オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

パーティー構築 ポケモン対戦の技術 戦術 目指せ害悪マスター

グライオン+ラッキー構築【ラキグライ・ORAS】

更新日:

グライオン+ラッキー 構築

ラッキー

運用方法

グライオン+ラッキーで相手の攻撃を受けつつ、定数ダメージ(毒・ステロ・ハサミギロチン)で相手を突破します。

グライオンで物理受け
ラッキーで特殊受けをこなします

共に、状態異常に耐性があるため受けループでは必須級のポケモンです。
また、時間切れを狙う戦法(TOD)も戦略の1つとして採用される事もあります。

3体目は、メガヤドランが人気

グライオンの苦手な氷タイプを受けれる+メガボーマンダに後出しできるメガヤドランが人気です。

メガヤドランは特性:シェルアーマーにより急所無効ですので非常に安定したサイクルを回せます。
具体的にどれくらい堅いかというと

・物理特化 ヤドラン・・・・・・・。
A特化 メガボーマンダのすてみタックル 53.4%~62.8%

・物理特化クレセリアなら・・・・
A特化 メガボーマンダのすてみタックル 44.9%~52.8%

・物理特化メガヤドランなら!
A特化 メガボーマンダのすてみタックル 37.6%~44.5%

参考
【ORAS】受けループで人気! 物理受けメガヤドラン育成論

弱み

・めざ氷持ちの格闘ポケモンで、ラッキー+グライオンを突破できる
→テラキオン・バシャーモなど
→メガヤドランなら余裕で受けれる。

・スキルリンク+連続技持ちだと、ラッキー+グライオンを突破できる
→パルシェン・メガへラクロス
→メガへラクロスはメガヤドランでもしんどい。

グライオン

グライオン
ポイズンヒールの回復量=みがわり+まもるです。
相手が毒状態であれば、グライオンより素早さの遅いポケモンが絶望。

じしん / ハサミギロチン / まもる / みがわり
※ハサミギロチン→がんせきふうじに変更しても大丈夫です。
※がんせきふうじのメリットは、
①グライオンよりSの早いポケモンをはめやすくなる。
②りゅうのまいなどの積み技を妨害
の2点です。
※PGLの採用率では、ハサミギロチン(43%) > がんせきふうじ(36%)です。

性格

わんぱく(防御↑ 特攻↓)

もちもの

どくどくだま

努力値

HP:212 / 防御:252 / 素早:44

ラッキー

ラッキー
もっとも一般的なラッキーです。
アホみたいに高い耐久と、そこそこ高い物理耐久が特徴です。
ステルスロック撒き+どくどくをまき散らすことで、定数ダメで勝つスタイルです。

ちきゅうなげ / タマゴうみ / どくどく / ステルスロック

性格

ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)

もちもの

しんかのきせき

努力値

防御:252 / 特防:252 / 素早:4

グライオン+ラッキー 有利な相手

毒守

ギルガルド・ヒードランなどの毒守に有利です。

積み技のないアタッカー

積み技が無い場合、高い耐久の2体をとっぱするのは困難です。

耐久ポケモン

ラッキーのどくどくで、耐久ポケモンを処理します。

グライオン+ラッキー 苦手な相手

めざ氷持ちかくとうポケモン

ラッキー+グライオンを同時に突破できます。

メガゲンガー

特性:かげふみによるサイクルカットはしんどい。

メガガルーラ

みがわりを張っても2回攻撃でつぶしてきます。

参考
PGL ORASリーグ

-パーティー構築, ポケモン対戦の技術, 戦術, 目指せ害悪マスター
-, ,

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.