オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

使用率の高いポケモン 育成論

物理受けファイアロー育成論〜鬼火撒き+ゴツゴツメット【ORAS】

更新日:

ファイアロー 育成論 概要

ファイアロー
物理ポケモンが出てきたら、こんな顔で対処できる鬼火撒きファイアローをご紹介。

特性

はやてのつばさ
※飛行タイプの技が先制で出せる

ブレイブバード / ちょうはつ / はねやすめ / おにび

性格

ようき(素早↑ 特攻↓)

もちもの

ゴツゴツメット

努力値

HP:252 / 防御:44 / 素早:212

HP:極振り
防御:余り
素早さ:最速メガボーマンダ抜き

ファイアローの流行

①ファイアローは使用率常にTOP3圏内

スクリーンショット 2014-12-20 22.20.39
ファイアローの使用率は常に高いです。
優先度+1で、ブレイブバード・はねやすめが打てるのが強すぎる。

ゲッコウガ・メガミミロップ・メガバシャーモなどの速攻アタッカーはファイアロー1匹の脅威に怯えています。

②鬼火の採用率は45%、ブレイブバードは100%

ゴツゴツメットの採用率は、20%程度ですのでゴツメ鬼火型以外にも鬼火搭載型がいます。

技スペが余裕があるポケモンで、ブレイブバードの採用率はほぼ100%

③ようきのメリットは、鬼火の安定感が増す

ようきにすることで、メガボーマンダに鬼火が安定します。
メガボーマンダの15%が陽気です。
ただし、特殊個体が15%程度いるのは内緒です。

ファイアロー 特徴

種族値

ファイアロー_種族値
S126族が魅力。
メガボーマンダに先制で鬼火を入れるため、陽気最速安定

役割

①物理受け

先制で鬼火を入れ、優先度+1の羽休めで相手の攻撃を受けます。

鬼火を入れることができれば、確定3発以内の敵に必ず勝てます。
相手の回復技を挑発で防ぎ、羽休めで回復できるからです。

弱み

・ステルスロック+ほえる
→ちょうはつでなんとかと言いたいが、一度ステルスロックを撒かれると絶望。

・特殊アタッカー

・水ポケモン
→はねやすめでも半減にはなりません。

・ヒードラン
→有効な技がないです。

・鬼火の命中率は85%

ファイアロー 育成論 詳細

ブレイブバード / ちょうはつ / はねやすめ / おにび

火力

ブレイブバード

無振りファイアロー
49.7%~58.8%

無振りガブリアス
32.8%~39.3%

等倍ならHP1/3をけずることが火力のイメージです。

耐久

高火力ポケモンの攻撃は確定2発で倒れるといったところ

物理耐久

※すべて鬼火込みの計算です。

攻撃特化 メガボーマンダ すてみタックル
53.5%~63.2%
(1舞)79.4%~94%
(2舞)105.4%~124.8%
メガボーマンダ対面は不利。
やけど×2+ゴツメ1回+威嚇込みブレイブバード( 18.1%~21.6%)+反動ダメでもメガボーマンダは倒せない・・・。

補正なしA252ガブリアスの岩石封じ
45.4%~54.1%
(鉢巻)71.3%~84.3%

特殊耐久

特攻特化ギルガルド シャドーボール
60.5%~71.8%

特攻特化水ロトム ボルトチェンジ
82.1%~98.3%

無振り メガボーマンダ りゅうせいぐん
62.1%~73.5%
(特攻2段階ダウン)31.3%~37.2%
※羽休めで粘れば勝てます。

参考
PGL ORASリーグ

-使用率の高いポケモン, 育成論

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.