オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

パーティー構築

オーロット+ヒードラン構築【ORAS・オーロットドラン】

更新日:

オーロット+ヒードラン構築

運用方法

収穫オーロットで、のろい+やどりぎのたねでダメージを稼ぎます。
補助技を4つ採用するオーロットの苦手なポケモンは、

①草ポケモン
②ちょうはつ・アンコール持ち
(ファイアロー、メガリザードンY)、ゴースト(メガゲンガー、ギルガルド)、(マンムー、ゲッコウガ)、飛行(ファイアロー、メガボーマンダ)

が重たいです。
これらに比較的仕事ができるのが、ヒードランです。
使用率の多い、ファイアロー・ギルガルド、メガリザードンYには非常に強くでれます。

ヒードランの型としては、毒守よりもメガネ型をオススメします。
理由としては、毒守だとオーロット対策の挑発・アンコールの起点になりかねないからです。
メガネヒードランは、後出しを許さない超火力が魅力です。

強み

・相性補完が抜群。
→ヒードランは、オーロットの苦手な炎・飛行・フェアリー(ハイパーボイス)に耐性があります。
→オーロットは、ヒードランの苦手な水・格闘・地面に耐性があります。

・流し性能が高い
→オーロットの嵌め性能、ヒードランの抜群の耐性により相手の次の行動が読みやすい。

弱み

・メガボーマンダ、メガゲンガー、マンムーなど弱点が一貫するポケモンが一定数存在します。

・はたきおとす持ち
→持ち物を落とされるのは、オーロット・ヒードランともに致命傷です。

・電磁波が欲しい
→オーロットの嵌め性能を引き出すには、麻痺が一番相性が良いです。

オーロット 育成論

オーロット
特性:収穫は、ターン終了時、そのターン自分が使用した『きのみ』が50%の確率で元に戻る特性です。
まもる、みがわりと組み合わせターンを稼ぐことで確実に収穫を発動させます。

ダメージソースも、まもる+みがわりと相性のいい『やどりぎのたね』『のろい』を採用します。
のろいは、やどりぎの効かない『くさ』『みがわり』持ちに刺さるので使いやすいですね。

やどりぎのタネ / のろい / みがわり / まもる

性格

ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)

もちもの

オボンのみ

努力値

HP:252 / 防御:252 / 特防:4

ヒードラン 育成論

ヒードラン
有利なポケモン(フェアリー・炎・草・飛行)に後だしし、高火力技で後続に負担をかけます。

オーバーヒート/ラスターカノン/大地の力/げんしのちから

性格

ひかえめ

もちもの

こだわり眼鏡

努力値

HP:196 / 防御:4 / 特攻:156 / 特防:4 / 素早:148
S:準速バンギラス抜き抜き抜き調整です。
参考
サイクル崩しを意識した!こだわりメガネ持ちヒードランの育成論【XY】

-パーティー構築
-,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.