Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
情報を制する者が対戦を制する:偵察ヌケニン育成論【個性研究所】 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

個性研究所 育成論

情報を制する者が対戦を制する:偵察ヌケニン育成論【個性研究所】

更新日:

ヌケニンの個性を最も活かせる育成論を考える

ヌケニン
ポケモン個性研究所は、差別化を考えるまでない 個性的なポケモンを活かしきるにはどうすれば良いか?

を常に考えます。

1回目は、ヌケニンです。
Lv.20で『ツチニン』が『テッカニン』に進化した際、手持ちに空きがあれば入手できる変わったポケモンです。

全最終進化形ポケモン中最も種族値合計が低いポケモン(しかもHP:1)であるため、攻撃(種族値90)・特攻(種族値30)も低くアタッカーとしては向かないものの、特性:ふしぎなまもりという強烈な個性を持っています。

個性①アタッカーは諦める。

ふしぎなまもり

こうかばつぐん(炎、飛行、岩、ゴースト、悪)以外のダメージを受けない。

ただ、効果抜群以外の技の固定ダメージ系はくらいます。

・どく、やけど状態、混乱、やどりぎでのダメージ
・のろい、あくむ、ナイトメアでのダメージ
・天候(砂嵐、霰)のダメージ
・ステルスロック、まきびしでのダメージ
etc

使い方は難しいですが、先発で起用することで回避できる確率が上がりそうです。
ちなみに、みずびたしを食らうと 水単になるので弱点が減ります。

個性②:弱点以外弱点が効かないので、受け枠として使えそうです。また、先発での起用・交代出しが安定

受け枠として使う場合、相手の技を読める状態を作ることが大切です。
それを行うために、

1.有利なポケモンの明確化

2.読みミスを減らすために、こだわりトリック+まもるを搭載しましょう。

1.有利なポケモンの明確化

こうかばつぐん(炎、飛行、岩、ゴースト、悪)以外のダメージを受けないヌケニンにとって、これらの技を覚えないポケモンには対面有利です。

もちろん、めざパなど読めない部分もありますが 比較的有利な相手をピックアップします。

水タイプ

マリルリ
マリルリ(はたきおとす注意)、水ロトム(めざ炎)などサブウェポンにヌケニンの弱点をつける可能性が低いです。

電気

ライコウ
ジバコイル、ライコウ、サンダース、ボルトロス(化身・霊獣)などはヌケニンの役割対象と言えます。
特に、ボルトチェンジが読める場合は積極的に後出ししたい。

ただ、ライコウは 身代わり+瞑想を積んでくる、毒毒、眼鏡シャドーボールなど不安要素も大きいので対面では厳しい面も。

物理ドラゴン

oras_ガブリアス
逆鱗読みの交代だしで効果的です。
カイリュー、ガブリアスは役割対象です。

こだわりアタッカー

霊獣ランドロス
とんぼがえり、ボルトチェンジなどを読める際は積極的に後出ししたい。
相手は交代せざるを得ない状況を作れるので、こだわりトリックが最も決まりやすいシーンをつくれます。

受けポケモン

oras_クレセリア
受けポケモンは、補助技の採用率が高く 攻撃範囲が狭いのでヌケニンで誤魔化しやすいです。
ポリゴン2、クレセリアなどが役割対象です。

こだわりトリックを積極的に押し付けていきたいです。
ただ、毒毒持ちが多いのが重い。

2.読みを減らすためのこだわりトリック+まもる

こだわりトリック+まもるの利点をあげる前に、他の持ち物を考察してみましょう。

他の持ち物を考察

PGLのもちものを見ていると、きあいのタスキ:60%、ぼうじんゴーグル:21.2%、こだわり鉢巻:5%、ラムのみ:5%、こだわりスカーフ:2.5%といったところ。

全体的には、一回行動を約束してくれる気合いの襷が最も人気です。
サブウェポンによる事故死を防げるため、鬼火・毒撒き・日本晴れ・ゲンガー狩り・こだわり対策が可能です。
採用候補ですが、ヌケニンの良さを活かしきれないので却下。

ラムのみは、鬼火やどくどくを1回だけ無効化にできます。
が、完全に運が絡むので今回は見送り。

天候によるダメージから守ってくれる防塵ゴーグルです。
ユキノオーを見かけることが減ったので、完全にバンギラス意識です。

最後に、こだわりアイテム(スカーフ・鉢巻)です。
こだわりトリックを自分で行うことで、役割対象を増やすスタイルです。
襷もヌケニンの生存率を上がるために一役買いますが、ヌケニンの個性を活かせるのはこだわりアイテムです。

かげうちの火力を意識する場合は、鉢巻を採用します。

こだわりトリック+まもるの利点

こだわりトリックを押し付けることで、相手の行動の選択肢を減らし 読みの精度を上げることができます。

こだわりトリックで役割対象を広げるヌケニンはかなりマイナーなので、奇襲性が高いです。

ヌケニンの縛り性能を活かすには、役割対象が増えるこだわりトリックが一番です。

以上を踏まえて、育成論に落とし込むと以下になります。

ヌケニン 育成論

役割としては、偵察要員です。
まもる、こだわりトリックを駆使して 相手の技・型の情報を引き出しつつ 補助技で負荷をかけます

ヌケニンで、相手が後退せざるを得ない状況を作り、まもるを駆使して相手の情報を引き出すことで、情報の非対称性をつくります。

こちらの方が情報量が多いので、より正確な判断が出来 ゲームを有利に進めます。
がコンセプト。

特性

ふしぎなまもり

トリック / まもる / おにび or どくどく /あやしいひかり or かげうち

トリック+まもるは、コンセプトなので採用です。

次に、ダメージソースとして おにび or どくどくを採用します。
まもるとも相性がいいので、ほぼ確定技です。
PGLでは、鬼火の採用率が90%程度、どくどくが20%程度です。
鬼火は、非接触+ふいうちを空かせる+無効タイプが少ないので毒毒よりも使い勝手が高いです。

残り1枠には、あやしいひかり or かげうち を採用します。
あやしいひかりは、ヌケニンの生存率を上げてくれる素敵技です。

かげうちは、攻撃技がなく 挑発で詰むので採用します。
かげうちは、鮫肌・ゴツメでダメージを受けるので注意が必要です。

性格

せっかち(素早↑ 防御↓)

ダウンロード対策で、D>Bにします。
また、抜ける相手を増やすために 素早さに補正をかけます。

努力値

攻撃:252 / 特防:4 / 素早:252

耐久は、0なので 攻撃・素早しか努力値を振れません。

もちもの

こだわり鉢巻 or こだわりスカーフ

-個性研究所, 育成論
-

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.