ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

オニゴリスト レンカイ流:風船クレッフィの調整【ORAS】

      2015/04/19

はじめに

クレッフィ
レンカイです。
2月から当サイトで記事を書かせていただいておりますが、自己紹介をしたことがありませんでしたね……。

私は『鬼火煉恢(おにび れんかい)』というハンドルネームで活動していたことがあり、当時の最高順位は1位。
オニゴーリを主軸とした構築で戦う『オニゴリスト』といえばご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

過去にパーティを公開したとき、私の説明不足のせいで、コメント欄で間違った感想をいただいたことがあります……。

そこで、今回は特に誤解の多かった『風船クレッフィ』の解説をさせていただこうと思います。

サンプル構成

性格

おだやか

特性

いたずらごころ

持ち物

ふうせん

努力値

H228 B100 D180

HP:4n+1
みがわりがガブリアスのA2↑岩石封じを確定耐え、
残り:B
D:ちょうど11nで無駄がない

技構成

イカサマ/いばる/でんじは/みがわり

パッと見、持ち物以外は通常の食べ残しクレッフィと変わりませんが、動かし方はまったく違うポケモンとなります。
詳しくは後述。

運用方法

通常のクレッフィと同様、主な使い方は麻痺撒きです。
麻痺の通らない地面タイプには、風船を盾にいばみがで突破を狙います。

『風船クレッフィは先発に出し、ラムガブにも運ゲーを仕掛けられる』と言われていますが、それは間違った立ち回りです。

このクレッフィは先発運用ではありません。
2匹目に入れるのが、私のおススメです。

ケース1:先発ウォッシュロトムを選出する

水ロトム
相手が初手ガブリアスだった、と仮定します。クレッフィ警戒ならよくある選出ですね。
こちらは図太いウォッシュロトムとしましょう。

こちらの行動にはハイドロポンプを打つパターンと、鬼火を撒くパターンがあります。
相手側の行動は、ラムでつるぎのまい、鉢巻でげきりん、あたりを考慮しましょう。

こちらがハイドロポンプ、相手がラムでつるぎのまいだった場合→次のターンで逆鱗読みクレッフィ後出し。既にイカサマ圏内なので、がんせきふうじ1回受けてイカサマで突破できます。

こちらがハイドロポンプ、相手が鉢巻げきりんだった場合→次のターンでクレッフィに引き、安全にみがわり。ガブリアスは引かざるを得ないので、いばみがの起点です。
たべのこしによる回復がないので無限に戦えるわけではありませんが、風船が残るので相手のみがわり破壊手段が少なくなることに注目です。
3匹目にはオニゴーリなど、電磁波が生きるポケモンを添えましょう。

こちらが鬼火、相手がラムでつるぎのまいだった場合→次のターンで逆鱗読みでクレッフィ後出し。ふうせんが残っている限り安全にみがわりを残すことができます。

耐久調整により、がんせきふうじではみがわりは壊れません。もちろん鬼火でラムを消費させているので、みがわりを貼らず威張ってもいいですね。

こちらが鬼火、相手が鉢巻げきりんだった場合→この場合もクレッフィに引いて問題ありません。

ケース2:先発メガフシギバナを選出する

メガフシギバナ
このケースでも、相手がガブリアスと仮定します風船クレッフィは地面、特にガブリアスを意識しているので……。

こちらの行動は、やどりぎのタネ、または即座にクレッフィに引くこと。
相手の行動は、つるぎのまい、鉢巻げきりんの2パターンを考えます。

こちらがやどりぎ、相手がつるぎのまいだった場合→げきりんでもじしんでも、クレッフィの後出しが安定します。
そこからみがわり。ガブリアスからのがんせきふうじを受けても、みがわりがギリギリ残ります。

さらにやどりぎを撒いているため、いわゆる『やどみが』の形となります。
あとはクレッフィ、イカサマでガブリアスを攻撃してもいいですし、交代読みで威張っても有利になりますね。

こちらがやどりぎ、相手が鉢巻げきりんだった場合→ごりっと削られ、フシギバナが今後の役割を失ってしまうので、このパターンは苦しいです。とりあえずクレッフィを出して流すしかありません。

鉢巻げきりんが怖ければ、フシギバナは何もせずクレッフィに引っ込めるのが安定ですね。

強化アイテムなしでのげきりん、ステロなどについては記載していませんが、それらの場合でもウォッシュロトムやフシギバナで一度行動してからクレッフィに引っ込めるのが基本となります。

このクレッフィ、どこが強いの?

2匹使ってまでやることが、『3匹目の起点作り』。
起点くらい1匹で作ればいいのにと思われることでしょう。

このクレッフィの採用理由は、ずばりオニゴーリと組ませることに意味があります。

「オニゴーリの起点だって、へびにらみや後攻ボルトチェンジで十分じゃないの?」

もちろん、そのとおり。麻痺した相手にオニゴーリを投げれば起点になります。

では、起点の前で安全にまもみがしたオニゴーリがそのまま勝利する確立はどれぐらいでしょうか?
相手によるのでハッキリとはいいませんが、運ゲーである以上、必勝とは程遠いでしょう。

そんなオニゴーリの勝率を上げる手段として、前座の起点作り役もいばみがなどの運ゲーを行う戦法がおススメです。

前座のクレッフィがいばみが運ゲー→運負けで突破されても、もう一度オニゴーリが運ゲー。
2連続で不運が訪れない限りは勝てます。

運ゲー構築の基本は、複数の運ゲーを重ね合わせ、ひとつでも勝てばいいという状況を作ること。これによりで運負けを相当数減らすことができます。

ダメージ計算

対ガブリアス

oras_ガブリアス
げきりんは無効。
じしんはクレッフィがHBベースかつガブリアスが強化アイテムを持っていない場合のみ耐えることができます。

ではなぜHDベースなのかというと、クレッフィは威張るによってB調整が活かしにくいことが多かったからです。ガブリアスのA2↑岩石をみがわりが耐えてくれればあとはDがほしいですね

では問題のがんせきふうじ

補正無しA2↑がんせきふうじ→H228 B100クレッフィのみがわりに対し 82.5%〜97.5% で確定耐え。

さて、返しのイカサマですが……。

補正無しA2↑イカサマ→耐久無振りガブリアスに対し 61.7%〜73.2% のダメージ。

そう、これだけでは倒せないのが問題点です。
事前にハイドロポンプややどりぎで削る必要がありますが、逆にいえば、それさえきっちりしていれば楽々ガブリアスを突破することが可能となります。

電磁波の通らないガブリアスをクレッフィで突破できれば、その後の麻痺撒きが楽になります。
麻痺を撒いて、後ろのオニゴーリなどのエースに繋げましょう。

対いのちのたまゲッコウガ

oras_ゲッコウガ
C252振りハイドロポンプの被ダメージ→クレッフィに 54%〜65.2% の確定2発。

初手で電磁波を撒くことにより、『ゲッコウガが麻痺をかいくぐって2連続で動く』かつ『ハイドロポンプが2連続で命中』しなければ2ターンでクレッフィが落ちることはありません
もちろん2ターン目にはクレッフィは威張るでしょうし、より被突破率を下げるためには1ターン目から威張るのも選択肢です(1ターン目はできれば電磁波から入りたいですが)。

みがわりを残すことができれば反撃、みがわりが残らなければオニゴーリに繋げます。
返しのイカサマは、A2↑で等倍、A実数値最低と仮定すると 50.3%〜59.8% の確定2発。

対いのちのたま化身ボルトロス

化身ボルトロス
では命中安定技で攻撃してくる相手のダメージはどうか?
麻痺が通らないので役割対象外ですが、参考として化身珠ボルトロスさんに協力していただきます。

C252珠10まんボルト→34.7%〜40.9% の確定3発。

高威力技でなければ、このように大抵は確定3発に抑えることができます。

最後に

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
今回は私が過去にレート1位を取ったとき使っていたポケモンの紹介をさせていただきました。
もし、私のパーティを参考にして風船クレッフィを使ってらっしゃる方がいれば、この記事を参考にしていただきたいなと思っています。

大事なのはこの2点
・風船クレッフィはあまり先発運用しない。やどりぎやラム潰しの鬼火から繰り出していく。
・運ゲーは複数重ねることで真価を発揮する。

この記事は、レンカイさんに書いていただきました。

 - 育成論 , ,

  関連記事

スターミー
害悪型 ちいさくなるスターミー育成論【ORAS】

スターミー 育成論 概要 特性 しぜんかいふく 技 みがわり / ちいさくなる …

メガメタグロス
ようき メガメタグロス育成論【ORAS】

メガメタグロス 特徴 メガ進化することで、速攻アタッカー or 高耐久高火力アタ …

メガサーナイト
キノガッサを意識した:ひかえめメガサーナイト育成論【ORAS】

メガサーナイト 育成論 概要 特性:フェアリースキン+C165から繰り出されるア …

メガリザードン
ひかえめメガリザードンY育成論:オーバーヒートが魅力【ORAS】

ひかえめメガリザードンY 育成論 概要 特性 ひでり ※メガ進化前は、トレースを …

メガスピアー
【ORAS】メガスピアー テンプレ育成論【ようき・適応力】

メガスピアー 育成論 概要 技 どくづき/まもる/とんぼがえり/ドリルライナー …

シャンデラ
こだわり眼鏡すりぬけシャンデラ育成論:起点作り対策

シャンデラ育成論 概要 壁張り・みがわりを貼って、起点を作る構築が最近増えていま …

ニンフィア
アッキのみ持ちねむねご両受けニンフィア育成論

ねむネゴアッキニンフィア育成論 運用方法 特殊アタッカーは瞑想で、物理アタッカー …

フワライド
状態異常(鬼火+電磁波)撒き:かるわざフワライド育成論【ORAS】

状態異常撒きフワライド 育成論 概要 フワライド=ちいさくなる+バトンタッチのイ …

サンダー
スカーフサンダー育成論:流行の並びに強い+読まれにくい【流行】

もんディー先生に学ぶスカーフサンダー育成論 こんにちはもんディーです。 今回はス …

悪巧み霊獣ボルトロス
受けループ対策:悪巧み 命の珠霊獣ボルトロス育成論【ORAS】

命の珠霊獣ボルトロス 育成論 概要 S100族のポケモンを絶望に追いやると噂の& …