ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

最強を目指す人のためのファイアロー環境考察【ORAS】

      2015/05/16

最強を目指す人のためのファイアロー環境考察

ファイアロー
特性:はやてのつばさは、飛行タイプの技が先制で出せる超強力な特性です。
飛行タイプは、ブレイブバード、はねやすめ、おいかぜなど多岐に渡ります。

つまり、ファイアローには、アタッカー、受け、サポートの型が存在します。
まずは、種族値・タイプからおさらいしましょう。

種族値

ファイアロー_種族値
素早さ126族という部分以外は、ぱっとしない種族値ですね。

素早さ調整一覧

実数値195
最速ファイアロー、スカーフ準速ホルード
→物理受け型の一部は、鬼火を先制で撃てる範囲を増やすために最速を採用します。

実数値178
最速110族(メガメタグロス、ラティ兄妹、ゲンガーなど)、準速ファイアロー

実数値170
最速ガブリアス抜き
→おいかぜサポートや、HAベースでつるぎのまい搭載の抜きエースの際採用されます。

最速〜準速のあいだには、化身ボルトロス、メガルカリオなど抜いておきたいポケモンがたくさんいます。
すばやさ調整するなら、ようきの性格を採用しましょう。

ファイアローのタイプ(炎・飛行)

ばつぐん(4倍) いわ
ばつぐん(2倍) でんき/みず
いまひとつ(1/2) かくとう/ほのお/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4) くさ/むし
こうかなし じめん

耐久は、岩4倍でステルスロックに弱く、メジャーな水・電気が弱点なので優秀とは言えません。
攻撃は、タイプ相性で無効にされない飛行、半減される鋼の弱点をつける炎と恵まれています。

ファイアローの型のいろいろ

PGLの持ち物を参考に、どんな型があるか考察します。

こだわりハチマキ 30%
あおぞらプレート・するどいくちばし 24%
いのちのたま 21%
ゴツゴツメット 16%
ラムのみ 3%
ちからのハチマキ 2%
オボンのみ 2%
だっしゅつボタン 1%
その他 4%

こだわりハチマキ 30%

最もメジャーなファイアローの型です。
メガゲンガー、ゲッコウガなどすばやさが高いが耐久力のないポケモンを優先度+1で処理できるのが強みです。

ァイアローの小回りが利かなくなるものの、元々飛行技のブレイブバードしか使わないのでデメリットは気になりません

準速ファイアローは、最速110族(メガメタグロス、ラティ兄妹、ゲンガーなど)と同速です。
対面で不利ならば、最速110族未満のポケモンならとんぼがえりで逃げれます。

育成論 詳細

特性

はやてのつばさ
※飛行タイプの技が、優先度+1で出せる

ブレイブバード / フレアドライブ / とんぼがえり / ねごと

性格

いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)

もちもの

こだわりハチマキ

努力値

攻撃:252 / 防御:6 / 素早:252
参考
こだわり鉢巻ファイアローは使いやすさNo.1な 育成論【ORAS】

あおぞらプレート・するどいくちばし 24%

攻撃技を、ブレイブバードのみに絞る一方、つるぎのまい+ちょうはつで抜き性能を高めた型です。
ちょうはつを搭載することで、耐久ポケモンを積みの起点に変えることができます。

技構成は、ブレイブバード/剣の舞+他2技が特長です。
2枠には、ちょうはつ / はねやすめを採用することが多いです。

持ち物が被らないこともメリットであり、抜きエースとして採用しやすいです。
優先度+1のブレイブバードで戦うので、すばやさ振りするメリットは小さいです。
よって、HAベースのファイアローがほとんどです。

育成論詳細

特性

はやてのつばさ
※飛行タイプの技が、優先度+1で出せる

ブレイブバード / つるぎのまい / ちょうはつ / はねやすめ

性格

いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)

もちもの

あおぞらプレート

努力値

HP:172 / 攻撃:252 / 防御:28 / 特防:4 / 素早:52

S:準速100族抜
主なすばやさ調整先は以下の通り

151(36振り):最速85族抜き。スイクン・クレセリアに挑発を意識するため
153(52振り):準速100族抜き。
168(172振り):最速100族抜き。最速メガガルーラのふいうちを意識した場合。
170(188振り):最速ガブリアス抜き。
174(220振り):最速レパルダス抜き。ねこのてを意識するなら

いのちのたま 21%

プレート持ちと比べると、攻撃範囲+高い瞬間火力が魅力です。

技構成は、ブレイブバード / つるぎのまい / フレアドライブ / とんぼがえりなので自分で起点をつくるのが難しいため、パーティ単位で起点作りが必要です。

HPがモリモリ削れるので、すばやさ調整を行い HP振りするのが一般的です。

育成論詳細

特性

はやてのつばさ
※飛行タイプの技が、優先度+1で出せる

ブレイブバード / つるぎのまい / フレアドライブ / とんぼがえり

性格

いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)

もちもの

いのちのたま

努力値

攻撃:252 / 防御:4 / 素早:252
※素早さ:110族と同速
参考
全抜きエース 命の球持ちファイアロー育成論【ORAS】

ゴツゴツメット 16%

鬼火+ゴツゴツメットの削りダメージで戦うファイアローです。
優先度+1ではねやすめを撃てるチート性能のおかげで、低耐久も目をつむることができます。
ただ、スカーフ持ちにかなり弱くなるので、岩技持ちのアタッカー(ガブリアス・霊獣ランドロス)は要注意

素早さ調整は、

①ガブリアスに先制で鬼火を入れれるライン

or

②害悪エルフーンにブレイブバードで負担をかけることを意識した、エルフーン抜きのラインが多いです。

ステルスロック+ほえるを受けると致命傷になるので、ちょうはつを積極的に使用することが大切です。

育成論詳細

特性

はやてのつばさ
※飛行タイプの技が、優先度+1で出せる

ブレイブバード / ちょうはつ / はねやすめ / おにび

性格

ようき(素早↑ 特攻↓)

もちもの

いのちのたま

努力値

HP:252 / 防御:76 / 素早:180
素早さ:エルフーン抜き
参考
物理受けファイアロー育成論〜鬼火撒き+ゴツゴツメット【ORAS】

以下のマイナーな方は簡易的な考察で割愛していきます。

ラムのみ 3%
→HD方面に努力値を振るファイアローです。
役割対象は、クレセリア・ポリゴン2・サンダーなどです。

ブレイブバード/おにび/ちょうはつ/はねやすめが技構成の基本。
ちょうはつ+おにび+はねやすめで耐久ポケモンを殺します。

ちからのハチマキ 2%
→球ダメージ・こだわり鉢巻のデメリットを嫌うプレイヤーに好まれます。
プレートと違い、フレアドライブ・ブレイブバード両方の威力を上がれるのでつるぎのまいを採用することで抜きエースとして活躍しやすくなります。

攻撃特化にすることで、HP252振りメガクチートが75%で乱数1発(96.8%~114.6%)になることも採用理由です。

オボンのみ 2%
だっしゅつボタン 1%
→おいかぜを採用する場合に持たせる持ち物です。

オボンのみは、自身の耐久力をあげ 場を整えるのが得意です。
おにび・ちょうはつで荒らしたあと、脱出ボタンでつなげます。

脱出ボタンを採用する場合、先発で追い風撒き→脱出ボタンで後続への流れを作ります。

ファイアローで有名な構築

あまのじゃくジャローダ+ファイアロー

ジャローダ
物理受けファイアローが苦手なポケモンに対して、ジャローダが強め。
→ジャローダは、
①ステロ撒き(カバルドン、霊獣ランドロス、ラグラージ)
②水ポケモン
③電気ポケモン
④物理受け

に対して強気に立ち回れます。
参考
あまのじゃくジャローダ+ファイアロー構築【ORAS】

ファイアロー+ガマゲロゲ構築

ガマゲロゲ
ファイアローで突破できないポケモンのとんぼがえりの先として、ガマゲロゲを登場させます。
ファイアローとタイプ相性はバッチリ。

ガマゲロゲの耐性は、ファイアローの弱点である水・電気は無効、岩は半減です。
参考
ファイアロー+ガマゲロゲ構築

ファイアロー+バンギラス構築

バンギラス
どくどく+まもるを搭載したバンギラスで耐久ポケモンの処理、ファイアローがフィニッシャーとして残った敵をブレイブバードで駆逐します。

また、相性補完に優れるのもポイントです。
バンギラスの弱点である、格闘/くさ/じめん/むし/はがね/フェアリーに対してファイアローが耐性があります。

ファイアローの弱点である、いわにバンギラスが耐性があります。
2体で共通する弱点は水タイプですので、3匹目には耐性があるポケモンを入れたい。
参考
ファイアロー+バンギラス構築【ORAS・バンギアロー】

ジバコイル+ファイアロー構築

ジバコイル
ジバコイルは鋼+電気というタイプから、豊富なタイプを持っています。
一方、弱点が炎格闘地面とサブウェポンで採用されやすいタイプが弱点であり、耐性の数以上に耐久に不安を感じるときもあります。

そこで、格闘・じめんに有利なファイアローを採用します。
格闘・じめんタイプのポケモンは物理ポケモンが多いので、物理受けファイアローを採用します。

とんぼルチェンとして、サイクルを回せるのも使いやすさの一因です。
参考
相性補完サイクル ジバコイル+ファイアロー構築【XY】

ファイアロー対策

ファイアローにアドバンテージを取れるポケモンはざっくり言うと、

①炎・飛行に耐性ある
→ヒードラン・水ロトムなど

②鉢巻ブレバを耐えれるスカーフ持ち
→ガブリアス、霊獣ランドロスなど

すべての型に対応するとなると、上記①・②がいいです。
ただ、全抜きされることが最悪なので

①対面で負担をかえている立ち回りができるか

②飛行の一貫性を作らない

が重要。

参考
ファイアロー対策にオススメの6つの方法とポケモン【ORAS】

 - ポケハック, 使用率の高いポケモン

  関連記事

メガハッサム
メガハッサム+水ロトム とんぼルチェン構築【ORAS】

メガハッサム+水ロトム とんぼルチェン構築 運用方法 ①メガハッサム・水ロトムで …

oras_クレセリア
みかづきのまい型が60%超え!!!クレセリアの流行【ORAS シーズン7】

クレセリア 流行 全体感 クレセリア+メガガルーラ 構築の組み合わせで、月光乱舞 …

oras_ガブリアス
安易な受けを許さない こだわり鉢巻ガブリアス育成論【ORAS】

ガブリアス 育成論 概要 特性 さめはだ ※接触技を受けると相手に最大HPの8分 …

oras_メガゲンガー
クレッフィ+メガゲンガーのたたりめ構築【ORAS】

クレッフィ+メガゲンガーのたたりめ構築 運用方法 ①クレッフィで、特殊ポケモンに …

水ロトム
こだわりスカーフ水ロトム育成論:ナットレイがいる環境意識【ORAS】

スカーフ水ロトム 育成論 概要 特性 ふゆう 技 10まんボルト / ハイドロポ …

oras_メガミミロップ
【ORAS】メガバシャーモとメガミミロップの違いを比べてみた

格闘ポケモンの2大巨頭 メガバシャーモとメガミミロップ レートで使用率の多い格闘 …

oras_メガボーマンダ
みがわり+はねやすめ搭載で安定感抜群:メガボーマンダ育成論【流行】

メガボーマンダ 育成論 概要 PGLランキング12位に舞い戻ってきた、メガボーマ …

卯月さんからのイラスト
レンカイによるタイプ統一戦:悪vsゴースト!そしてファンアートありがとう!

悪vsゴースト! そしてファンアートありがとう! 【ニコニコ動画】【ポケモンOR …

マリルリ
【ORAS】オボンマリルリ テンプレ育成論【シングルレート】

マリルリ 育成論 概要 技 はらだいこ / アクアジェット / じゃれつく / …

oras_メガゲンガー
メガゲンガー対策にオススメの6つの方法とポケモン【ORAS】

メガゲンガー 特徴 役割 ・特性:かげふみによるサイクル崩し ・特性:かげふみ+ …