Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208
おくびょう化身ボルトロスで、電磁波+いばるの育成論【ORAS】 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

育成論

おくびょう化身ボルトロスで、電磁波+いばるの育成論【ORAS】

投稿日:

化身ボルトロス育成論 概要

化身ボルトロス
いばる+電磁波で起点をつくるボルトロスの紹介です。
一般的に、おだやかHDボルトロスがいばる+電磁波撒きのイメージがあります。
いばる+電磁波戦法は起点作りとして強力なのは、クレッフィで実証済みです。
いばる+電磁波撒きの役割対象が、特殊ポケモンのためHDベースが多いです。
ただ、ボルトロスのポテンシャルを引き出すには、HDではなくHSベースの方が強いと感じる為にご紹介です。

自己退出技がないものの、10マンボルト+めざめるパワー(氷)で攻撃範囲を広めにとることで殴れる起点作りを目指します。

良くある構築としては、ボルトピクシー構築やボルトメタモン構築としてレートで見かけます。
これらの構築に使用されるボルトロスはおだやかHD振りが多いです。
ただ現在の環境には使いずらさがあります。

耐久への努力値は最小限にし、素早さを最速ガブリアス抜きに調整することで現在の環境でも活躍しやすい いばる+電磁波で起点作りできるボルトロスの誕生です。

同じような役割を持つクレッフィと比較することで、ボルトロスの強みをみてみましょう。

特性

いたずらごころ
※自分の使う変化技の優先度が1だけ加算される

10まんボルト / いばる / でんじは / めざめるパワー(氷)

性格

おくびょう(素早↑ 攻撃↓)

もちもの

オボンのみ

努力値

HP:252 / 防御:64 / 特攻:4 /素早:188
※個体値の妥協ラインは、特攻-素早さはVであること。
また、めざパ(氷)で無くてはならない。
※HPブッパ
※防御:余り
※素早さ:最速ガブリアス抜き(実数値170)

化身ボルトロスの流行

技の推移をみてみよう

・いばる
(シーズン7)9.3%
(シーズン8)11.7%
→いばるの採用率が微妙に増加しています。メガゲンガーなどの受けから殴ってくるポケモンが増えたことが要因です。
環境に物理ポケモンが多いこともあり、物理ポケモンに『いばる』が当たったらどうするんだ!というトレーナーも多いですが、

20150305005112
逆に考えるんだ、あたってもいいやと(物理ポケモンの自傷ダメージが増え突破の可能性が出来た)

ただ、基本的には特殊ポケモンに対して『いばる』を基本として、でんじは+いばるで嵌めましょう。
ボルトロスの魅力は、クッション性能の高さです。
HPが少しでも残っていれば、電磁波+いばるで勝ち筋を作りにいけます。

・でんじは
(シーズン7)82%
(シーズン8)89.6%
『でんじは』の採用率も増加です。
理由としては、メガリザードンX・メガバシャーモの積みポケモンの増加・メガゲンガーの個体数が多い環境を反映しています。

・めざめるパワー(氷)
(シーズン7)87.9%
(シーズン8)90.5%
ガブリアスがトップメタなのに、外す理由は少ないです。
採用率も増加傾向です。

化身ボルトロス 差別化

糞鍵(クレッフィ)との違いは?

クレッフィ
①地面の一貫性がなくなる(ガブリアス・メガガルーラへの役割)
②素早さ
③攻撃性能(挑発での止まりやすさ)
が、大きな違いになります。
ひとつひとつ見てみましょう。

①地面の一貫性がなくなる(ガブリアス・メガガルーラへの役割)

クレッフィは鋼/妖と非常に耐性が多いものの、地面・炎に弱いです。
環境トップの物理アタッカーメガリザードンX・メガバシャーモ・ガブリアス・メガガルーラにボコボコにされます。

一方、ボルトロスならパーティの地面の一貫性を消す事ができます。
また、物理耐久もそこそこ堅く、攻撃特化メガガルーラすてみタックルは超高乱数耐えです。
ねこだまし+すてみタックルは耐えれません・・・。

②素早さ

ボルトロスは、クレッフィよりも素早さが高く 特性:いたずらごころのポケモンとの対面でも有利です。
ただ、エルフ−ン・レパルダスよりは遅いです。

③攻撃性能(挑発での止まりやすさ)

クレッフィの攻撃は相手の攻撃力に依存するイカサマです。
いばるが決まっている状態では非常に有効ですが、挑発・悪の通りが悪いときは厳しいです。

一方、ボルトロスは電気+氷という攻撃範囲の広い技を搭載しているので、挑発で止まりにくい

化身ボルトロス 育成論 詳細

10まんボルト / いばる / でんじは / めざめるパワー(氷)

火力

10まんボルト

HP4振りメガガルーラ
34.8%~41.4%

D4振りファイアロー
109.8%~129.4%

HP252振りクレセリア
22.4%~26.4%

めざめるパワー(氷)

D4振りガブリアス
69.9%~83%

HP252振り霊獣ランドロス
69.3%~81.6%

耐久

努力値振りは、HP:252 / 防御:64(個体値U想定) / 特攻:4 /素早:188です。

物理耐久

攻撃特化メガガルーラ すてみタックル
72.5%~85.4%+36.2%~42.7% =(108.7~128.1%)→超高乱数耐え

補正なしA252振りガブリアス がんせきふうじ
46.2%~54.8% ※確定3発

攻撃特化メガバシャーモ フレアドライブ
86%~102.1% 乱数1発 (18.8%)

特殊耐久

補正なしC252振りメガゲンガー ヘドロ爆弾
60.2%~71.5%

無振りクレセリア れいとうビーム
47.3%~55.9%

すばやさ

最速ガブリアス抜き

-育成論
-

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.