場合 勝利に持ち込める勝ち筋をつくれる優秀なポケモンです。

運用・技の選択肢の紹介は最低限にしつつ、クレッフィ・エアームドがいれば100%勝てることの大切さ・戦術としての素晴らしさを多めに語ります。

特性

じりょく

ねむる / バリアー / チャージビーム / いびき
※バリアー:防御のランクを2段階上昇させる。

※チャージビーム:威力50の電気技.70%で特攻のランクが1段階上がる。
C2段階上昇で、10万よりも火力がでます。

※いびき:威力50のノーマル技。自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。30%の確率で相手をひるませる。みがわり貫通

性格

ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)

もちもの

たべのこし

努力値

HP:252 / 防御:252 / 特攻:4

詳細は、【対鍵特化】ピッキングジバコ育成論【補足考察】に詳しいです。
少しだけ、引用すると

・ピッキングジバコのここが強い
実際使ってみて強いと思ったところを書きます。
・受けループのエアームドを拘束してTODできる ←new!
・混乱の解けるターンでバリアーを1回するだけでイカサマで倒されなくなる
・急所に当たっても次の急所が当たる前に混乱が解ければ眠って帳消しにできる
・いびきが寝てる時も混乱ターンが稼げる技なので起きたとき即行動しやすい
・いびきでみがわりを残したままじわじわHPを削れるので自殺されにくい

クレッフィに関しては混乱ターン全部自傷しても勝てました。
新しい役割を見つけました。エアームド入りの受けループに強いです。
マリルリ、ポリ2、クレセリアには裏にガルガブゲンがいなければ勝てます()

・参考数値
H252ジバコHP 177
残飯回復 11
A6B2混乱自傷 14~17 7.9%~9.6%
A6イカサマ急所ダメージ 96~114 54.2%~64.4%
A6B2イカサマダメージ 33~39 18.6%~22%
↑バリアー積めば急所に当たってもリカバーできる

・ピッキングジバコの運用注意
使う上でこれは注意した方が良いと思ったことを書きます。
・脱出クレッフィを考えてみがわりをするまで絶対に殴らない(なければラストに殴って勝ち)
・急所に当たったらすぐ眠れるようになるべく起きた状態にしておく
・いびきを見せる段階までくるとクレッフィが自殺しようとするので注意

相手の持ち物確認と、いつ急所に当たってもいいように気を配ってください。
ジバコをHP満タンに保ってビーム自殺を図るのでダメージ計算して殴りましょう。

ピッキングジバコの意義

ピッキングジバコの強みは、対クレッフィに特化した『選択と集中』による勝ち筋にあります。

現在ポケモンの数は、700以上存在し レートで使われるポケモンはおおよそ約100種類程度です。
100種類のポケモンにも、複数型が存在するような環境下で 6体の選出だけでは対応しきれません。

そういった環境からか、最近は 催眠ゲンガー、いばみが、ちいさくなる など運を絡めることですべてのパーティに勝ち筋を作るポケモンが流行っています。

運に頼る戦術は対戦数を増やせば 勝率も増えていくことでしょう。
一方、不安定なので短期的に見れば負けつづけることもあります

一方、ピッキングジバコのように 使用率の多いポケモンで後出しで100%勝てる戦術では クレッフィが増えてきたと感じた時に採用をすれば、安定した勝率をたたき出せます。

自分のパーティーは6匹しか採用できないのですから、対策するポケモンをしっかり集中することが大切です。
よって、パーティーの穴が増え勝てないパーティも出るようにはなりますが、安定して勝てるパーティーも増えるため結果として勝率の上昇に寄与します。

何かに絞って、とことんやることが大切です。

バリアー搭載のジバコイルの役割対象

磁力+バリアーによる、TOD
→鉄壁エアームド、クレッフィ、ナットレイ(型に依存する)、鉢巻ハッサム、メガクチート(バリアーを積んだ状態で対面できれば)

-個性研究所, 目指せ害悪マスター

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.