Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
悪統一のレンカイに学ぶ。タイプ統一パーティにおける相性について - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

ポケハック

悪統一のレンカイに学ぶ。タイプ統一パーティにおける相性について

更新日:

はじめに

スクリーンショット 2015-04-04 19.30.06
炎は草に強く、草は水に強く、水は炎に強い。

ポケモンのタイプには、このように明確な相性関係があります。
ではタイプ統一パーティにおいても、タイプ相性は絶対的なものなのでしょうか?

実は統一パーティ同士の相性は、タイプとしての相性だけで決まるわけではありません。
たとえば不利なタイプに対して有効打を持つ複合タイプの存在や、相性ではなくSの関係で有利を取れる速攻アタッカーの在籍数、あるいは優秀な特性や補助技など。

悪統一を使う私にとってはその意味で、フェアリー統一より鋼統一のほうが苦手な相手だったりします。
フェアリーは鈍足が多く毒技・炎技で弱点が突けるのに対し、鋼はステロ展開からのルカリオorトリルからのクチートという強烈な2択を迫ってきます…。

様々な要素が重なるため、タイプ相性が不利だから○○統一との相性は悪いとは限りません。逆に、タイプ相性が五分五分だから○○統一との相性も五分、というわけでもありません。
そこがタイプ統一戦の面白いところでもあります。

さっそくタイプ相性不利な相手と対戦!

今回はタイプ相性だけですべてが決まるわけではないことを証明するために、虫統一のベテランである『やんやん』さんと対戦させていただきました。
タイプ統一段位戦ORASの定める段位にて、現在四段もの実力を持つ相手です。

私は悪統一なので、単純なタイプ相性では不利と言えます。
しかしこの対戦で見事に勝利を収め、タイプ相性がすべてではないと証明してみせようと思います。

見事に勝利を収める……つもりでした。ハイ。

勝敗はお察しの通りですが、一応証明はできた試合だと思うので、実戦例として紹介させていただこうと思います。

まずこちらのポケモンは、襷ステロワルビアル・鉢巻ASバルジーナ・竜舞メガバンギラスの3匹(ほかの3匹はブラフ)。

先発ワルビアルの威嚇+ステロで場を整え、裏の鉢巻バルジーナとメガバンギラスで暴れるという、実にシンプルな戦術です。

悪は虫に弱いですが、ワルビアルは襷、バルジーナは複合タイプ、メガバンギラスは素の耐久のおかげで、決して不利とは言い切れないはずです。

さて、相手のパーティは…。
ペンドラー
デンチュラ
ウルガモス
イルミーゼバルビート
ヘラクロス
ハッサム
※バルビートに修正しました。

ねばねばネットを安全に撒くためにデンチュラが襷を持っているのかな? と推測していました。

では、対戦の内容

初手ワルビアルと、ペンドラーの対面

自分より早いポケモンと対面したので岩石封じから入りたかったのですが、ペンドラーの特性は加速なのでS操作に意味はないため、しかたなくステロだけ撒いてワルビアルは退場となりました。

鉢巻バルジーナを死に出し。
ペンドラーのメガホーンを受けて、特性『くだけるよろい』を発動させて無双体勢を取ります。
事前にステルスロックを撒いているので、あとはブレイブバードを連打でゴリ押そうというプラン。討ち漏らしは裏のバンギラス(炎のパンチ持ち)でどうにかする予定でした。

が。

ペンドラーは きあいのタスキで 持ちこたえた!

いやほんと。タスキはデンチュラとばかり……。

くだけるよろいでBのダウンしたバルジーナでは次のメガホーンを耐えるわけもなく。
おまけにペンドラーは加速しているのでS一段階上昇程度のバルジーナで抜けるはずもなく。

バンギラスを出しても、裏からヘラクロスが出てきてあとは流れで……。
やんやんさん、対戦ありがとうございました(涙目)

負けこそしましたが、敗因はあくまで私の狙いがうまくいかなかっただけであって、悪-虫間のタイプ相性はまったく関係ないことが見て取れるかと思います。
むしろステルスロック+一致ブレイブバードでガンガン弱点を突いていける上、『くだけるよろい』で上から叩けるという意味では、むしろ有利だったのかもしれません。

タイプそのものの相性だけで、統一パーティの相性が決まるわけではない。そのことが少しでも伝わればと思います。(いやまぁ負けたけどさ)

最後に

実は今回、二段戦のレポートを書きたかったのですが……うまく都合が会わず、段位戦に出席できなかったのです。

しかし何かしらの記事は書かなければならない! ということで、やんやんさんにお願いして一試合させていただくことになりました。こんなことに付き合ってくださって本当にありがとうございます()

私は二段で、やんやんさんは四段。
段位戦でマッチングするのはずっと先のことになると思いますが、いずれリベンジマッチをさせていただきます…!

レンカイさんの記事一覧はこちら

この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

-ポケハック
-,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.