ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

害悪を封殺するサポート型化身ボルトロス育成論【ダブルバトル・ORAS】

      2015/04/19

育成論概要

化身ボルトロス
5世代から登場した補助技を優先度+1から放てる凶悪な特性であるいたずらごころ。

今回は電気飛行という優秀なタイプであり、準伝説で高種族値であるにも関わらず、いたずらごころを持っているボルトロスの配分について紹介します。

メガガルーラなどの物理が中心となっている全国ダブルの環境では物理耐久に多く振るサポート型のボルトロスが多く、特殊耐久や素早さに振っているボルトロスは少なくなってきています。

そのため、ボルトロス同士のミラーになった際の素早さというのはシビアなものになってきています。今回紹介する配分ではそのあたりも意識してボルトロスミラーした場合にも優位を取れるような配分を考えました。

特性

いたずらごころ

10まんボルト/めざめるパワー氷/でんじは/ちょうはつ

性格

おくびょう

持ち物

オボンのみ

努力値

HP:236/防御96/特攻4/特防64/素早さ108

実数値:184-*-102-146-108-159(B個体値30)

HPは184(4n)にすることでオボンのみ最大回復、いかりのまえばでオボンのみが発動するように調整しました。素早さは最速91族+2調整をしています。

運用方法

このボルトロスは一般的なサポート型ボルトロスと違い、最低限の耐久を維持しつつ、素早さに多く配分した調整になっています。

この配分を使う理由として相手のサポート型ボルトロスに対して、ほぼ確実に上からちょうはつを撃つことが出来るという大きなメリットを持っています。

また、いじっぱりメガガルーラのすてみタックルをオボン込みで耐えることができるため、でんじはを撒くというサポートとしての役割も遂行することもできます。

また、ようき最速霊獣ランドロスを抜くことが出来るため、めざめるパワー氷を上から撃ち、大きく体力を削ることが出来ます。横のポケモンの攻撃と合わせれば簡単に処理することが出来るようになります。

技の採用理由

技構成は10まんボルト/めざめるパワー氷/でんじは/ちょうはつになっています。

6世代以降からはボルトロスにまもるを採用するケースが多くなってきましたが、今回は耐久値を最低限ではありますが振っていますので、採用しなくとも問題がないと判断しました。

まもるがないことによって起こる弊害としてはメガガルーラからのねこだましを防ぐことができないということですが、その際には隣が自由に動けるということと次のターンは確実に電磁波を撒くことが出来ることを考えるとまもるを採用する理由は薄いように感じられます。

ちょうはつについては最近メンタルハーブを持ったモロバレルが多いため、特殊ポケモンの行動を妨害することが出来るいばるなどの採用を考えましたが、相手のサポート型ボルトロスよりも先に動ける点と味方をおにびなどの状態異常などから守れるという点を考えるとちょうはつの方が有用である場面が多いと思われます。

火力

10万ボルト

H4ファイアロー
ダメージ: 168〜198
割合: 109%〜128.5%(確定1発)

H4ボルトロス
ダメージ: 75〜88
割合: 48.3%〜56.7%(超高乱数2発)

H252スイクン
ダメージ: 110〜132
割合: 53.1%〜63.7%(確定2発)

H4メガガルーラ
ダメージ: 63〜75
割合: 34.8%〜41.4%(確定3発)

めざめるパワー氷

H4ランドロス
ダメージ: 136〜160
割合: 82.4%〜96.9%(確定2発)

H252モロバレル
ダメージ: 68〜80
割合: 30.7%〜36.1%(中乱数3発)

耐久

物理耐久

いじっぱりA252メガガルーラのすてみタックル
合計ダメージ:193〜229
合計割合:104.9%〜124.4%(オボン込みで確定耐え)

いじっぱりランドロスのいわなだれ
ダメージ: 90〜106
割合: 48.9%〜57.6%(オボン込みで高乱数3発)

いじっぱりファイアローの鉢巻フレアドライブ
ダメージ: 145〜172
割合: 78.8%〜93.4%(確定耐え)

特殊耐久

おくびょうC252ボルトロスの10まんボルト
ダメージ: 84〜99
割合: 45.6%〜53.8%(オボン込み高乱数3発)

おくびょうC252ヒードランのねっぷう
ダメージ: 67〜81
割合: 36.4%〜44%(オボン込み低乱数4発)

ひかえめC252メガリザードンYのねっぷう
ダメージ: 129〜153
割合: 70.1%〜83.1%(確定2発)

素早さ

このボルトロスで意識したのは相手のランドロスとそのランドロスを抜く調整をしたポケモン

最近のメガガルーラは最速のものが減ってきていて、霊獣ランドロス抜きに調整している場合が多いです。
そのため今回は霊獣ランドロスを抜くという目的に加えて、最速霊獣ランドロス抜き抜き調整を施しました。

実際にこのボルトロスは大きな火力を持っていませんが、上からある程度削ることは出来るため、隣のポケモンの攻撃と合わせて相手を倒していくことが出来ます。

当然ながらいたづらごころ優先度+1から放たれるでんじはで味方のサポートに徹することも出来ます。

採用される構築

ボルトロスは構築を考える上で欠かせない素早さ操作の技を持っているポケモンであるため、構築の軸としても使われることは多いです。

だいたいの場合は、ボルトロスの横にランドロスやメガガルーラなどのボルトロスをまもることの出来るポケモンが置かれる事が多いです。

ただし、元々が放置されづらいポケモンなので過剰にボルトロスを守る形を取るのではなく、役割を果たすために少々雑に扱えるような構築に入れることが出来ればいいのではないでしょうか。

この記事は、地紋さんに書いて頂きました。
記事の記事のアイディア(書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

 - ダブルバトル, 育成論

  関連記事

ツボツボ
ツボツボとねばねばネット軸の考察【ORAS】

始めに 中速ATにスカーフ持たせたぞ! これでガブリアスに抜かれないね! 現実「 …

oras_ライコウ
【ORAS】たべのこし+めいそう+みがわり ライコウ育成論

ライコウ 育成論 概要 技 10まんボルト / めざめるパワー / めいそう / …

オニゴーリ
起点作りいらずの穏やか威張るオニゴーリ育成論

穏やか威張るオニゴーリ育成論 『ジャローダ・オニゴーリ・メタモン』 九尾杯で使お …

水ロトム
サイクル戦の要!  ボルチェン水ロトム育成論【ひかえめ・オボンのみ】

水ロトム 育成論 概要 ガブリアス・メガボーマンダに対面で、鬼火を入れることを意 …

サンダー
麻痺撒き+特殊受け:おだやかサンダー育成論【ORAS】

サンダー 育成論 概要 ゲンガー、メガゲンガーの【みちづれ】持ちを安定して処理で …

ギャラドス
どくどく・ちょうはつ持ち物理流しギャラドス育成論【ORAS・ゴツゴツメット】

ギャラドス 育成論 概要 ゴツゴツメット×4+アクアテールのダメージでメガガルー …

ピクシー
環境先読み!!マリルリに強い、天然ピクシー育成論【ダブル】

何故今ピクシーなのか 以前にマリルリが環境に増えつつあるということを記事内で述べ …

ヒードラン
耐久を意識した残飯みがわりヒードラン育成論【ダブル・ORAS】

残飯みがわりヒードラン育成論概要 6世代から新たに追加されたフェアリータイプ。そ …

ズルズキン
脱出ズルズキン育成論:新たなる常識『支配構築』の軸【ORAS】

脱出ズルズキン育成論 概要 今回はズルズキンの育成論と銘打ってはいますが、実際に …

ブラッキー
いやしのすずで状態異常に強い! どくどく撒きブラッキー育成論【ORAS】

どくどく撒きブラッキー 育成論 概要 ちょっと柔らかい、クレセリアといったイメー …