オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

ダブルバトル

キリキザンを恐れない!スカーフ霊獣ランドロス育成論【ダブルバトル・ORAS】

更新日:

スカーフ霊獣ランドロス育成論概要

霊獣ランドロス
浮いている地面の威嚇持ちとしてBW2時代から常に全国ダブルの環境のトップに立ち続けている霊獣ランドロス。

A種族値145から繰り出される地震の火力は半端ではなくORASになってからは、はたきおとすが強化されたため、その勢いは衰える様子はありません。また、XY後期にはとつげきチョッキを持った数値を生かした型も登場し、このポケモンの処理がより一層難しくなってきてもいます。

今回は多くある型の中でも最もメジャーであるこだわりスカーフを持ったランドロスの配分について考えました。

特性

いかく

じしん/いわなだれ/ばかぢから/とんぼがえり

性格

いじっぱり(攻撃↑特攻↓)

持ち物

こだわりスカーフ

努力値

HP:4/攻撃:156/防御:92/特防:4/素早さ:252

調整先詳細

実数値
165-203-122-*-101-143

HPは実数値165(2n+1)にして怒りの前歯の最大ダメージを避けるようにしています。また今回は出来る限り火力と素早さに努力値を振るためにHP効率よりも最小努力値を優先しています。

運用方法

ランドロスはダブルで特に優秀な特性であるいかくを持っており、タイプが地面・飛行と岩タイプの技を等倍で受けれる威嚇持ちは貴重でありとても優秀です。

また、地面タイプの技は一貫のしやすいため、対戦終盤に相手を一掃する働きをすることができます。しかし、素早さが100族より遅い91族であるため、その微妙な素早さを補うためのこだわりスカーフとの相性は抜群です。

しかしながら、メガガルーラの次にKPの高いランドロスはメタの対象となりやすく、相手の構築にまけんきを持ったキリキザンなどがいると選出しづらくなりますが、『いじっぱりキリキザンの一段階アップ球ふいうち』を耐える調整を施すことによってランドロスに対する縛りが薄くなり、選出の幅が広げることができます。

技の採用理由

技構成はじしん/いわなだれ/ばかぢから/とんぼがえりとなっていますが、他の候補としては、はたきおとす/がんせきふうじ/だいちのちからなどがあるでしょう。

じしんに関しては地面の一貫性の高さとその火力などを考えると最も切りにくい技です。

いわなだれに関しても相手がワイドガードを使えるポケモンを持っている場合を除いて、岩タイプの全体技として使うことが出来ます。

また、今回は持ち物がこだわりスカーフですので3割のひるみによって優位に立てる場面や不利な状況をひっくり返すことが出来るため採用に至りました。

残りのばかぢから/とんぼがえりについてはメガガルーラのことを意識をして採用することに決めました。

このランドロスは少し削れた状態のメガガルーラをばかぢからで上から簡単に倒すことができますし、サザンドラやバンギラスなどを倒す時にも便利な技です。またとんぼがえりについてはいかくをもう一度相手に入れるために下げる際に相手の交代を見てからこちらを交代するという後出しジャンケンのような状態を作ることが出来る強さを持っています。

またばかぢからとの技相性も良く、とんぼがえり+ばかぢからでH4振りメガガルーラを確定で倒すことが可能です。

火力

じしん

H4キリキザン
ダメージ: 144〜170
割合: 102.1%〜120.5%(確定1発)

H252B44メガゲンガー〔アローの鉢巻ブレバ耐え〕
ダメージ: 162〜192
割合: 97%〜114.9%(乱数1発 81,3%)

いわなだれ

H172B4メガリザードンY
ダメージ: 176〜208
割合: 100.5%〜118.8%(確定1発)

H252ファイアロー
ダメージ: 188〜224
割合: 101.6%〜121%(確定1発)

ばかぢから

H4テラキオン
ダメージ: 168〜198
割合: 100.5%〜118.5%(確定1発)

H4サザンドラ
ダメージ: 168〜198
割合: 100%〜117.8%(確定1発)

H4メガガルーラ
ダメージ: 154〜182
割合: 85%〜100.5%(+とんぼがえりで確定で倒せる)

耐久

物理耐久

補正有りA252キリキザンの一段階アップ球ふいうち
ダメージ: 140〜165
割合: 84.8%〜100%(最高乱数以外耐え)

補正無しA252メガガルーラのねこだまし+すてみタックル〔威嚇込み〕
ねこだまし
合計ダメージ: 34〜41
合計割合: 20.5%〜24.7%

すてみタックル
合計ダメージ: 100〜118
合計割合: 60.6%〜71.4%

2つの合計ダメージ: 134〜159
2つの合計割合: 81.1%〜96.1%(確定耐え)

補正有りA252ファイアローの球ブレイブバード〔威嚇込み〕
ダメージ: 70〜83
割合: 42.4%〜50.3%(最高乱数引かなければ耐え)

特殊耐久

補正有りC252サザンドラのりゅうせいぐん
ダメージ: 141〜166
割合: 85.4%〜100.6%(最高乱数以外耐え)

補正有りメガリザードンYのねっぷう〔ひでり下〕
ダメージ: 138〜163
割合: 83.6%〜98.7%(確定耐え)

素早さ

準速。準速ランドロスは他のポケモンの素早さ配分を考える上で指標になってしまいがちではありますが、他のスカーフランドロスなどに素早さを負けないため、最悪でも同速にするため、準速を維持することにしました。

性格をようきにしてしまうと倒せない相手がとても増えてしまうためこだわりスカーフを持ったランドロスを使用する際はいじっぱりの方が使いやすいです。

採用される構築

ランドロスは基本的にどのような構築にも入りやすいですが、特に岩耐性が薄くて、いかく持ちが必要な場合に必ずと言っていいほど採用されます。

ダブルではいわなだれという全体技が非常に強いため、それらを抜群で受けてしまうギャラドスなどは一度怯んでしまうといかくを入れたのに関わらず倒されてしまうということが非常に多いです。

そのため、岩タイプを等倍にすることができるランドロスというのは貴重ないかく要員です。

この記事は、地紋さんに書いて頂きました。
記事の記事のアイディア(書いて欲しいポケモン、構築のなど)・質問があればリプライをこちらまでお願いします。

-ダブルバトル
-

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.