ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

*

環境を意識した物理受けゴツゴツメットマンムー育成論【ORAS】

      2015/03/15

マンムー育成論 概要

マンムー
回復技がないマンムーなのに、ゴツメ持ち+どくどくで耐久潰しのマンムーの紹介です。
マンムーといえば、【きあいの襷】【いのちのたま】【こだわりスカーフ】を持たせたアタッカーが一般的です。
マンムーは攻撃範囲が広いものの、

弱点をつけない時・・・・
物理受けがやってきた時・・・

マンムーはあっけなく倒される事も多いです。
それなら、有利に処理できるポケモンを絞る+どくどくで耐久ポケモンを牽制することでマンムーを使ってみるが今回のコンセプト。

ゴツゴツメット、どくどくを搭載することで汎用性は落ちますが、今の環境(ファイアロー・メガガルーラ・ガブリアス)を強くメタる場合 ゴツメマンムーが動きやすいです。

特性

あついしぼう
※『ほのお』『こおり』タイプの技を受けた時、ダメージが半減する。

じしん/こおりのつぶて/どくどく/ステルスロック

性格

ずぶとい(特攻↓ 防御↑

もちもの

ゴツゴツメット

努力値

HP:140 / 攻撃:12 / 防御:252 / 特防:4 / 素早:100
※攻撃:B4振りガブリアスをゴツメ込みで確1
※HP-防御:余り
※素早:準速60族(ギルガルドなど)、最速50族(マリルリ、ラッキーなど)抜き

マンムーの流行

マンムーの苦手なゲッコウガ、マリルリ、水ロトムの個体数はへっているものの、スイクン・キノガッサなどは個体数が増えてきた印象がある。
ステルスロックを搭載することで、キノガッサ(襷つぶし)・ファイアロー・ボルトロスを強く牽制できる。
どくどくは、物理受けポケモンとの対面、交代読みで使いたい。
対面で居座って毒ダメージを蓄積させるのではなく、耐久ポケモンとの対面でダメージを1発受けて毒をいれて交代、交代読みで毒をうつなどで対応したい。

①技、持ち物の変移

・ステルスロック
(シーズン7)53.8%
(シーズン8)45.1%
→採用率は低下傾向なものの、マンムー=ステロを撒いてくるイメージは強いです。

・はたきおとす
(シーズン7)ランク外
(シーズン8)10.4%
採用率が大幅に増加。
ゲンガーの処理や呼ぶ耐久ポケモンに負荷をかける。
有利不利がはっきりしたポケモンなので、相性は良い。

・どくどく
(シーズン7)7.6%
(シーズン8)9.9%
→襷マンムーでも稀に採用されていた。
シーズン8でゴツメマンムーの個体数が増えたことで相対的に増えた。

・ゴツゴツメット
(シーズン7)ランク外
(シーズン8)4.1%
→まだまだマイナーな部類なものの、採用率は上昇中
きあいの襷型が多いので、メガガルーラのねこだましを誘いやすい。

役割

ゴツメマンムーの役割は、

①電気ポケモン対策
②ガブリアス対策
③ゴツメダメージでメガガルーラの削り
④ステロ撒き

です。

①電気ポケモン対策

サンダー
マンムーの主業務は電気ポケモンキラーです。
特性:あついしぼう+電気無効により、攻撃はほとんど通りません。

サンダーなどの浮いている電気は、こおりのつぶて、どくどくで負荷をかけます。
地面にいる電気(ライコウ、ジバコイル)は、地震で負荷をかけます。

②ガブリアス対策

oras_ガブリアス
ゴツメマンムーなら、ガブリアスを後出しで狩れます。(ガブリアスの逆鱗想定)
B4振りガブリアスを想定した場合、

ゴツメダメージ(1/6)+氷のつぶて(67.7%~80.8%)で確1です。

一方、マンムーへの非ダメージを見てみると、
補正なしA252振りガブリアスの逆鱗が41.8%~50.2% 乱数2発 (0.39%)です。

つららばりを搭載していないですが、すべての型のガブリアスを安定して処理できます。

③ゴツメダメージでメガガルーラの削り

メガガルーラとの対面では、マンムー=きあいの襷が強いのでねこだましが飛んでくることが多いです。
まずは、マンムーの非ダメージをみてみましょう。

攻撃特化メガガルーラのねこまだし 15.2%~18.2%+7.6%~9.1%(22.8~27.3%)

攻撃特化メガガルーラのすてみタックル 44.8%~53.2%+22.4%~26.8%(67.2~75.6%)

攻撃特化メガガルーラのねこだまし+すてみタックルを高乱数で耐えれます
4回の接触ダメで4/6HPを削れます。

一方、マンムーの火力に目を向けると、
HP4振りメガガルーラに対して、
地震:39.7%~46.9%
こおりのつぶて:16.5%~19.8%

対面では、じしんを選択することでメガガルーラを突破できます。

④ステロ撒き

襷持ち・マルチスケイルカイリュー・ファイアロー(岩4倍)などに負荷をかけることができます。
ステロ枠として選出するときは、先発。
物理受けとして選出するときは、後ろに控えるなどの使い方が有用です。

一方、ステルスロックが要らないと感じる人は、はたきおとすの採用がオススメです。

マンムー育成論 詳細

タイマン性能こそ落ちるものの、トップメタに対して非常に強く立ち回れます。

じしん/こおりのつぶて/どくどく/ステルスロック

火力

じしん

HP252振りメガゲンガー 101.7%~122.1%

HP252振りメガガルーラ 33.9%~40%

こおりのつぶて

B4振りキノガッサ
50.3%~62.2%

B4振りガブリアス
67.7%~80.8%

HP252振りカイリュー(マルチスケイルなし)
62.6%~74.7%

耐久

物理耐久

攻撃特化キノガッサ マッハパンチ
47.2%~56.1%  確定2発

補正なしA252振り ガブリアス げきりん
41.8%~50.2% 乱数2発 (0.39%)

特殊耐久

補正なしC252振りメガゲンガー きあいだま
122.1%~143.8%

補正なしC4振りサンダー ねっぷう
32.5%~38.4% 乱数3発 (95.2%)

すばやさ

実数値113は、準速60族(ギルガルドなど)、最速50族(マリルリ、ラッキーなど)抜きです。

 - 育成論

  関連記事

oras_ガブリアス
ゴツゴツメットガブリアス育成論:メガガルーラを起点に【ORAS】

ガブリアス 育成論 概要 ゴツゴツメット+さめはだで、メガガルーラを後出しで倒す …

メガバシャーモ
つるぎのまいメガバシャーモ育成論:霊獣ランドロス・スイクンを吹き飛ばす火力【流行】

メガバシャーモ 育成論 概要 メガバシャーモで最近増えている型は、壁・ステロで有 …

oras_ゲッコウガ
起点ポケモンを駆逐するためのラム持ちゲッコウガ育成論【流行】

ラム持ちゲッコウガ 育成論 概要 化身ボルトロス、欠伸カバルドン、はたまた、気合 …

ウルガモス
めざ氷搭載 ウルガモス育成論【ギルガルドを起点に ORAS】

ウルガモス 育成論 概要 特性 ほのおのからだ ※直接攻撃を受けると、30%の確 …

ローブシン
とつげきチョッキローブシン育成論:威嚇が入っても霊獣ランドをワンパン【ダブルバトル】

とつげきチョッキローブシン育成論概要 6世代になってからフェアリータイプのポケモ …

メガジュカイン
【ORAS】メガジュカイン テンプレ育成論【ようき・ASベース】

メガジュカイン 育成論 概要 技 りゅうのはどう/リーフストーム/まもる/きあい …

パルシェン
壁構築に入れたい:王者の印持ち殻を破るパルシェン育成論【ORAS】

王者の印パルシェン 育成論 概要 霊獣ランドロス、ガブリアスなどの地面ポケモンを …

バルジーナ
鉢巻バルジーナ育成論〜奇襲は速度なり!【ORAS】

鉢巻バルジーナ育成論 概要 特性 砕ける鎧 技 ブレイブバード/はたきおとす/ボ …

フワライド
状態異常(鬼火+電磁波)撒き:かるわざフワライド育成論【ORAS】

状態異常撒きフワライド 育成論 概要 フワライド=ちいさくなる+バトンタッチのイ …

oras_ゲッコウガ
ステロ構築に採用したい水手裏剣搭載 両刀ゲッコウガ育成論【ORAS】

ゲッコウガ育成論 概要 ゲッコウガは、広い範囲の攻撃を覚えるため環境に合わせた技 …