Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-includes/pomo/translations.php on line 208

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; blcModule has a deprecated constructor in /home/pokemon/oras-pokemon.com/public_html/wp-content/plugins/broken-link-checker/includes/module-base.php on line 15
物理受けブルンゲル :鬼火+祟り目でクレセガルーラ対策【ORAS】 - ポケモンORASのトリセツ

オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

育成論

物理受けブルンゲル :鬼火+祟り目でクレセガルーラ対策【ORAS】

更新日:

ブルンゲル 育成論 概要

ブルンゲル
メガボーマンダ・ガブリアスなどの高火力持ちのポケモンを受けきれないので、物理受けとしてイマイチ個体数が増えない。
一方、メガガルーラに焦点を絞ると、タイプ相性上非常に有利。
また、クレセリアにも祟り目などのゴースト技で弱点をつけるため有利です。

今回の育成論では、【おにび】を採用する事でメガガルーラを安定して受けれるようにしました。
また、【おにび】+【たたりめ】でクレセリアを鬼火ダメージ込みで確2発で倒せるブルンゲルを紹介します。

特性

のろわれボディ
※30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする。
回復技を連打することで、かなしばりを引くまで耐えることを強みとする。

なみのり / おにび / じこさいせい / たたりめ

性格

ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)

もちもの

オボンのみ

努力値

HP:240 / 防御:236 / 特攻:4 / 素早:28
※HP:余り
※防御:11N
※素早:S4振りバンギラス抜き抜き(実数値84)

ブルンゲル運用方法

基本は、のろわれボディ待ち

鬼火+自己再生でスリップダメージを稼ぐのが動きの基本です。
鬼火を入れた後は、自己再生でダメージをかせぎつつのろわれボディ待ちでかなしばりを待ちます。

鉢巻ファイアロー・鉢巻ガブリアスと対面したときは、祈りながら【のろわれボディ】の発動を待つ事に。
こだわりアイテム持ちのポケモンには有利です。

メガガルーラとの対面

メガガルーラ
メガガルーラの主要技、おんがえし/ねこだまし/グロウパンチ/すてみタックルを無効にできる。
メガガルーラで有効な技は、地震ぐらいです。
攻撃特化メガガルーラの地震は、27.1%~32%+13.5%~16%(40.6%~48%)で【じこさいせい】で間に合う範囲です。

ふいうち持ちでも、鬼火で空かせるためほとんどのメガガルーラに対して強気に振る舞えます。

また、熱湯ではなく【波乗り】の理由はメガガルーラの身代わりを破壊することを意識して採用します。
みがわりの採用率は10%程度なので意識しなくてもよいですが。
また、副次的にファイアローをブレバのダメージ込みで確定で倒せるようになります。

クレセリアとの対面

oras_クレセリア
おにびから入ります。
【どくどく】持ちクレセリアはしんどいですが、全体の23.3%です。
また、メガガルーラと一緒にいるクレセリアは月光乱舞型がほとんどで、どくどく持ちは少ない印象があります。

状態異常の時、HP252振りクレセリアに対して祟り目のダメージは、45.8%~55.5%。
鬼火の定数ダメも考慮すると、確定2発です。

一方、クレセリアからの有効打がないので有利対面です。

ブルンゲル の流行

メガゲンガー・ギルガルドなど強力なゴーストポケモンが増えた点、メガボーマンダ・鉢巻ガブリアスの増加など火力のインフレが進んだおかげで、ブルンゲルの個体数は減りました

環境的には逆境の面もありますが、有利な相手にはとことん有利なブルンゲルです。
シーズン8の環境と合わせながら、みていきましょう。

はたきおとすの流行

格闘ポケモンに、はたきおとすを搭載することがありブルンゲルをだしにくくなりました。
特に、メガバシャーモは個体数が多いのですが、相手をしにくいです。

攻撃特化メガバシャーモのはたきおとすは、
(持ち物あり)63.1%~74.7%
(持ち物なし)42.7%~50.4%
と、のろわれボディを引かないと倒されてしまいます。

環境トップは苦手なポケモンだらけ

メガゲンガー・メガバシャーモ・メガリザードンY・ギルガルド・ポリゴン2・ナットレイなどブルンゲルで相手をしにくいポケモンだらけです。

環境的には、動きにくい面もあります。
また、比較的有利なガブリアス・ファイアローも乱数が絡むため安定しません。

ブルンゲル  育成論 詳細

なみのり / おにび / じこさいせい / たたりめ

火力

なみのり

HP4振りメガガルーラ
24.8%~29.8%

HP252振りメガガルーラ
21.2%~25.4%

D4振りファイアロー
78.4%~94.1%

たたりめ

H252振りクレセリア
(状態異常なし)23.7%~29%
(状態異常あり)45.8%~55.5%

HP252振りマリルリ
(状態異常なし) 19.3%~23.1%
(状態異常あり) 37.6%~44.9%

耐久

物理耐久

攻撃特化ファイアロー 鉢巻ブレイブバード
54.3%~64.5%
※オボン込みで高乱数2耐え

補正なしA252振りガブリアス げきりん
45.1%~53.8%

特殊耐久

無振りクレセリア サイコキネシス
19.4%~23.3%

補正なしC252振りメガゲンガー シャドーボール
78.6%~93.2%

-育成論
-

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.