オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

パーティー構築

ヒードラン+エルフ−ン構築は、相性補完が完璧【ORAS】

投稿日:

ヒードラン+エルフ−ン構築

・エルフドランは、相性補完が完璧な組み合わせです。

エルフ−ンの弱点である、ほのお/こおり/ひこう/はがね/毒に対してヒードランが強い。
ヒードランの弱点である、みず/かくとう/じめん に対してエルフ−ンが強いです。

運用方法

メガネヒードランは、豊富な耐性による流し性能で敵を流しつつ、サイクル崩壊させる火力で後続の受けを許しません
苦手なガブリアス、水ロトムなどがやってきたら、エルフ−ンに交代です。

エルフ−ンは、アンコール+やどりぎのたねで起点作りをします。
ガブリアスのメインウェポン(じめん、ドラゴン)に耐性がある上、交代読みで『つるぎのまい』をされてもアンコールの起点に変えます。
苦手な草タイプ、ファイアローなどがやってきたらヒードランの出番です。

強み

相性補完がよく、サイクルが回しやすい
→役割が明確なので、初心者でも扱いやすいです。

流行ポケモンを一通り見れる
→ガブリアス、ファイアロー、水ロトム、ギルガルドなどにつよい。

状態異常(まもみが)、積み構築など補助主体の構築に強い

こだわり持ちのポケモン
有利なポケモンにはとことん有利なので、流しやすくペースに持っていきやすい。

弱み

エルフ−ン、ヒードランの両方の弱点をつけるポケモンに弱い
→メガガルーラ、ヒードラン、ゲッコウガ、メガゲンガー、バシャーモ、マンムー、めざ地メガサーナイト、めざ地ニンフィアなど

特性:マジックガード、特性:マジックミラー
エルフ−ンは、やどりぎのたねメインに戦うポケモンです。
『やどりぎのたね』が通らないポケモンを相手にするのはしんどい。

とんぼがえり、ボルトチェンジ
→エルフ−ンのやどりぎのたね+みがわりが解除され、一気に形勢が逆転することも

ヒードラン

ヒードラン
たべのこしをエルフ−ンに持たせるため、ヒードランの選択肢としては『こだわりメガネ』or『ふうせん』になります。

『ふうせん』だと、タイマンでは強くなりますがサイクル性能は『こだわりメガネ』に劣ります。
エルフドラン構築では、サイクルを回す前提での構築なので、『こだわりメガネ』を採用します。

オーバーヒート / ラスターカノン / げんしのちから / だいちのちから
※オーバーヒート:ヒードランのメインウェポンです。
HP252クレセリアに対して、65%程度ダメージが入ります。

※ラスターカノン:フェアリータイプへの役割遂行技。
HP252マリルリに対して、68%程度のダメージが入ります。

※げんしのちから:ファイアローピンポイントの採用です

※だいちのちから:ヒードランミラーを意識して採用です。

性格

ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)

もちもの

こだわりメガネ

努力値

HP:244 / 防御:4 / 特攻:180 / 特防:4 / 素早:76
※素早さ:4振り85族抜き(クレセリア意識)
※HP:ブッパ
※特攻:余り

参考
サイクル崩しを意識した!こだわりメガネ持ちヒードランの育成論【XY】

エルフ−ン

エルフ−ン
やどりぎのたね+みがわりで嵌め殺すことを意識した育成論の紹介です。
努力値配分は、最も汎用性のある調整を採用しています。

やどりぎのタネ / みがわり / コットンガード / アンコール
※やどりぎのタネ:相手のHPを最大HPの1/8ずつ減らし、その分自分のHPを回復する技

※みがわり+コットンガード:コットンガードを積む事で、物理ポケモン相手に身代わりを残せる確率が上がります。

※アンコール:補助技使いを流せる素敵な技です。優先度+1で出せるので、読みの負担が減ります。

性格

ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)

もちもの

たべのこし

努力値

HP:76 / 防御:188 / 特防:164 / 素早:76

※HP:16n-1
※防御:余り
※特防:特攻特化FCロトムのボルトチェンジ身代わり確定耐え(20%~24.1%)
※すばやさ: 最速マンムー抜き

-パーティー構築
-, ,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.