オメガルビー・アルファサファイアの育成論・対策・構築に特化したレート対戦ブログメディア

ポケモンORASのトリセツ

使用率の高いポケモン 育成論

クレセガルーラのねこだまし搭載メガガルーラ育成論【ORAS】

更新日:

メガガルーラ 育成論 概要

メガガルーラ

特性

おやこあい

すてみタックル / ねこだまし / じしん / れいとうパンチ

性格

いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)

もちもの

メガストーン

努力値

HP:84 攻撃:252 防御:44 特防:4 素早さ:124
※HP:16n-1調整
※物理耐久:補正なしA252振り 鉢巻ガブリアス逆鱗 確定耐え
※素早さ(実数値135):最速メガバンギラス抜き

メガガルーラの流行

①使用率は、ガブリアス・水ロトムの個体数に応じて変動中

スクリーンショット 2014-12-21 20.29.09
役割対象である、ガブリアス・水ロトムの個体数が多くなるとメガガルーラが増えている印象があります。
XY環境と比較すると、新しいメガ進化ポケモンの登場で個体数が減りました。

②先制技は、ふいうちは減少傾向?

メガボーマンダのりゅうのまいを意識したみがわり持ちが増えました。
身代わりの増加により、ふいうちの使い勝手がわるくなりそうです。

③素早さ振りよりも、火力重視

メガボーマンダ・ガブリアスが役割対象です。
種族値の関係上こいつらを上から殴れないので、攻撃を耐えることに重きを置いたメガガルーラが増えています。

威嚇込みでもねこだまし+れいとうパンチで、メガボーマンダを確定で倒せる。

メガガルーラ 特徴

おやこあい

対象が1体の攻撃技を使用した後、半分の威力でもう1度同じ技が出せる。
きあいの襷を貫通できる便利な技ですね。

クレセガルーラ

クレセリアのみかづきのまいで、自分が瀕死になる代わりに、メガガルーラのHP・状態異常を全回復。

メガガルーラは、鬼火・電磁波をもらいやすいですので、高相性。

役割

①エースアタッカー

メガガルーラは、上から殴るよりも耐えて殴るポケモンです。

弱み

①高耐久ポケモンを処理できない(クレセリア・ナットレイ・ポリゴン2・エアームドなど)
→クレセリアに毒毒+つきのひかりを採用する事で、クレセリアミラー・ポリゴン2に強くなる。

②メガガルーラよりSの早い特殊アタッカー
→ゲッコウガ・メガゲンガー・メガリザードンY・メガラティアス・メガラティオスなどはクレセガルーラに技が一貫する上、1発で倒される。

③バシャサンダーナット
→クレセガルーラだとHPが消耗し、メガバシャーモに突破される

④受けループ

⑤メガボーマンダ
→ガルーラ対面から入った場合、威嚇が入るためしんどい。

メガガルーラ 育成論 詳細

すてみタックル / ねこだまし / じしん / れいとうパンチ

火力

すてみタックル

B4振りガブリアス
62.2%~73.7%

ねこだまし

B4振りガブリアス
21.3%~25.1%

HP4振り メガボーマンダ
23.5%~28.8%
(威嚇込み)15.7%~19.2%

じしん

HP252振り ギルガルド
77.8%~92.2%

れいとうパンチ

HP4振り メガボーマンダ
119.2%〜140.2%
(威嚇込み)87.6%〜105.1%
※ねこだまし込みで確定

B4振りガブリアス
104.9%~124.5%
※鮫肌込みで、同士討ち

努力値

HP:84 攻撃:252 防御:44 特防:4 素早さ:124
※HP:16n-1調整
※物理耐久:補正なしA252振り 鉢巻ガブリアス逆鱗 確定耐え
※素早さ(実数値135):最速メガバンギラス抜き

参考
PGL ORASリーグ

-使用率の高いポケモン, 育成論
-

Copyright© ポケモンORASのトリセツ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.